こんにちは。静岡市 こどもの英語力と国際基準を育てるBlue Planet Academyです。

なかなか生徒さんが増えなかった園児さんクラスですが、木曜日を中心ににぎやかになってきました。
園児クラスといえば、英語が飛躍的に伸びる可能性のあるクラスだと思います
この時期にはじめることで、まねっこをしながら吸収し、同時にアウトプットの練習がスムーズにできます。

教室でよくやるかるたゲーム
_20180615_094341[1231]
(ちょっと前の写真ですが。)

カルタなので、要は単語を聞いて”これだっ!”ととるゲームですよね。
よくあるのは、先生が単語を言ったのを聞いて、ただ取り合いをするっていうパターンだと思います。
単語を知っていないと取ることができないので、これはこれで一つの方法ではあります。
でもそれだとあまりアウトプット(実際に英語を使う)練習にはならないし、英語脳にもなっていかないめ、”Where is○○?””I found it!"と言いながらゲームをすすめたりします。
この、”Where is○○?”や"I found it!"はカルタではない別の場面でも使えたり活きてきたりするフレーズでもあります

ここが公教育ではなかなか難しく、少人数英語教室ならではのやり方ではないかな、と思います

でもここまでやったとしても、場合によっては割と受動的です。
やっぱり「聞いてわかる」からもう一歩脱却したいところです。

そしてそれがとっても自然にできてしまうのが園児さんたち
教室に早めに到着すると、早く遊びたい!ので、先生役になって”Please touch a cat"と指示を出していたり、なんでもコピー→アウトプットできてしまうのです。

というわけでレッスンの中でもどんどんこどもたちに先生側の発言をしてもらえるような機会をつくっていきます。
_20180615_093812[1229]
_20180615_093903[1230]
はらぺこライオンになって食べ物を持ってきてもらうアクティビティーをしています。

まだごにょごにょ言っているだけの子もいます。
ごにょごにょごにょごにょ・・・・・  GOOD TRYです!!

どんどん「使って」行きましょう!!