LEARNING IS FUN こどもが英語に&英語で夢中になる教室

バイリンガル輩出率100%を誇るサニーバニー式カリキュラムを採用し、2017年秋に静岡市に開校したこども英語教室Blue Planet Academy代表のブログ

タグ:キッズ

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

年度末・はじめでバタバタしていますが、そんな中でも今日はちょっと脱線です

昨日近所のスーパーで「チーズ&ステーキパイ」なる冷凍食品を見つけたので試しに自分の分と息子の分を購入、さっそく昼食にしました。比較的珍しめのものを見つけると試す方なのですが、チーズ&ステーキパイについては、なつかしのニュージーランドを思い出して買ってみました もしかして私が知らないだけで珍しくもないのかもしれませんが、食事パイについては、私は、ニュージーランド以外ではあまり見たことがないです。

そのニュージーランドも、私が滞在していたのは、いまや何年前かもわからないくらい昔です
なので私の情報はかなり怪しいですが、少なくとも私の記憶では、ニュージーランドでは、ミートパイやチキンパイ、マトンパイなんかがどこにでも売っていて、サンドイッチの生野菜が苦手な私は、このパイが好物でよく買っていました あまりになつかしくチェーン店だった「ジョージパイ」を検索したところ、、、、なんと!98年に潰れてしまったらしい え・・・そうだったんだ で、時を経てマクドナルドで復活したのだとか。

近所のスーパーでゲットした冷凍ミートパイは・・・ん・・・まぁ特に美味しくもなかったですが

今日は「ミートパイ・アイスクリーム・サマータイム等」というタイトルにしてみました。
ニュージーランドは、高校3年生で1年間滞在したので、色々と思い出すことがあるのですが、食べ物でいうと、アイスクリームにもハマり、毎日のようにたくさん食べていました 当時から日本にもあったのか、記憶にないですが、冷凍庫を占領するようなドデカイ入れ物に入ったアイスクリーム とーーーーってもおいしかったですね。名前を忘れちゃいましたが、棒のアイスで帰国直前に気に入ったものがあり、とにかく最後はそれを食べよう!と友達と最後の思い出を作った記憶もあります

あとは、サマータイム。
これはアメリカにいたころも経験しましたが、アメリカ時代は寮に住む大学生だったので、特にサマータイムで変わったことをした記憶はないのですが、ニュージーランドではのんびりしていたので、サマータイムは満喫しました 最初は、ホストファミリーとビーチに行って「なんて優雅なんだ!」と思ってみたり。別のファミリーのお宅にお世話になっていたときは、そこのファミリーがスポーツ一家だったので、食事を早々に済ませ、「ソフトボール行くぞー」とかありました 遅くまで明るいことで、夕方~夜が楽しめるを体感したのでした。

日本でサマータイムを導入して、果たして夕方~夜が楽しめるのかは・・・疑問ではありますが、もうここ20年以上もずっと私が思っていること・・・ ゆるく・楽に・楽しく そんな生活がいいな、と。

あれからずいぶん時が流れ、時代も変わったと思います。
いまのニュージーランド、見てみたいですね。
先日のテロ事件の報道、首相のメッセージ、私の場合は、思いっきり偏見なのですが、やっぱり大好きな国として見ていました。

今年は留学部も少しずつ準備を進めますが、情報をアップデートし、子どもたちが有意義な時間を過ごせるようなエージェントとなることを誓います!
以上、年度初めの雑談・脱線で失礼しました

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyです。

今月はクリスマスモード全開です。
前回のブログで、今月はRing the Bellという歌を、ベルを鳴らしながら歌っているということをお伝えしました。

ベルを鳴らしたかったので、100円ショップでクリスマス飾りとして売っているベルに、どうにか鈴をつけてリンリンなるベルを作りました。

_20181214_141523[2273]
ちょっと写真では隠れてしまって分かりづらいですが、ベルについていた、ツリーに飾るためのモールをそのまま持ち手として使い、かわいらしい音ですが、一応リンリンなります。

