LEARNING IS FUN こどもが英語に&英語で夢中になる教室

バイリンガル輩出率100%を誇るサニーバニー式カリキュラムを採用し、2017年秋に静岡市に開校したこども英語教室Blue Planet Academy代表のブログ

タグ:国際交流

こんにちは。静岡市 こどもの英語力と国際基準を育てる英語教室Blue Planet Academyです。
昨日は、元シェフのゲスト講師による英語でピザづくりイベントを行いました

天気もなんとかもち、(途中雨がぱらついたようですが)無事にイベントを終え、みなさまに感謝です
collage-1528687654415[1226]
今回は、ハンガリー出身の元シェフの方だけでなく、交換留学で日本に滞在中の3人の高校生ゲストも来てくれました。出身は、アメリカ、ハンガリー(ふたたび!)、フィンランドです。
参加者のみなさまには資料として、ピザ生地やトッピングの材料(dough, flour, salt, dry yeast, tomato, bacon, cheese, pizza sauce, green pepper, mushroom, cornなどなど)の単語と、ピザづくりで使えそうなフレーズの紹介をし、アメリカ人ゲストの発音を聞いての発音練習、そして実際に自分で好きなトッピングをのせてオリジナルのピザを作りました

手作りピザは絶品で、余裕があった子は2枚目も作ったり、ママやパパの分も作ったりしました。
ピザが焼けると、先生がお名前を呼んでくれて、your pizza's ready!と言って手渡してくれ、みんなも目を見てThank youと言えましたね。みんなにとってとてもいい経験になったように思います。

これからも楽しいイベントをどんどん企画していきたいと思います。
来ていただいたみなさま、ありがとうございました。



こんにちは。静岡市 こども英語&国際交流 Blue Planet Academyです。
パソコンの調子が悪く、なかなかブログが書けませんでした。。。すみません
(ちなみにパソコン、なおっていません Edgeが使えないのです、、、)

さて、2018年度カリキュラムがスタートし、1週間が過ぎました。
今年度は当教室としても出発の年度となり、益々気合を入れてダッシュしていきたいと思います

色々気合を入れている部分はあるのですが、今日は、小学生クラスに今年から導入予定の『国際理解スナックパーティー』について書きます。

今年度の小学生クラスは年間3回、英語レッスンは行わず、主に日本語で国際理解を深めるレッスン+スナックパーティーをしたいと思います。新しい試みなので、ドキドキですが、色々な国や文化などに焦点をあてて学んだり、英語レッスンでは(特に初級レベルだと)カバーできないけれど、ぜひ学びたい海外流の勉強だったり、時にはゲストをお呼びしたり、いつものように私が担当したり、、、、とにかくやってみないことにはなかなかご紹介できないので、その都度このブログで様子を伝えていきたいと思います。

一点ご理解いただきたいのは、クラスごとに違うレッスンをする可能性があるということです。ゲストを呼ぶ会の場合、同じゲストに全曜日の全クラスに来ていただくことが難しいこともあります。例えば、月曜クラスは、エクアドルについて学んだけれど、火曜クラスはシンガポールについて学んだ、とか。水曜クラスは、アメリカ人ゲストと学んだけれど、木曜クラスはマレーシア人ゲストと学んだ、とか。ゲストを呼ぶ曜日と呼ばない曜日があるかもしれません。内容に違いはでるため、「平等か」と言われると返答に困りますが、「国際基準の子どもとなる」というゴールに対しては、平等です。

年度が始まったばかり、年間計画表もお渡ししたばかりなのですが、、、

当初、第1回目の国際理解デーは、7月の最終週を予定していました。当教室では、8月はレッスンを休止し、任意のイベント等のご紹介をさせていただくことになっておりますので、ちょうど休み前の「お疲れさまでした会」のようにするのがいいかと考えたからです。

ですが、ちょうど第1回目の国際理解デーで「これをやろう!」という題材があり、申し込みをしました。

これです→ 『世界一大きな授業』 世界の教育の現状と改善に向けたアクションを学べる(←HPの説明による)授業です

今回は私のレッスンとなるため、曜日ごとの違いはありません。「世界一大きな授業」事務局が作成し、送ってくれている教材を低学年でも楽しめるように私がアレンジしたものを使います。楽しみですね

学校の勉強のような雰囲気は出したくないため、お菓子あり、飲み物あり、ミュージックあり、な感じでノビノビと学びたいと思います

さて。。。これによって、本当は6月末ごろに、第一弾のビデオ撮りをやり、リアル国際交流をしようと思っていたのですが、、、最低6月くらいまでのカリキュラムを終えてからのビデオ撮りにした方がいいと思うので、こちらを夏のプロジェクトにしようかと思います

