昨日、こどもが英語を学習するモチベーションは、英語が楽しいから!好きだから!と書きました。


では、そもそもなぜ私たち日本人は英語を勉強しますか?成長したこどもや、大人の英語学習のモチベーションは何でしょうか?


英語話者とコミュニケーションがとりたい
海外旅行で困らないため
仕事の幅を広げるため
英語の文献を読んで知識をつけるため
字幕なしで映画を理解したい

・・・いろいろあると思います。
それぞれが、英語を勉強するための「いい理由」だと思います

でも、こういう考えもどこかにありますよね↓

日本では英語を使わなくてもやっていける
英語が役立つ場面はあるかもしれないけど、そういうチャンスが必ずくるとは限らない
海外に行くこともない
日本にいる外国人は日本語を話す(ことも多い)
外国人との接点はない

googleの翻訳は日々進化しているし、コンピュータ技術によって、外国からの情報も母語である日本語で収集することができます。将来的にはもっと進んだ社会になって、ドラえもんの翻訳こんにゃくのような、別の言語の話者とスムーズに会話ができるツールを活用できる日が来るのかもしれません。

日本語環境で育った日本人が英語を身に着けるというのは、大変な労力がいりますよね?
簡単に身につくものだったら、メリットも大きいことを思えば、みんな英語学習するでしょう。でも・・・多言語を身に着けることはそんなに簡単なことではありませんよね。

私が、英語を勉強する理由として、いちばん「これだ!」と思った考え方を紹介します。

(ここにGloval Moms NetworkさんのFacebook投稿を埋め込もうと試みたのですが断念・・・


今年の初め頃の話ですが、Global Moms Networkさん主催の狩野みき先生のセミナーに参加をしました。
「英語」と「日本語」では背景にある文化やものの考え方などが全然違うんですね。
この地球上には、本当に様々な、私たち(自分たちが感覚として持っている常識)とは違う文化・考え方が存在します。英語を学ぶことは、ただ単に多言語を学ぶこととは違うんですね。
多文化・習慣、考え方などなど、言語の後ろにくっついている見えないものを学びます。
そして、その「見えないもの」こそが、これからのグローバル社会に必要なものだと思われます。
このことがあるから、英語を学べば視野が広がるんですね!可能性も広がるんだと思います。

私たち大人も外の世界に理解を深めるとよいと思うのですが、やっぱりこれからのこども達の時代に彼らに身に着けてもらいたいスキルだと思いませんか?