LEARNING IS FUN こどもが英語に&英語で夢中になる教室

バイリンガル輩出率100%を誇るサニーバニー式カリキュラムを採用し、2017年秋に静岡市に開校したこども英語教室Blue Planet Academy代表のブログ

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。
どうにかインフルエンザをのりきりたい!のりきろう!という思いの今日この頃です。

さて、世のお母さんたちと同じくうちにもこどもがいまして、私も、仕事のことや家のことを考えながらも、自分の子どものことをよく考えます。どうしたらこどもが幸せになれるか、こどもが生きる未来の時代、幸せに暮らすには、いま何ができるのか・・・これは、本当に一番のテーマです。そしてこのことを、自分の息子2人だけでなく、うちの教室の子どもたちも含めて考えたりもします。こういう大きなテーマに参考になるであろうお話を聞いたり、記事を読んだり、メルマガを読んだり、書籍を読んだり・・・私は隙間時間で割とそういうことをしています。

その甲斐あってか、以前よりも先人のアドバイスを自分の生活や子育て、教室の子どもたちを育てることに活かせているなぁと感じています。例えば、昭和の香りが強いトップダウンでこどもを育てるというやり方(=厳しく叱りつけてコントロールする)は、やっぱり時代にそぐわないなぁと思います。

小さな子どもたちというのは、まだ大人の言うことは正しくて、従って当然のことだという認識でいると思います。基本的には親の言うことを聞くというのが正しいと理解していて、そして親も「言うことを聞きなさい!」と言ったりしますよね。でももっと丁寧に対応する方が結局は育つなぁと思います。

例えば。

目の前にあるお菓子、、「食べていい?」とか「何個食べていい?」とか、うちの子はよく聞いてきます
「食べちゃダメ」とか「〇個」とかいう対応は、その場では一番スマートな対応かもしれません。
子どもが反発したとしても、「いまはご飯の前だからダメ」とか「残りは明日」とか、一応、こちらサイドにも基準があって、こうして「子どものために」コントロールします。・・・・はい、「子どものために」

でもですよ、子どもはのちに成長して、大人の言うことは必ずしも正しくなかったり、別に言うことを全部聞かないといけないほど偉い存在でもないと気づくわけです。まったくブレない、誰が見ても明白で、しかも根拠もしっかりしている基準があるならば別かもしれませんが、これでいくと、きっとある時から、子どもは親の言うことを全く聞かなくなるのだろうな、と思います。

なので、私がいいな、と思うのは、正解や根拠を一緒に考える、(または、子どもに考えてもらう)というやり方です
お菓子は食べていいのかダメなのか、、、その理由は何なのか???
甘いからなのか、金欠で貴重だからなのか、ご飯の前だからなのか、子ども自身が探し当てた答えであれば、その後も子ども自身は、その考えのもとに行動するかと思います。

なんでも一緒に学ぶのがいいなぁと思うのですが、それをやっていると・・・本当に知らないことが多すぎて、ちょっと嫌になりますけどね・・・

以上、こども英語とは関係ないですが、これからの時代を生きるこどもを持つ「同士」として、ちょこっと聞いていただければ私は満足です 

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

最近は、ホームページを新しくしたり、パンフレットを作成したりしながら、なるべくブルプラの魅力だったり、私個人の思いだったりをみなさまにお届けしようと動いておりました。
(ホームページはまだ途中ですが、少しずつ改良しております。)

どなたかお気づきの方がいるかいないか分かりませんが(笑)、このブログのタイトルやらFacebookページの名前やらを地味に変えまして、今年のメインテーマの「こどもが英語に&英語で夢中になる教室」というのを入れました。この1年半ほど、レッスンを提供させていただいて、子どもたちにとって「英語は楽しい」ものなんだな、「夢中になれる」んだなと感じ、そういう環境を提供することこそが教室の使命なのだな、と感じたのです。

(覚えていらっしゃる方、以前は「国際基準に育てる」というのが大きな柱でして、これはもちろん私の中ではひとつ、きちんと持っているのですが、比較的年齢の低いこどもたちが主役の教室ですので、より分かりやすく!そして、毎日毎回、私自身がきちんとテーマに持ってレッスンにのぞむ意味でもマイナー変更させていただきました。)

さて、「英語に夢中になる」空間の提供(→ある程度英語力がついた先には、「英語で夢中になる」体験が待っています!)が可能なのは、サニーバニーメゾットを導入しているからだと私は確信しています。日本語を母語とする日本人が日本語環境で育つときに、英語も同時に身に着けようとする場合、「楽に」とか「自然に」英語は身に付きませんので、「コツコツ」「地道に」やるしかないです。(←はい、これ残念なお知らせです。) 大人は経験から「コツコツ」「地道に」は割と辛いことを知っていますが、ここにプラスして「楽しく」「(世の中に古くからある英語教育法に従って)効果的に」を加えたのが、「サニーバニーメソッド」なのだと、私は思います

