LEARNING IS FUN こどもが英語に&英語で夢中になる教室

バイリンガル輩出率100%を誇るサニーバニー式カリキュラムを採用し、2017年秋に静岡市に開校したこども英語教室Blue Planet Academy代表のブログ

カテゴリ: こども英語

こんにちは。静岡市こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。
近隣の園や私立学校ではいよいよ夏休み突入!公立学校もあと少しで!というところです
当教室は、8月の通常レッスンがありません。
変わりに各種イベントをご用意しております ぜひこれだ!と思ったイベント、チェックしてみてください。
教室生以外の方も歓迎しております

というわけで、休み前レッスンの総仕上げ時期となりました
最近、各クラスの子どもたちがかわいくて 園での話とか、学校の宿題やクラブの話とか、スポーツの大会の話とか、レッスン前からいい雰囲気です みんなの園生活・学校生活・スポーツなどなど、色々応援したいです 小生意気な子たちもいます・・・ ママと離れるのに時間がかかる小さなおともだちも、ギャングエイジいやいや期も・・・、「みんなが楽しく英語レッスン」という私の課題に試練を与えてくれたりしていますが、一呼吸置くとやっぱりかわいくて、こうしてみんなの英語力+人間力を上げていこう!とか色々考えたりしています

園児クラスについては、「英語を英語で」さえ徹底してしまえば、本当に「知ってる英語」で「英語だけでコミュニケーション」を「楽しむ」ことができます 「話す」&「聞く」の部分に重点を置き、英語を使う「楽しさ」を知ってもらっています 園児クラス後半は「読む」「書く」にも触れていきます。園児クラスのゴールは、「英語を英語だけで・・・基礎的な単語や言い回しを定着させ、話せる英語の基礎を!+英語の音を理解し、基本フォニックス読み」。←ゴールはここです!就学の時に、ここの状態になっているところがゴールであり、始める時期にもよりますが、1年以上通ってくれるおともだちについては、このゴールは100%達成したいと思います!

小学生クラスのゴールは、「英語の本当の楽しさを知る」ことです
みなさん、英語の本当の楽しさってご存知ですか??
これは、もしかすると多くの大人の方が体感できていないかもしれないな、と思います。
サニーバニー式では、総合的に英語力がつくのですが、特筆すべきは「しゃべれる」です。
なぜなら、「しゃべれる」英語スクールが日本には他にないからです。
なので、当教室でもとりわけ「会話力」に着目しつつ、サニーバニーのやり方でレッスンを行いますが、私が思っているブループラネットアカデミーの小学生クラスでのゴールは、

英語を英語で理解し (←未就学児クラスからの引き続き)
英語での一次情報(本・ネット等)を拾い、吸収することができる+英語で発信・表現できる

ここかな、と思っています!

そのため夏休み明けの小学生クラスについては、一部をレベルアップさせ、「知的情報」を英語で取り入れるレッスンにしていきます 一部の小学生は、楽しみにしていてくれているようです
私はあまりクラフト系をやらないので・・・「工作やりたーい!」という声も上げてくれています。
工作も、やりましょう!!

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

当教室Blue Planet Academyは、サニーバニー方式を採り入れているという話はよくブログ等でもしています。この方式の核のひとつは、「ALLイングリッシュ」です。これはすごいこと&とても大事なことなのですが、実は、「ALLイングリッシュ」というのは、世間でも割と浸透しているかのような方式ではあるので、いまいちみなさんに伝わり切れていないだろう、ということで、今日はそのことについて書きます

まず、この「オールイングリッシュ」ですが、私たちの「オールイングリッシュ」というのは、ネイティブが英語をペラペラとシャワーのように生徒さんたちに浴びせる、というのとはまったく違います。世間で言うところの「オールイングリッシュ」は、どちらかというと、これに近く、分からなくてもなんでもいいから、とにかく英語に触れる!英語圏で生活すれば、英語はだれでもできるようになるんだから!というところから来ているのだと思われます。でもですよ? 例えば、私たち日本人にはあまり馴染みがない言語を具体的に何かひとつ思い浮かべてみてください。では適当に・・・ウルドゥー語とかどうですか?ウルドゥー語の単語を何か一つでもご存知ですかね? (もちろん知ってる方もいらっしゃるかとは思いますが、そういう方は別の知らない言語を思い浮かべてみてください。)さて、ウルドゥー語をネイティブにオールウルドゥー語で習うとしましょう。どうでしょう?ウルドゥー語のシャワーを浴びて何か得るものがありますかね? オールウルドゥー語のレッスンを日本人複数人で受けたとして、受講生同士は当然、ペラペラと日本語でしゃべりながらその時間が過ぎていくわけです。
はい、これが、一般的な方の「オールイングリッシュ」かと思います。

