こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

先日、小学生クラスで本年度2回目の国際理解スナックパーティーをしました。
国際理解スナックパーティーは、本年度は3回の予定で、日本語でお菓子を食べながら世界に目を向けるレッスンをします。現在、月、水、木とある小学生初級クラスですが、月曜日のみ祝日の関係でできていなかった第2回目のスナックパーティー、ようやくできました。

今回は、特定非営利活動法人開発教育協会さんより購入した「写真で学ぼう!地球の食卓」を使用しました。
実際の教材は様々な使い方ができるのですが、今回はほんの序章で、教材の中の12枚の写真(=1週間分の食材)を使いました。
_20181129_111858[2267]
アメリカ、オーストラリアとヨーロッパ・アジア・中南米・中東・アフリカの中から数か国、まずは、写真を見て(観察して)どうかを言ってもらいます。

色々意見が出ますし、意見というかつぶやきみたいなのも多いですね。コーラ!とかマック!とか金持ち!とか(笑) 野菜多い、とかパンがでかい、飲み物たくさん飲んでるとかは観察している感じがします。

で、今回の国を挙げます。
アメリカ、オーストラリア、イタリア、インド、エクアドル、グアテマラ、クウェート、チャド、中国、ドイツ、マリ、メキシコの12か国ですが、みなさんこれらの国について知っていますか?

今回は世界地図で場所を確認するくらいしかできませんでしたが、また別の機会にもっと学べたらと思います。

みんな大体のイメージもあるので、どの写真がどの国なのかを考えていきます。
中国は、写真の中に漢字が使われていて簡単だったようです。他は苦戦していましたが、まだ答えは言いません。
DSC_0900[2266]

答えを言う前に、どこの食卓に行ってみたいか、逆にどこは行きたくないかを考えてもらいました。
人気だったのは、アメリカとドイツ、、、、でもこの段階ではアメリカとドイツだとは思っていないようでした。

さて終盤は答え合わせもしましたが、正解だったのは、中国とオーストラリアのみ!他は意外と難しかったようです。今回のクラスはあっと言う間に時間が過ぎたと感じたようでした。