かわいらしいベルを実際に「鳴らす」という「楽しい」作業をしながら英語を覚えます

ここでちょっとしたアクティビティーをご紹介します。
ベルの後ろにカップが写っているかと思いますが、こどもたちにはベルとカップをひとつずつ渡し、

Ring the bell

・above the cup
・under the cup
・behind the cup
・on the cup
・in the cup

を理解し、分かった次のステップとして、それぞれ言えるように練習します。
はじめはリピートですが、段々と覚えていきますし、覚えた次には、使えるようになっていきます。

「理解する」
「一緒にやってみる」
「言ってみる」
→「(理解したうえで)言う」

という感じですかね。
今月はこんなレッスンをしています。
レッスンの中では、時間にすれば数分のアクティビティーですが、こども英語レッスンとしては、未就園児さんから小学生まで、割と楽しく取り組めるものかと思います。おうちでも、いろんな場面で応用できるかと思いますし、特別なものを用意しなくても取り組めるかと思います。

今月の絵本である Where is Baby's Christmasにもたくさんの前置詞が出てきます。



年内のレッスンはあと1週間です!最後はクリスマス会をイメージしたゲームもやる予定です

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。


毎週火曜日、実は非公式で園児グループのレッスンを行っています。
DSC_0458[1991]
新チラシにも載せたこのグループ、うちの息子の保育園の子たちなのですが、お迎えスタッフにヘルプをお願いし、わたしも一緒に園に迎えに行って、当教室で通常の園児レッスンより遅い時間にレッスンをしています。

ずっと以前から思っていたことなのですが、これだけ共働きが主流のいま、習い事の送迎は難しいです。わたしは、教室を始める前はフルタイム勤務だったので、やはりそこは悩みでした。共働きの家のこどもは土日や遅い時間に習い事をしたり、祖父母のヘルプを借りたりのパターンも多いですね。

教室をはじめるにあたり、お迎え付きコースを作りたかったのですが、色々検討してもやはり一人の力では難しく、いまは、せいぜい息子の通う園のご要望のある方に限って、細々とお迎え付きコースをやっています。

というのが前置きでして・・・

さて、このコースは、徒歩と電車を使って移動するため、みんなに安全に移動してもらわないといけません。
なので、危なくなりそうになると注意をしたり、こちらでコントロールしたりするわけなのですが、レッスン時間より前に教室に着いたので、

『どうしたらみんなが安全に移動できると思う?』

と考えてもらいました。

みんなの反応としては、黙っている子、なんかよくわからないけれど興奮してふざけている子(笑)もいましたが・・・

走らない、静かにする(電車の中)とか、いつも言われていることを挙げる子もいて、

で、気づいたんです!しばらく考える時間・・・と間をとっていると、

「で、これの答えは?」「答えはいくつあるの?」と、みんな固定された解答があると思って聞いてくるんです。

いやいや、「こうしなさい」ってトップダウンで言いたいわけじゃないんです。
もちろん、安全マニュアル的に大人が思うことは、わたしやヘルプの方は普通に教えたり実践するんですが、それは大人の都合というか常識の話なので、置いておいて、そうじゃなくてみんなはどう考えてどう実践するか!なのです。

だから答えなんてわたしは用意していないし、幾つかあるかなんて知りません(笑)
もしかしたらみんなは大人よりいいアイディアだってあるかもじゃないですか。

「じゃ、また来週考えよう、はいレッスンはじめまーす。」と言うと、みんな、「あれ?」みたいな表情をしていましたが

こうやって少しずつですが、レッスン前とかにみんなでお話したり、考えたりすることも、このお迎えコースに限ってではなくやっていたりします。(必ずやるわけじゃないです。) 園児クラスだと特に、少し早くみんなが集まることもあり、みんなのお話を聞くこともあります。日本語でコミュニケーションできる楽しい時間ですね。

