こんにちは。静岡市 こども英語&国際交流Blue Planet Academyです。

わがBlue Planet Academyもスタートしたばかりだと思っていると、プレオープンも含めると5ヶ月経ちました。5ヶ月目となると、園児クラス・小学生クラスはグッと成長したなぁと感じます。最近のレッスンだと、わ!英語が通じるようになった!と感じるのです。英語はゼロの状態からはじめているのでもちろんまだまだなのですが、生徒さん側からの発言も、単語だったものが二語になってきたり 赤ちゃんクラスのおともだちはまだほとんどいないのですが、お気に入りの絵本だったり、歌だったり、カードだったりがでてきて本当にかわいいです

さてフォニックスのお話です。
今は入会キャンペーン中なので、ブルプラで英語やるとこんなにすごいんだよーなんて言ってたりするのですが、じゃぁ一体何ができるようになるのか?ってことの一つには、フォニックスによる読み書きのことがあげられます。

ざっくり言うと、園児のうちは、読み書きというより、音とアルファベットに親しむ期間となります。園児のうちにフォニックスをはじめておいて、就学時に簡単な絵本読みができるところまでいきます。

小学生さんは、「読む練習」「書く練習」「聞く練習」をします。
フォニックス教材は市販のものを使用していますが、(主にJolly Phonicsの教材を使用し、Jolly Phonicsのやり方を基本にしています。)市販教材をベースに、ブルプラオリジナル教材を使用します。例えば先日はこんな感じのマッチング教材を作りました。
phonics手作り教材
これは、bedやsunの単語の音からそのつづり字を回答するもので、「書き」問題ですが、まだ練習があさくてアルファベットが書けない時でもパズルのようにアルファベットを並べることで書き取り(書きませんが)ができるというものです。

こういうクイズのようにするとこどもたちは楽しく取り組めます

主に園児クラス向けに、「この形のアルファベットはこういう音なんだよ」といった取り組みをしていきたいので、オリジナル教材、たくさん作っていきます。

小学生さんは「学校で文字(ひらがな・カタカナ・漢字)を習う」という発達段階だけあって、アルファベットの読み書きはグングン吸収する子もいます。絵本を読んでいるのですが、絵を見て覚えた英文をそのまま言う、うそっこ読み(これが大事なのですが!!)から、文字を見て読む、になっていきます。リーダーズ(小さな絵本)を毎月1冊読んでいるのですが↓
sweet treat
これ、左ページがI,右ページがYouという文が数ページ続くんです。クラスで読んでいると、IとYouがごっちゃになる子がいて、そういう子に、(ここの文字見て!、これIだよ、これYouだよ)と言うように、サポートしているおともだちがいました(All Englishなので日本語は使用していません。文字を指さしてIやYouだけ強調するのです

ところで、IもYouもフォニックス読みでは読むことが出来ません。繰り返し見ることで綴りを覚えますが、こちらはレッスンではあまりやりませんので、こうして絵本読みで覚えていければいいかなぁと思います

今回も長くなってしまいました
こんな感じで読み書き頑張っています~。