LEARNING IS FUN こどもが英語に&英語で夢中になる教室

バイリンガル輩出率100%を誇るサニーバニー式カリキュラムを採用し、2017年秋に静岡市に開校したこども英語教室Blue Planet Academy代表のブログ

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。
実は私・・・ここ1週間ほど不調により、ゴロゴロと寝てばかりの生活をしておりました

最初の3日間は特にひどく、立っていられない・・・その後も、寝ていた方が楽なので、体を横にしておりました・・・眠っている時以外は、スマホを見るくらいしかやることがなく、おかげでYouTubeやらネット記事やらを見ておりました。。。。みなさん、YouTube好きですか? YouTubeっていいですね ずっとFacebookが主な情報源だったりしたのですが、YouTube、今更ですが、うまく活用するととてもいいですね 

ちょっとメンタリストDaigoさんの動画を紹介させてください。
めちゃくちゃ早口です 

勉強というのは、がむしゃらにやっても効率が悪く、「こうやればよりよい」というやり方、ちょっとしたコツがあるのですね。すごくおもしろいです!

「忘れかけていたものを頑張って思い出す作業がいい」とか「クイズがいい」という箇所、なるほど!と思い、ブルプラのレッスンに早速とりいれてみました (正確には、前からとりいれてはいたのですが、ただやるよりも、実際効果を知って、より意識してやってみました
第2言語を学ぶ時、やることはシンプルに2つ。「覚える」こと、「覚えたものを使う」こと。
であれば、やることは、いかに楽しく覚えるか、覚えたものを使うか。教室が提供するのは、この環境ですよね。

園児さんクラスでも、open the window/close the window/open the door/close the dooor/turn on the light/turn off the light/turn on the TV/turn off the TVなどの言い回しを実際に動いて学んでいるのですが、少しだけ巻き戻って5分前に習ったコレ(例:窓を開ける)何だっけ?と、確認しながら、思い出しながら、実際「使える」ように、レッスンをしています (さらっと言いましたが、窓を開ける=open the windowと一方的にさらっと教えるだけだと、頭のいい子が理解したつもりになるレベルで留まります

小学生クラスでも、この作業をしたりもするのですが、私の感覚だと、小学生さんに受けがいいのは、文字かな、と思います
DSC_1472[5075]
(実際に取り組んでいる写真がよかったのですが、撮りそびれてしまいました。)

これ、単語テストです。
ただ、ジョリーフォニックスの基礎ひととおり学び、復習してから音を聞いて単語を書いていきます。
一部間違えたりしながら、「これだ~~!!」と正解した時の気持ちよさ!!です
しかもペーパーテストではないので不正解でも✖をもらわないため、どんどんチャレンジしていきます。こどもが積極的にならない原因のひとつは、「失敗を恐れる」からのようですね。どこかでミスをして怒られたといった経験から学んでしまっているんでしょうね

長くなりましたが、こんな感じでレッスンしつつ、これからもメンタリストDaiGoさんをチェックしていこうと思います

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

9月になりました。
ここ数年、この時期には、「夏休み明けの自殺」問題についてネットでも色々と話題にあがっていますね。
私の生涯の目標は、日本の学校からいじめをなくすこと なんですが、この目標はあまりにも壮大すぎて、そして自分があまりにも力不足すぎて、現状、最初の一歩がなかなか進めていないんですね。情けない・・・
そこでみなさんの力を少しずつ少しずつお借りできないかな、と思っています。

さて、今日のブログのタイトルは、「画一的な教育から個性を伸ばす教育へと言うけれど・・・」とさせていただいています。そして、出だし、いじめ云々と書きました。私の中で、この二つはリンクしているんです。一斉教育の呪縛を解き放てば、個々がイキイキとして、わざわざ他人をいじめる必要はなくなるんだと思うんです。あえて「必要」という言葉をいれました。

最近は本当に本当にいろいろなところで、「個性・長所をのばせ」「学校の一斉教育はよくない」みたいなことを言っているのを耳にします&(ネット等でも)目にします。そして、わたしは、本当にその通りだと、自分の義務教育時代の実体験からも、もうかれこれ25年くらい思ってきました わたしがひとりでボヤボヤと思ってきている間、(当然ボヤボヤと思っているだけでは世の中はまったく変わらないんですが。)私の大好きな国、ニュージーランドでは、幼児教育分野でテファリキという指針を実践してきたようです。テファリキについては、サイトがいくつかあるようですが、日本語のものだと、バチっと公的にまとめてあるサイトが見つけられなかったため、ご興味を持たれたかたは検索してみてください。すみません。