※この火曜日の園児コースですが、非公式にしていますが、クローズドグループではないです。
もしも、お子様が年少・年中・年長さんで、16:30からのレッスンをご希望され、ご自身で送迎可能な方がいらっしゃれば一緒に受けていただくことも可能です。こちらも別に仲良しグループではありませんし、場合によってはメンバーの入れ替わりもあると思われます。

新チラシです。結構気合入れました
img002 (2)
img003 (2)





こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

秋季は年度の折り返しですね。ブルプラの教室は8月を除く11ヶ月で年間40回のレッスンを行っています。今週は月曜をのぞく曜日で調整休のため、私はハロウィンの片づけや教室の整備、来月のレッスン準備と並行して、前半の振り返りや後半の戦略、そして来年度にむけてのレールをつくる時間を過ごしています。

・・・いやー、時間がもっともっともっと欲しいですね

ブルプラは1周年を迎え、長い子は英語学習歴1年となりました。
今年度4月からは、より英語力向上にこだわるため、東京でバイリンガル育成100パーセントの実績を出しているSUNNY BUNNYさんのカリキュラムを取り入れてレッスンを行ってきました。
その初年度前半戦の成果を少しずつみなさんにお伝えしていきたいと思います。

今日は、絵本編です。

ブルプラでは、みなさんの家計の負担を最小限にすべく、教材費はいただいていません。
ですが、1点、市販の絵本セットをお買い求めいただいています。
ミニ絵本が25冊とCDがついているセットなのですが、この絵本セットの中から毎月1冊をレッスンで読み、また、おうちでも練習していただいています。
_20181101_121627[1982]
この取り組みは、園児クラスと小学生クラスで行ってきましたが、全てのクラスで成功しています

園児クラスのおともだちも、月の後半になるとだいたいは暗記できていて、1冊を自分で読めるようになります。
毎回発表を促すのですが、読めても読めなくても、元気よくチャレンジするのが園児クラスのとってもよいところです そしてそのうちに上手に読めるようになっていきます。園児クラスは新しい子が多いのですが、長い子は半年強くらい取り組んでいるこの取り組み、その月の本だけではなく、前に読んだ本や、自主的におうちで練習してきた好きな本をまとめて数冊読みにチャレンジしてくれる子もいます。
良質のインプット(輸入本を使用しています。)は、英語の基礎・センスを育てます

小学生クラスは、おうちでの練習が進まない子もやっぱりいます。
ですが、どのクラスの子もこの取り組みは本当に頑張っていて、国語の時間の音読のように発表していますが、その時間だけでも繰り返し声に出して読み、それを他の子は耳で聞く、という時間になっています。ちょっとつまると、おたがい助け合っています。

ブルプラではこんな絵本読みカードがあります。
_20181101_100206[1980]

ちょっと前までは得意な子が挑戦していましたが、いまではみんな挑戦できています。
進捗はそれぞれのレベルですが、英語を理解すると読めるようになるのもまた早くなり、忘れにくくもなるなぁと、小学生クラスをみていると思います。

ちらっと上の写真にもうつっていますが、使用している教材はこちらです。

園児クラス


小学生クラス

絵本は絵を見て想像できる点が本当にいいと思います。



こんにちは。静岡市 こども英語&国際交流Blue Planet Academyです。

英語が少しずつでもできてくると、国際交流や英語でアクティビティーができるようになるので、どんどんチャレンジしていきたいなぁと考えています。しかし、入門段階では、まず英語を少しずつ理解していくことが第一です 

そんな中でも先週今週の小学生クラスは、シンガポールのドリルやりました
ドリル
これ、結構子どもによって理解に差がありました。

数に親しむのにいいドリルだと思いますが、〇〇and△△make××という英語の表現が子どもたちにとって理解可能なのがいいですね せっかくなので、来月のフラッシュカードにしてこの表現をマスターしちゃおうと思います

singaporeドリル

少しずつ算数も進めていきます

このページのトップヘ