LEARNING IS FUN こどもが英語に&英語で夢中になる教室

バイリンガル輩出率100%を誇るサニーバニー式カリキュラムを採用し、2017年秋に静岡市に開校したこども英語教室Blue Planet Academy代表のブログ

タグ:こども英語

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

みなさん、お元気ですか?
教室の生徒さんはご存知かと思いますが、私、インフルエンザA型で1週間お休みをいただいておりました。急なレッスン休講にご対応いただき、ご迷惑をおかけしました。1回お休みをしてしまった分につきましては、今週のレッスンでご説明をさせていただきますね。そして教室生の保護者のみなさま、とてもお優しく・・・本当にありがたく思いながら、薬を服用して寝るという1週間を過ごさせていただきました。

インフルからの復帰一日目は日曜日。仕事ではなく、2か月後に卒園を迎える次男の保育園行事、お別れ遠足でした。年度替わりの時期、1年のまとめ期であり、新しいスタートを迎える時期に差し掛かってきます。

2020年度もキッズ英語を盛り上げていくぞー!!

というわけで、HPに新規生徒さん募集の詳細を載せました。
ブループラネットの生徒さんは少ないですが、サニーバニーカリキュラムを取り入れて以降、園児さんは100%全員、夢中で英語でのコミュニケーションを楽しんでいます! 小学生さんは英語力を総合的にあげるよう地道に頑張っており、簡単なコミックを理解、から、「英語で探究」目指して頑張っています!(英語で探究レベルまでいければ、さらにさらに英語が楽しくなり、ふたたび「英語に夢中」状態になることでしょう(^^♪)

まずは、お気軽に、なんでも疑問点等、お聞きください。

IMG_20190724_152114[4481]

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyです。
新年です みなさん、今年の目標を決めましたか?

私が今年やることは・・・「いじめをなくす活動」と「こどもが英語の魅力にはまる活動」です

2週間ほど、クリスマスとお正月のお休みがあり、こどもたちのレッスンが再開しました
サニーバニー式レッスンを導入後、「お休み後元に戻ってゼロからスタート」現象がなくなりました。
一応毎回心配するのですが、今回もそんな心配をよそに、こどもたちはむしろパワーアップしています
お休みの直前くらいに覚えた言い回しもしっかり定着し、アウトプットしている姿 感動です。

園児さんクラスを指導していて今週思ったことは、「遊びながら英語を身に着ける」ってこういうことなんだなぁーと。一般的に世間でもよく言う&聞くフレーズではありますが、実際それを実感できるレッスンは正直貴重なんじゃないかな?と思います。些細なことではありますが、やみくもにやるより、着実に!2020年もコツコツやっていきます この些細なコツはなかなかうまくみなさんに伝わらない部分でもあるので、2020年は、周りの方に協力していただきながら、「伝える」&「実感していただく」レッスンを展開していきたいと思います。

「いじめをなくす活動」についてですが。
こちらはまだまだ手探りで最初の一歩さえできていないのですが、色々な書籍を読んだり情報をインプットしていて分かったことは、いじめは「なくす」というより、「解決していく」ものであり、「解決していく」方法こそこどもたち(ここでは「こどもたち」とします。)全員が身に着けるべきスキルなのだということです。しかしながら、分かりやすいので「いじめをなくす活動」という表現は使いたいと思います。そして、いじめにフォーカスしたいわけでもありません。とにかく、自分が自分らしくあり、殻にこもることなく、好きなことを探究して成長していける「環境」を作っていきたいんです
(あー、言語化できたー

みなさんのお知恵や力もどうぞお貸しください。

2020年もよろしくお願いします
ホームページも徐々に整理していきますね。

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。
ブログはしばらくぶりです

当教室では、園児クラスの参観会を終え、保護者の方と面談を実施中です。
この面談が、さらにレッスンをいい方向に向けてくれているなぁと感じています!やっぱりコミュニケーションって大事ですね。こちらが思っている以上に敏感にストレスを感じていたり、はたまた、こちらが思っている以上に英語が大好きだったり・・・そしてここでも思うのが、保護者の方のお子様への愛!! 本当、これは素晴らしいです そして、わたしも、もっともっと子どもたちが愛しくなります

というわけで、各クラス、年度後半は更に力をつけています!

