こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

突然の公立学校の休校の事で教室のレッスンも突然お休みに入り、レッスンの調整や家庭の事でバタバタしておりましたが(よろしければ前ふたつのブログもご覧ください。前編 & 休校救済サービスやってみた編)その間に色々思うこともあり、今回まとめてみようと思います。

まず、英語について。

今回のように世界規模な何かについて情報共有をしようとする時、英語力というのははやり必要だなぁと感じました。新型コロナウイルスは元々海外で発生したものであり、海外メディアの情報の伝え方だったり、英語情報源の数字や見解を情報として得るには良いように思い、国内で主にスマホ画面から入ってくる意見から少し視野を広げられるように思います。ここに来て日本でもマスクについても様々な見解があるように見受けられますが、海外メディアやWHOの発表などの英語からの情報も含めて、総合して、いま私が思うマスクについて・・・は、

マスクは人混みではつけた方がいい
日本ではマスクはつけていた方が一緒にいる人も安心する(マナーのようなもの)
手で顔を触る癖のある場合はマスクでカバーしていた方が口や鼻からのウイルス侵入を防げそう
とは言え、今マスク不足状態では、必要な時以外はつけず、「その時」のために大事に使いたい
みんなもむやみやたらに使わず、必要な人に届けーーー!!

です。

話がそれました。

日本は総じて平和で、言われたようになんとなく生活していればすんでしまう部分はあるんだと思います。「考え」なくても「賢く」なくても現状ある意味大丈夫。ただ、やっぱり「考える」ことと「賢く」あることは大事だなぁと痛感しているところがあり、それが私の場合は、留学と結びつきます。
私が経験したニュージーランドの高校もアメリカの大学も、世界の色々な場所にバックグラウンドを持つ生徒がたくさんいました。使い古された言葉ではあるけれど、そういった環境で学ぶと、視野が広がります。「考え」「賢く」なるための環境がそこにあると、私は思います。環境だけあっても、そこで「考え」「賢く」なるかは、どれだけ真面目にまっすぐに取り組むか、にかかっているとは思います。それも含めて、私はやはり留学に魅力を感じます。

というわけで、2020年、留学センター始動にむけて準備をしたいと思います。

先日体験した探究学舎のオンライン授業なんかでも、「あぁこれ、世界の人とできたらきっともっと楽しい&深い学びになるだろうなぁ」と思ってしまいました。