こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

最近は、ホームページを新しくしたり、パンフレットを作成したりしながら、なるべくブルプラの魅力だったり、私個人の思いだったりをみなさまにお届けしようと動いておりました。
(ホームページはまだ途中ですが、少しずつ改良しております。)

どなたかお気づきの方がいるかいないか分かりませんが(笑)、このブログのタイトルやらFacebookページの名前やらを地味に変えまして、今年のメインテーマの「こどもが英語に&英語で夢中になる教室」というのを入れました。この1年半ほど、レッスンを提供させていただいて、子どもたちにとって「英語は楽しい」ものなんだな、「夢中になれる」んだなと感じ、そういう環境を提供することこそが教室の使命なのだな、と感じたのです。

(覚えていらっしゃる方、以前は「国際基準に育てる」というのが大きな柱でして、これはもちろん私の中ではひとつ、きちんと持っているのですが、比較的年齢の低いこどもたちが主役の教室ですので、より分かりやすく!そして、毎日毎回、私自身がきちんとテーマに持ってレッスンにのぞむ意味でもマイナー変更させていただきました。)

さて、「英語に夢中になる」空間の提供(→ある程度英語力がついた先には、「英語で夢中になる」体験が待っています!)が可能なのは、サニーバニーメゾットを導入しているからだと私は確信しています。日本語を母語とする日本人が日本語環境で育つときに、英語も同時に身に着けようとする場合、「楽に」とか「自然に」英語は身に付きませんので、「コツコツ」「地道に」やるしかないです。(←はい、これ残念なお知らせです。) 大人は経験から「コツコツ」「地道に」は割と辛いことを知っていますが、ここにプラスして「楽しく」「(世の中に古くからある英語教育法に従って)効果的に」を加えたのが、「サニーバニーメソッド」なのだと、私は思います

前後しましたが、サニーバニーメゾットとかサニーバニー式と私が言うものは、SUNNY BUNNYバイリンガル育成スクールが世に広めているものでして、ちょっとお時間のある方は、こちらのスクールのホームページを見ていただくと、「サニーバニーの教育理論」という箇所があり、つまり世の中にすでにある研究結果を実践してサニーバニーは実績を残していることが分かります。英語教育業界もフェイクニュースというか、間違った情報も多いわけですが、先人が残している研究結果というのもまた、英語教育分野を勉強する人にとっては普通にあふれているものであったりもします。その「普通にあふれているはず」の理論を、実践の場ではこういうことですよ、ということを学ぶのが、サニーバニーの子ども英語講師養成講座です
(ちょっと簡単に言いすぎましたが、これは、、、ありそうでない講座ですね。興味を持たれた方は、騙されたと思って一度受講されるといいかと思います!)

というわけで、タイトルの「なぜサニーバニーなのか」は、

本物の「英語教育理論」に基づいて考案され
楽しく
実践的

私が自信をもって子どもたちに提供できるものだからです

こちら、今後、当教室の体験会にお越しいただく方にお配り予定のパンフレットです。
DSC_1011[2542]