今週は、園児6名クラスでまずミラクルが
・・・ここは、同じ園からの仲良し組ということもあり、なかなか英語オンリーでレッスンをすすめることができなかったクラスなのですが、気づけば最近は英語オンリーで進めることができるようになり、レッスンの序盤で数を数える取り組みの際に、How many apples do you see? I see five applesみたいなやり取りをしてみたところ・・・、レッスン半ばから、絵本を開けば、I see (a) yellow star.だの、I see two presents.だの出てくる出てくる・・・・知ってる英語の発話 
DSC_1611[5856]
こういうのをチラッと見せて・・あれ、いまの何だった??みたいに聞き、2段階目の質問として、How many?を聞きたかったのですが、チラッと見せただけで、I see four Santa Claus.と答えてくれたり! 本当に感動でした。

続いて女の子園児さん4人クラスもミラクルです こちらは、比較的新しいお友達が、まだレッスン自体を好きになりきれていなかったのですが、ここ2回くらいですっかり慣れ、とても積極的になってくれるという、これだけでも感動していました。こちらは、レッスンの序盤で、先月の復習も兼ね、I like(野菜)because it's yummyのような発表をしていたところ、I like(おともだちの名前)を順番に言うということがあり、私もそれにのっかり、I like(おともだちの名前)because she is cute.などなど、好きなもの合戦がはじまりました。こんな感じで「脱線」することが、わたしのレッスンでは割とありますが、みんなの語彙が増えてこないと、脱線もできないので、誰かが出してくれたパスを私は生かしています 

参観や面談でもちょくちょく「日本語をしゃべらなくなっている」「英語をたくさんしゃべっている」という保護者の方の声を聞きました。これからも英語を積極的にしゃべっていけるレッスンを続けていきます!

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

ただいまブルプラでは、園児さんクラスのみですが、保護者様に頑張る子どもたちの様子を見ていただく参観会を実施しています。ブルプラ始まって以来、(たまーーーに、様子をご覧になる方はいらっしゃったものの)参観会という形は「初」の試みです!

これが想像以上に良いです!
何が良いって、「今日はおうちの人と一緒だ」という特別感!をこどもたちから感じ取ることができ、ドキドキワクワク・・・とっても嬉しそうに張り切っている姿を見ることができて、わたしはめちゃくちゃ幸せです(笑) いやーーーーー、良い 幸せ時間は、残すところ月曜日のみですが、引き続きよろしくお願いします。

いや、「参観」ってこちらも緊張するだろうし、準備も大変なのかなぁと思っていたのですが・・・、当然、準備はいつもと変わらないし、こんなにみんなのワクワクする姿を見られるという想像を超えた副産物がありました

そして、「特別」といっても、みんなの姿は実は普段とそんなに大きく変わらないです。お顔が普段よりほっこりしたり、張り切って早く教室に来てくれたり、Hello Songをめちゃくちゃ大きな声で歌ったり・・・とそんな感じです。
でもみんなは、普段から張り切ってレッスンにのぞんでくれていますし、盛んに発語しています ブルプラ自慢の園児さんクラスです 年度も後半なので、アルファベットは小文字の習得、発語も単語単語から、少しずつセンテンスにつなげていけるように促しています。また、読み書きも徐々に取り入れていきます。就学の前にやれることはやっておきたいですね これで小学生以降も英語が大好きなまま力をつけていくことができると思います やっぱり園児さんの時に始めるのは、私としては良いなぁと思いますね

そして、お母さまたちともっとしっかりお話をする「面談」の機会も設けました。
こちらも有意義な時間にしていきたいと思います


こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。
今月のテーマは「野菜」
そして今月の歌はこちらです↓
園児さんクラスで今月は毎回歌っていますが、こちらは盛り上がります

園児さんの生徒さんは、まだ気分にもムラがあることがあり、教室に来たタイミングであまり気分がのっていないことがあります。昨日はまさに・・・5人中3人がどんよーーーりしていました
もう、最初のハローソングなんて、元気よく歌っているのは1人だけ・・・まともに歌っているの子がもう一人・・・ほかの子は、立ち上がってさえいない、、、完全に心の準備ができていません

でもですよ?
私は動じませんし(笑)、私はハローソングと同時にスイッチが入ります
(ひとつ白状をするとハローソングの前はそんなにスイッチが入っていません。。。
というわけで、徐々にみんなのスイッチを入れていきます。たいてい序盤のカードでスイッチは入りますので、なんとなく元気なく教室に来てしまった子を送り届けたママがお迎えに戻ってくるときには、元気が戻っています

歌はレッスンの途中から終盤にかけてのタイミングで歌うことが多いのですが、今月はこの歌が最高潮に盛り上がります。Do you like○○?と聞かれて、Yes, I doとかNo, I don'tを自分の言葉かのうように表現できる感じが心地よさそうです できる子には、答え(Yes, I do.やNo, I don't.)だけでなく、質問も発語してもらいます。こうやって少しずつ会話の幅を広げていきます。

このページのトップヘ