LEARNING IS FUN こどもが英語に&英語で夢中になる教室

バイリンガル輩出率100%を誇るサニーバニー式カリキュラムを採用し、2017年秋に静岡市に開校したこども英語教室Blue Planet Academy代表のブログ

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

今日のテーマは「宿題」について。
みなさん、宿題ははかどっていますか??
学校の宿題はどうですか?塾の宿題はどうですか?英語教室の宿題は?

どうですか?

私の数年来の課題、「おうちでのとりくみ」についてまた最近考えています。
現状Blue Planet Academyのおうちでの課題ですが、未就園児さんに関しては特にありません。2か月に一度、市販の絵本を購入していただいていますので、その絵本をおうちでも活用していただくように取り組んでもらってはいます。園児以上のクラスについては、絵本セットの中から今月の絵本を読めるようにおうちでも並行して取り組みましょうという程度です。この取り組みでは、園児クラスのおともだちに特に効果があり、どんどん本が読めるようになったり、自信をもって発表できたり、本の良質なインプットをすれば、英語のセンスもあがると思っています 一方、小学生クラスの場合、このおうちでの取り組みができている子とそうでない子がいます。園児同様、おうちでの練習が活きているパターンもあります。グループレッスンなので、発表したり、他の子の発表を聞いているうちにその場で覚えるというパターンもあります。もしくは、フォニックス効果が活き、初見である程度読める子もいます。要するに、おうちでの取り組みについては、園児さんほどしっかりとできてはいないです。

そこです。

私は、単純にそこを「いい」「悪い」というのはどうかと思っています。というのも、話は戻って、「宿題」ですが、宿題って前向きに取り組めますか?

宿題あるいは課題を前向きに取り組めるってのは、よっぽどその課題が好きで面白くて、どんどん突き詰めたい時ではないでしょうか。小学生に学校の宿題をやらせるって、とっても苦労しませんか?挙句、無理やりやらせる「だけ」で、ためになるかどうかは定かではない、、、みたいになりませんか?

英語は教室だけでは身につかないよ、レッスン以外でどれだけ学習するかだよ、とか、
よい教室は、宿題をきちんと出す教室、とか
そんな主張も聞きますが、それも一理あるとは思いますが、無理やりやらせるくらいならやらない方がマシじゃないか?と思います。

特に、宿題をやらせる立場である、世のお母さんたちというのは、とても余裕がなく生きています。
私も教室を始める前は、保育園と学童に預けてのフルタイム勤務で、日々の生活の中で英語学習時間を設けることは容易じゃないと常々思っていました。それでも成功されていらっしゃる方もたくさんいらっしゃるのですが、私は挫折した組です。じゃぁ専業主婦ならいいのか?ですが、そうでもなく、専業主婦というのは、勤務先の都合を考えずに子どもの病院の予定を組めたり、比較的スケジュールとにらめっこすることなく園や学校行事を優先できるという利点はあっても、特に未就園児を育てているお母さんというのは、自分のためにコーヒー一杯を飲む時間もありません。

「自発的に」「面白く」取り組めるものを宿題にするしかないですよね。
あるいは、「自発的に」「面白く」取り組める人だけやるとか。
(みんな画一的にはなりません。)
「自発的に」「面白く」取り組める時だけやる、とか。
(少しずつでもいいから毎日法に反発しますが。)

ここら辺を今年の課題としたいと思います。
まだ構想段階ですが、ちょっと面白そうなことも考えています。

宿題をやらせる苦しみからは、、、、解放されましょう。

こんにちは。 静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyです。

はじめに。

わがBlue Planet Academyは静岡市の小さな小さな英語教室です。
そんな小さな若い教室の、とても小さな統計の話ではあります。

園児クラスのおともだち、英語が少しでもわかると、「知ってる!知ってる!」と楽しそうに英語を発話します。
この子達のスタートは、「英語知ってる!」です。

ところが、小学生になると、「知らない」「わからない」「むずかしい」が先行します。マイナスからのスタートです。

小学生は知恵がついたのか、、、卒園して、入学して、数か月、で変化するのか
小1の教室では、何が起こっているのか、、、、

最近まで私は、これは年齢による変化だと思っていたのですが、どうも環境による変化なのではないか?と感じるようになりました。まぁ研究しているわけではないので真実はさておき、ですが。

そして思うのは、園児の特徴的にも、就学前に学習をスタートするのはなかなか最適なのではということです。
そして、小学生からスタートする時には、この「マイナス」からのスタートになるかもしれないことを踏まえて、小さなステップを大きな自信に変えていく積み重ねが大事なのでは ということです

はい、Blue Planet Academyの小学生クラスは、少しずつ、着実にステップアップしていけるように工夫していきます

しかし・・・このマイナススタート仮説(?)は、実際どうなんでしょう
みなさんの周りでも当てはまりますか
当てはまる場合でも、当てはまらない場合でも、↑のような工夫というか意識はできると思います。
お子様がいらっしゃる方は、ご自身のお子様に合った方法でお試しください。


こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

お正月のうちに今年のブルプラこども英語教室部門の抱負を書きたいと思います。

 会員を増やす
 具体的なイメージもあるのですが、今年は英語教室も2年目。未就園児、園児、小学生クラスのおともだちを増やして活気ある教室を目指します!

新年度ですが、小学生入門・初級クラスができます
こちら、金曜日の16:30~17:20となっており、すでに何名か確定しています。
小学生、1から英語ができるお勧めなクラスです!

英語を習ったことのある小学生のおともだちは、月曜または木曜の16:30~17:20に若干空きがあります。

園児クラスは、月曜の親子クラス、水曜&木曜のこどもだけクラスともに空きあり!です。こちらは基礎からやっていきますので、はじめましてのおともだちでも随時入会できます

未就園児さんクラスは、現在は月曜日しか開講していませんが、親子英語環境を作るチャンスです 新クラスも作りますよ

 「とにかく楽しく」「learning is fun」をパワーアップさせる!
2018年分かったことは、「とにかく楽しく」でないと英語教室じゃない!ということ。
「楽しく」そしてさらに「楽しく」を突き詰めていきます

「基礎固め」→「初中級」 乱暴に言えば、単語の羅列⇒文
1年目のおともだちも2年目のおともだちも、「知ってる英語がどんどん使える」を目標にしますが、2年目のおともだちと小学生クラスのおともだちについては、「文章」や「かたまり」を使えるようにしていきます!

いよいよシンガポール算数、そして引き続きJolly Phonics
2年目小学生クラスは、いよいよシンガポールドリル使います。

会員のみなさま、今年もパワー全開で頑張りますので、どうぞお楽しみに

そして当教室にご興味を持っていただけている方、ぜひ体験会にお越しください。
イベントも行っていきますが、2019年はより「英語力アップ」が叶うもの、または、国際理解が得られるものに絞って企画していきたいと思っています。

どうぞよろしくお願いします。

このページのトップヘ