LEARNING IS FUN

英語力と国際基準を身につける!! こども英語・国際交流・留学サポートのBlue Planet Academy(ブループラネットアカデミー) in 静岡市のブログ

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyです。

今月はクリスマスモード全開です。
前回のブログで、今月はRing the Bellという歌を、ベルを鳴らしながら歌っているということをお伝えしました。

ベルを鳴らしたかったので、100円ショップでクリスマス飾りとして売っているベルに、どうにか鈴をつけてリンリンなるベルを作りました。

_20181214_141523[2273]
ちょっと写真では隠れてしまって分かりづらいですが、ベルについていた、ツリーに飾るためのモールをそのまま持ち手として使い、かわいらしい音ですが、一応リンリンなります。

かわいらしいベルを実際に「鳴らす」という「楽しい」作業をしながら英語を覚えます

ここでちょっとしたアクティビティーをご紹介します。
ベルの後ろにカップが写っているかと思いますが、こどもたちにはベルとカップをひとつずつ渡し、

Ring the bell

・above the cup
・under the cup
・behind the cup
・on the cup
・in the cup

を理解し、分かった次のステップとして、それぞれ言えるように練習します。
はじめはリピートですが、段々と覚えていきますし、覚えた次には、使えるようになっていきます。

「理解する」
「一緒にやってみる」
「言ってみる」
→「(理解したうえで)言う」

という感じですかね。
今月はこんなレッスンをしています。
レッスンの中では、時間にすれば数分のアクティビティーですが、こども英語レッスンとしては、未就園児さんから小学生まで、割と楽しく取り組めるものかと思います。おうちでも、いろんな場面で応用できるかと思いますし、特別なものを用意しなくても取り組めるかと思います。

今月の絵本である Where is Baby's Christmasにもたくさんの前置詞が出てきます。



年内のレッスンはあと1週間です!最後はクリスマス会をイメージしたゲームもやる予定です

こんにちは。こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。
師走ですね、、、いつの間にか

静岡はまだ暖かいのですが、12月になった!ということで教室もクリスマスの飾りつけをしました。
といっても当教室は狭いので、ツリーは出さず、壁に張るタイプのフェルトツリーです
(すみません、まだ写真をとっていません。)
ツリーの飾りの中に、今月の新出単語がたくさん出てくるので、見て楽しめるツリーです。

そんな12月の歌ですが、今年はこちらを選びました。

Maple Leaf LearningのChristmas Tree, Reindeer, Bellです。
かなりシンプル、単純ですが、だからこそ、小さなおともだちや初級者でもすぐに歌え、未就園児・園児クラスでは大盛り上がりです まだ全クラスの1週目を終えていないのですが、ベルの動きに大うけしていたクラスもありました。繰り返しますが、これくらいシンプルだと、すんなり親しむことが出いていいですね。

ただ・・反面、小学生クラスだとちょっと物足りないというか幼稚ですね。というわけで、こちら。

同じくMaple Leaf LearningのRing the Bellです。

Maple Leaf Learningの歌は初めて採用しましたが、英語を学ぶこども向けに作られている点がいいですね。
動画では、ベルの絵?を振っているのですが、わたしはここで音を鳴らしたかったので、クリスマスツリーのベル飾りに鈴をつけてチリンチリンとなるミニベルを作りました。
(あまり大きな音は出ませんので、ちょっと不満げな子もいましたが

今月は、絵本でも前置詞がたくさん出てくるのですが、歌でも前置詞を学びます。
こうして初級でもひとつひとつ英語特有の表現ができるように、会話につなげられるように、ひとつひとつ触れて学んでいきます。今月のレッスンテーマは、クリスマスですが、第2のテーマは前置詞ですね。

当教室では、こんな感じで市販教材(音楽・絵本)を使って、その月その月のテーマに沿ったレッスンをしています。まだレッスンを体験されていらっしゃらない方は、ぜひ体験会にお越しください。→特別体験会について。

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

Blue Planet Academyでは12月から冬の体験会を実施していきます。
この体験会は、英語初心者を対象に、フルレッスン+英語習得にむけてのポイント伝授+(未就園児の回のみ)ゲスト外国人による英語見守り育児 という豪華版です レッスンには通ってほしいのですが、そうでなくても、とにかく英語を楽しく、そして無駄なストレスなく学んでほしいという思いでお伝えできることはお伝えしていきたいと思います これを機に、「英語やりたい、やらせたい!」方から、「ちょっと1回でも行ってみようかな」という方まで、とにかく英語の楽しさをお伝えできたら、と思っています

英語は教室に通わなくても家でのフォローで習得も可能です。
ですが、教室に通うことは、それはそれでメリットもありますよね。
どちらを選ぶのか、(またはどちらも選ばないのか)は、保護者さましだいです

いまお子様が英語教室に通われている方、これから通うことを検討の方、または、英語教室に限らず何かお子様の習い事について考えている方へ、教室を主宰している私の思う「習い事を選ぶ基準」です。

おこさまが未就学児(~幼稚園年長さん)なら・・・

楽しいかどうか

色々な保護者さまの都合を抜きにすれば、これだけだと思います。

ブルプラの未就園児&園児クラスの子たちの例ですが、こちらがびっくりするぐらい楽しそうです
英語が好きなので、教室に早めに来て英語の絵本を見ながら知っている英語を私に教えてくれたり、レッスン中もかなり前のめりで大きな声で色々な英語を発語しています。

前にもどこかで書いたように思いますが、小さなお子さんにとって、英語を学ぶモチベーションは、「それが楽しいから」というだけです。大人や大きなお子さんのように「海外でコミュニケーションをとりたい」とか「映画の字幕を理解したい」とか、、、別のところにモチベーションがあるわけではありません。すごくシンプルに、「それが楽しいからやる」というだけです。おそらくこれは英語に限らずだと思います。

だから今、何か習い事をはじめたいと思っている場合、それが楽しいかどうかは1番に考えることかな、と思います もちろん、お子さんによっては、人見知り・場所見知りなどがあって慣れるまでに時間がかかるとかもあるかとは思いますが、(なので、場合によっては複数回はお試しできるといいですね。)慣れない環境でお試ししたとしても、お子さんが「好き」と感じているかは保護者さまだったら分かると思います

小学生以上の場合、

経験値が増え、いろいろ考えるようになってくるとすこし複雑です。

それでも 楽しいかどうか は、やっぱり大切です。

英語教室と言っても、英語の何に楽しさを感じるかは、それぞれかもしれません。
小学生くらいになってくると色々な「得意」がでてきますので、その得意なことをさらに伸ばすために習い事をするのもいいですよね。まったくの私見ですが、海外に出た時に、英語が得意なのはとても優位ですが、英語のほかに「何か」があるととてもいいな、と思います。芸術系なのかスポーツ系なのか分かりませんが、その「何か」を探すために習い事をするのもいいですね。

あまり参考にならなかったらすみません。

ブループラネットアカデミーの体験会、ぜひお越しください。
詳細こちらです→ 特別体験会について

DSCF3793



このページのトップヘ