サニーバニー方式が違うのは、片言でもいいから、(というより、はじめはゼロ知識なので、当然ながら一単語が精いっぱいです。)英語だけで完結する環境を最初から作ってしまう、という点です。
最初は少し苦しいです。園児さんと言えど、日本語はペラペラとしゃべるため、(場合によっては、日本語とか英語とかの区別がいまいちついていない年齢でもあるかもしれません。)なかなか「英語だけ」という場には慣れません。でも、後々に日本語を介さずに英会話をすることを考えると、ここでの取り組みは、ものすごく大事です 

教室に通い始めて数か月すると、少しずつ、ボキャブラリーが増えていきます。ボキャブラリーの増やし方にも秘密があるのですが、そちらはまた今度にします。(もしくは、教室に来て聞いてください。)そのボキャブラリーを駆使すると、意外と「英語使える!」という体験がレッスン内でできます 

前置きが長かったのですが、園児さん初級クラスの英語レッスンをゲラゲラ笑いながら、少ないボキャブラリーを駆使して色々な単語を使いながら行っています 昨日のクラスは、本当に調子が上がってきていて、みんなの反応に「そうくるか」と、私もゲラゲラ笑っておりました。こちらは教える側なので、フラッシュカード等でリピートさせる一方通行なこともやるのですが、そこで言わされているだけだと、やっぱりつまらなくなっていきます。一方通行ではなく、子どもたちが反応して、私がさらに反応するので、英語だけでも楽しい むしろ、英語、楽しい になっていきます。すごいですね 英語だけのレッスンが楽しいって、私、以前は知らなかったです

昨日の園児さんは、今月のテーマであるボディーパーツを学習している時に、先月読んだ絵本の中から、″There's a hole″を思い出して言っていました。鼻の穴とか、耳の穴、とか、、、(笑)。動物カードで単数・複数、を同時に練習しているので、"They are two holes."くらいまで頑張れば言えちゃうこともあります 楽しくなってくると、英語を話してみよう!という気に益々なることもあり、いい循環が生まれます

Blue Planet Academy、さらにパワーアップしていけるよう、私も頑張ります!

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

前回のブログで『自分の自己肯定感を高め、他者を認め、チームとしてうまくやっていけるのか』というのが当英語教室としても目指すべきゴールなのだと自分にも言い聞かせ、確実に達成すべきゴール、ということでみなさまとシェアしたわけなのですが。

未熟な状態だと、「自分だけよければいい」とか「自分はできた(やった!) でもみんなはできない(だから自分すごい、けど、みんなはそうじゃない)」 みたいな状態に陥りやすいです。

これを少しずつ改善していきたい・・・少年野球チームじゃないですが、個人の技術向上は大事 しかし、チームとしての技術の底上げ、ブループラネットチームとしてみんなが技術向上することはとても大事なので

というわけで、昨日の小学生チーム(←もう「チーム」と言っちゃっていますが)。

絵を見て3文字の単語を書くプリントをやりました。
cat, bed, dog, mug, netなどなど。。。

このレベルだと、スラスラ書ける子もいれば苦戦する子もいます。
大体の子は、何問か苦戦しますが、フォニックスをおさらいしながら自力で解いていきます

昨日のチームは、スラスラ書ける子、何問か苦戦するけどまぁまぁな子、割と苦戦する子で構成されていました。
スラスラ組、まぁまぁ組が終わると、苦戦組が残るわけです。
フォニックスシートの登場です。
jolly phonics
catなんかはみんなスラスラ書けるんですが、例えば、bedは日本語英語の影響か、betになってしまったりするんですね、、で、b eまで書いて最後の文字が書けていないと、もう書き終えて〇をもらった組は、最初は、d d dとdの音で教えるんですが、なかなか書けなかったりすると、シート(写真右下)を登場させてd, d, dramと言ってみたり。そこまで仲間がヒントをくれると、「わかった!」ってなるんです 答えを教えるでもなく、まさに、仲間の力を底上げしてくれているんだな、と