テファリキ、簡単に言うと、幼児教育を実践する上での軸になるもので、私のイメージで言うと、こどもが幼稚園・保育園に行って、保育士さんの監視の元、好きな遊びを好きなだけ探究する、と言った感じでしょうか。粘土セクションとか、大工工作セクションとか、砂遊びセクションとか、そんな感じで園の先生たちは、朝準備をして、こどもたちは登園したら自主的に遊びをすすめるようです。そのこどもたち一人ひとりが、今日は何を探究し、どう学んだのかを先生たちは、写真にとって記録し、保護者が自由にその記録にアクセスしたり、まとめブックみたいにしてもらったりしているようなんです。・・・とここまでは、ネットでの情報を元に、私なりのまとめです。おそらく園によって差があるかと思うので、「こうらしい」と言ってないで、視察に行きたい気持ちがめちゃくちゃあります

と、この時点で、「どうやら素晴らしい教育方針っぽい」ことは分かります。

日本の園は、就学を意識して、集団行動ができるように教育をしているように私は感じますが、一方で、可能な範囲で自由遊びもさせてもらったり、少人数保育の場合は、ひとりひとりに寄り添っての保育をしてもらっているようにも感じます。園や保育士さん、幼稚園の先生方もとても研究熱心でいらっしゃいます。というわけで、園では、一斉的画一的でなかった環境が、就学によって崩れるのではないか?と感じるところがあり、実際に、わが子が、そのギャップに対応しきれていないと感じることがありました。

というわけで、日本の幼稚園教育はまぁまぁで、義務教育が窮屈だと仮定した時、私が思うことは2つ。

1つ目:ニュージーランドの小学生以降はどうなっているのか?
2つ目:日本の現状を打破するにはどうしたらよいのか?

ニュージーランドの小学生ですが、これまたノビノビと学習しているように見受けられます。実際見ていないですが、本当に見に行きたいです これはいつか実現させるとしましょう。当教室でも、親子留学プログラムや低年齢ツアーを実施し、私と一緒に、ニュージーランドのノビノビ教育から学べるものを日本に取り入れていくプロジェクトに取り組んでくださる方も大きく募集いたします。

2つ目については、正直、手掛かりが全くつかめません。ぜひみなさんのお知恵を貸してください。
よろしくお願いします。

こんなことを思うのも、そろそろ留学事業もスタートさせようと、思ってのことなのですが、実際、留学事業は少しずつしか動けないようにも思います。ただ単にやるだけであれば、私のこれまでの経験とこれからの勉強で何とかなると思うんですが、やっぱりこだわってこだわったものを提供していきたいと思います どうぞよろしくお願いいたします。

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

夏休み明け、9月1日にわがBlue Planet Academyは生誕2年となります
2年前の9月は教室準備をしており、10月からお試しレッスンレベルで教室が開講しました。
レギュラークラスは正式には11月から始まったので、まだといえばまだなのですが、そのころから通ってくれているおともだちにとっては、英語をはじめて2年くらいになります
私がサニーバニーの中級講座を受講したのが今年のGW 夏休みという、プランをじっくり組む時間を経て、やっと「小学生中級クラス」が正式に誕生しました~

英語を少しずつ習ってきて、単語レベル1語2語や頻繁に使う言い回しの発語ができるレベル、50分オールイングリッシュで講師とやりとりができるレベルの次のステップが「中級クラス」です。
お待たせしました この中級クラスは、こども英語の「鍵」ですね 初級レベルで英語を身近に感じ、好きになり、知ってる英語を発語することに喜びを感じますが、このレベルの英語は、義務教育を修了している大人は知っているレベル。中級となると、英語と疎遠な大人であれば追い越せちゃうかな、と思います ますます英語が身近になり、好きになり・・・中級修了時には、「それなり」に、英語が操れるようになるかと思います。楽しみです 楽しみすぎます

_20190830_091751[5032]

こちら、中級クラスでしばらく使用するコミックです。
このコミック、「ちょうどいい」んです。
ところどころ、分からない単語や言い回しがあるのですが、英語だけでも「大体」意味がつかめます。「意味がつかめる」というのは、これまでの初級単語・言い回しを習得しているからこそです。
こちら市販の、Magic Adventureというシリーズですが、ジャックと転校生、それにいじめっこたちの物語は今後どうなるのでしょうか・・・・中級の生徒さんたち、おたのしみに~

最近、「ネイティブ講師はいますか?」と聞かれたりしますが、当教室はネイティブ講師はいません。・・・が、(私も知らなかったのですが・・勉強、研究を重ねていま結論としては)当教室でいう「中級クラス」まではむしろ日本人講師が「うまく」教えるのが一番だなぁと。そして、もしもそれ以上のレベルになるときは、ネイティブ講師と英語でディスカッションできるような教室か、留学がおすすめです

このページのトップヘ