こんにちは。静岡市 こども英語&国際交流Blue Planet Academyの鍋田です。12月ですが、今日も静岡市は穏やかな快晴だったように思います。風は冷たかったですが、自転車での移動が苦にはならず、できれば車で行きたい距離の耳鼻科まで、次男を後ろに乗せて、自転車で行ってみました。いい運動になりました。

さてタイトルの、「英語はいつからはじめるのがよいのか」ですが、いろんな主張がありますよね。
赤ちゃんから!(いや胎教から!)というものから、いや中学からでよい!というものから本当に様々ですね。

当たり前のことですが、「やろう!」と思ったらその時がはじめ時というのがベースにはあると思います。こどもが赤ちゃんで、色々大変だけど、心穏やかにしてやってみようかな!と思ったら、ぜひやってみるといいと思います。逆に、もう大きくなってしまったな、周りの子は結構前からやってる子はやってるしな、、、という時でも、タイミングが合った時がはじめ時だと思います!

それでもあえて?私の感覚(あくまで「感覚」の話で申し訳ありませんが)で、教室に通い始めるのに最適じゃないかな?と思うのは、「年少児」、そして「小1」です。環境がガラッと変わる時期ではありますが、「石の上にも3年」で、まず3年やってみよう!と頑張りはじめるのにとてもいい時期ではないかと思います。年少さんは、スタートは吸収もゆっくりかと思いますが、日本語をはじめ、色々な事を同時に学んでいけるまだまだフレッシュな時期です。絵本読みや歌を中心に楽しく吸収できる時期だと思います。小1は、ここから3年後ですが、このころになると、自分の意思や集中する力もあり、グッと吸収できると思います。そして自分の意思があるとは言え、まだまだレールを引いてあげることで、すんなりその道に行ける時期でもあると思います。

英語を中学から始めて遅い、ということはないと思います。興味を持ってどんどん学習していけるようであれば、どんどん伸びていくと思います!!一部私学(公立も?)では、かなり工夫をしていて、学校の影響で英語が好きになるというパターンもあるようで、これは本当に素晴らしいことだと思います!ただ、もしも「これからの時代はグローバルじゃないと!ってどういうこと?」とか「英語が得意になってほしいな」とか、多少でもそういう思いを親として持っている方がいらっしゃるなら、お子さんが大きくなるまで見守っているよりは、何かしらアクションを起こされるほうがいいと思います。

Blue Planet Academyでは、クリスマス体験会は終わってしまいましたが、各クラスでのクリスマス会もあり、また年明けもイベントをたくさん行っていきたいと思います。体験会やイベントが、国際基準の子に成長するよいきっかけになればな、と思っています。

ニューイヤー体験会、企画しましたよ
New Year体験会のお知らせ_01
こちらからも詳細ごらんいただけます。

それでは、よい週末を!