こういう姿勢を大事に、思いやりを大事に、成長していける教室でありたいと思います

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

子どもたちは新学期がスタートし、新しい園や学校に入園・入学した子、進級した子、それぞれ新しい生活がはじまっていることと思います。今週は、クラスが始まる前の雑談で、みんなの新しい生活はどうかなー?と聞いてみています 私が聞いた感じだと・・・、さずが!園児さんや新1年生は、純粋に新生活を楽しんでいる感じです 小学生で進級した子(2年生以上)は、徐々にポジティブな感想以外にも色々なことを思っているようで、みんな集団生活で不満や我慢もありながら成長していくのだなぁと感じました。
「楽しいー」だけだと、まぁ何よりですが、やっぱりそうばかりでもないのですが、みんなの成長する姿を見守りながら、話をいっぱい聞いて、くじけそうになった時、間違ってしまっている時、そんな時も、みんなと共に、みんなの成長を支えられる存在でいたいと思っております

当教室も何名かの新しいおともだちが今月からレッスンをスタートし、慣れない環境で頑張ってくれています これからブルプラファミリーみんなで成長していきましょう~。私も

お伝えしたいのは、レッスンは順調にスタートできています、ということ。
クラスによって色々特徴はありますが、、、

DSC_1210[3417]
例えば、昨日の園児さんクラスは、新学期の疲れやら何やらで気分がのらず、5人中4人が泣き顔でスタートしました・・・が、いざレッスンがはじまると、すぐに泣き顔が1人減り、2人減り・・・、はじめは3人くらいがしかも交代で声を出していた感じだったのが、割と早い段階で笑顔が増え、声が増え、結局は活気あるレッスンとなりました。写真だと分かりづらいですが、レッスン終盤の塗り絵のアクティビティーをやる頃には、みんな私と英語で会話ができていました

園児さんクラスは、今年度から親子クラスを廃止し、全クラスお預かりとなりました。
お預かりとなったことで、英語力アップが狙えるなぁと感じています。
月曜日クラス、水曜日クラス、木曜日クラスはまだ空きがございます。
火曜日クラスはいったん募集停止させてください。
体験レッスンは随時受付をしております。

小学生クラスは、ゼロからのスタートは、金曜日クラスに空きがございます。早速体験や入会もいただいているクラスですが、まだまだお仲間募集中です

HPも合わせてご覧ください。

新年度でこちらもバタバタしました・・・ママ講座やイベントは徐々に企画していきますね~

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。
年度末、こどもたちの春休みもはじまり、卒業に入学に桜開花に、この時期特有の雰囲気を今年も感じています。

3月は、「アイスクリーム屋さんごっこ」イベントに続き、小学生対象の春休み企画、遊びで学ぶ「はじめての読み書き」フォニックス講座を昨日開催しました。無事に開催し、終了したこと、参加してくださったお子様方、興味をお持ちいただいた方、本当にありがとうございます。

今回は、小学生元気キッズを相手に2時間、いつもとはまったく違った形での講座・・・白熱教室となり、私としては充実した時間を過ごすことができました・・・・が、一枚も写真を撮ることなく終わってしまいまして、みなさまとシェアできるような「絵」がありません すみません。

改めて。

フォニックスを学ぶっていいですね!
2時間はあっという間ですね

未就学児~小学生 については、フォニックスの基礎部分を学ぶだけでも簡単な単語の読み書きができるようになり、おもしろいと思います ただ、義務教育の英語教科1年目の読み書きを考えると、昨日の「はじめての読み書き」からもう一歩進んだフォニックスその2(と勝手に名付けますが)をやりたいところです

春休み・夏休みなどの長期休みに、2~3名のグループとか、場合によっては1名(マンツーマン)でも、ご要望があったときにフォニックス講座、やっていきたいなぁと思っています。ご意見・ご要望は、こちらで受付ております。

これ、大人も楽しいと思います 今年のママ講座で楽しく学べるようなプログラムを作りますので、近いうちにご案内をHPにアップいたします。

2019年度、来週からスタートします!
またよろしくお願いいたします。

このページのトップヘ