前後しましたが、サニーバニーメゾットとかサニーバニー式と私が言うものは、SUNNY BUNNYバイリンガル育成スクールが世に広めているものでして、ちょっとお時間のある方は、こちらのスクールのホームページを見ていただくと、「サニーバニーの教育理論」という箇所があり、つまり世の中にすでにある研究結果を実践してサニーバニーは実績を残していることが分かります。英語教育業界もフェイクニュースというか、間違った情報も多いわけですが、先人が残している研究結果というのもまた、英語教育分野を勉強する人にとっては普通にあふれているものであったりもします。その「普通にあふれているはず」の理論を、実践の場ではこういうことですよ、ということを学ぶのが、サニーバニーの子ども英語講師養成講座です
(ちょっと簡単に言いすぎましたが、これは、、、ありそうでない講座ですね。興味を持たれた方は、騙されたと思って一度受講されるといいかと思います!)

というわけで、タイトルの「なぜサニーバニーなのか」は、

本物の「英語教育理論」に基づいて考案され
楽しく
実践的

私が自信をもって子どもたちに提供できるものだからです

こちら、今後、当教室の体験会にお越しいただく方にお配り予定のパンフレットです。
DSC_1011[2542]

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

英語教室も2週間程度の冬休みが終わり、今週からレッスンがスタートしました
みんないいお正月が過ごせたようで嬉しいです。
個人的には、「雪だるまつくった」というのが羨ましかったです
静岡は雪が降らないので、、、、なのですが、やっぱり降らない方が生活は楽なので、雪かきが必要な地域の皆様の労力を考えると、心苦しいです。

さて今週のこども英語のレッスンはすべて終えました。2週間のブランクの後のレッスンは、どうかな?と心配していましたが、一言で言うと、みんな素晴らしかったです ホント、昨日は感動して泣きそうになりました
というのも、今だから言えることですが、教室をオープンした当初、2週間の空きがあれば、「今までやってきたことは何だったの??」というくらいスタートに戻った感がありました そして他のお教室の先生のブログを拝読して、「休み明けでも素晴らしかったです!」みたいなご様子を知って落ち込んだり・・・
そういえば、1か月ブランクの夏休み明けも心配していたほどではなかったのですが、この冬休み明け、スタートに戻るどころかさらなるパワーアップさえ感じ、確かな手ごたえを得ることができましたーーーーー

昨日の園児クラス、そして小学生初級クラスの感動ポイントをシェアさせてください。

園児クラス
出席者3名、一番長い子でも通学歴8ヶ月。

お天気の場面で、私のHow's the weather today?を合図に、

It's cloudy.
No, it's sunny.
It's not sunny, it's windy.
It's sunny.
No, it's cloudy.
It's not rainy, it's not sunny, it's cloudy.

・・・・つづく

こどもたち3人で、こんなディスカッションがはじまりました

レッスンは夕方だし、教室からはいまいち外の天気が分かりづらく、はっきり言って天気は晴れでも曇りでもなんでもいいので、「今日の天気」はひとつには決まりませんでした。(こういうことはよくありますが、ここまできれいにこどもたちだけでディスカッションの形になったのは初めてでした

小学生クラス
出席者4名 長い子は通学歴1年3ヶ月

今月の新出単語の中にbookshelf(=本棚)というのがあり、レッスンを通じて何度かこの単語を登場させていましたが、みんなそう簡単に覚えられず、bookの後に何かつくんだったな、、、、のところでとどまってしまっていました。3度目くらいに登場した時、「あーーーなんだっけーーー?」と思ったのか、一人の子が私の横のフラッシュカードを取って (ここらあたりの椅子に座ってじっとしていない感じは少し目をつぶってほしいのですが) 講師用に裏に書いてある文字を発見しました。残念ながら初見では自信を持って読めなかったようで、Hint, pleaseと言われましたので、フォニックス読みをしようと、sh e l fに分け、それぞれの音を確認。SHELF!! の声でました 

実はこのクラス、フォニックスの理解がいまひとつだなぁと感じていただけに、キターーーーーー、読めたーーーと思いました 

(ちなみに、小学生なので、音だけでなく文字も並行して覚えるやり方でもいいのかもしれませんが、なるべく、「これ(絵または実物)」=「これ(耳で聞く英語)」というやり方をして英語脳に近づけています。)

「読めた!」もそうなのですが、みんなの英語に向かう気持ちだったり、楽しく学ぶ姿勢が嬉しかったです

こんな感じで、英語に夢中になれる教室にしよう!と心に誓いつつ、いいレッスンはじめとなったことのご報告でした。

仲間はまだまだ募集します!こちらで体験会のスケジュールをご確認ください。







このページのトップヘ