では、本年度もよろしくお願いいたします








こんにちは。静岡市 こども英語&国際交流Blue Planet Academyです。

昨日は、ブルプラ(←私だけがたまに使っている短縮系)初の交流イベントを開催しました

みなさまにご紹介したい絵本がたくさんあるので、それを用意しつつ、絵本の読み方だったり、ポイントだったりを伝授!、、、と思いましたが、ここの部分は今回あまりお伝え出来ませんでした。やはりこどもが多く集まる場ではなかなかゆっくりとはいかないので、今後も少人数の会や、プレママ・ママ講座などでみなさまにたっぷりお伝えしていければと思います。
forjanuary21
絵本はいいなぁと本当に最近思います
来月からの赤ちゃんクラスの絵本、検討中です。

話がそれましたが、昨日のイベントでは、絵本の紹介や、実際にミニレッスンで絵本を読んだりしつつ
4

みんなで名前を聞き合うアクティビティーをしたり、
5
(お互い自己紹介をしてシールを集めているところ。いくつ新しい出会いがあったかな?)

♪London bridge is falling downを歌って遊んだり
1

フリータイム~ で、ボードゲームやカードゲームなど、国籍豊かなゲストの方々と遊んだり
2

最後は、お越しいただいた外国人の方に日本の遊びを!ということで「はないちもんめ」をしました。
(狭い教室にごった返してしまい、写真はないです

みんな楽しく遊べてよかったね!!

気付き:今回ゲストにお越しいただいたのは、フィリピン、バングラデシュ、ネパール、スリランカより計5人 こどもたちも新しい出会いが楽しいそうでした。自己紹介アクティビティーでは、レッスンでは、What's your name?  I'm ~ を練習しましたが、実践の場では、こどもがゲスト外国人にWhat's your name?と聞くと、ゲスト外国人が、My name's 〇〇.  What's yours?と聞いていてこどもが??となっている場面をみました 練習したとおりにはいかない! 実践ってリアルですね~。それでも、リアルなコミュニケーションは、1対1その場でなんとかする! ゲスト外国人もアクティビティー中のこどもも、その後ちゃんと名前を言い合えました なんとかなる!これも1対1実践のいいところですね。

3

ありがとうございました♪

こんにちは。静岡市 こども英語&国際交流Blue Planet Academyの鍋田です。

今年初のイベント、「絵本&ゲームで国際交流」の開催がもう今週末
というわけで、準備を進めております

まずは、絵本 やっぱり絵本 こども英語は、絵本 というわけで、イベントでは絵本のご紹介や、普段の英語教室での絵本の読み方、おうちでの読み方のご紹介なんかもしていきます
年齢の小さなおともだち向けのハードカバー絵本や、CTP・ORTシリーズなんかもお手に取ってご覧いただけます ざっと本日用意いたしました。
forjanuary21
絵本関連の大人の読みものも

ミニレッスンでも1冊読みます。

ミニレッスンの内容も検討しました。
今回は、ゲームで使えるよう、色・数字・動物を中心に基礎単語を入れていきますよ

そして、今回はゲストをむかえての国際交流 
日本人も日本人以外も英語で自己紹介をしつつ仲良くなりましょう~~

今回ゲストにお迎えする方の国籍は、フィリピン・バングラデシュ・ネパール・スリランカの方々です 

最後に日本の遊びもしましょう~。予定しているのは、「はないちもんめ」と「ハンカチ落とし」です

あー、とっても楽しみ。

そんなイベントにあと若干名受付が可能です。
ホームページよりご予約ください

みなさま、あけましておめでとうございます
2018年になりました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。


さて、年末年始、こども英語教室のことで色々やるべきことが山積み、、、なのですが、ひとりでは一日にできることが限られており、(これは、個人で仕事をするようになって本当に痛感します。)また、こども達も休みに入ったことや、年末年始ならではのイベントごともあり、私も役所と同じカレンダーで休みということにしました。(つまり今日まで休みですね。)


休みは、こどもと遊ぶという仕事もあり、お正月をぐうたら過ごすという習慣?もあり?、年賀状作成以外はパソコンもお休み。アナログに読書をしました。読んだ本2冊を紹介します。


1冊目。

斉藤淳先生の話題の新刊。わたしは、斉藤先生の本は3冊目です。こどもの英語教育について考えている方に、こどもの年齢問わずお勧めです。これを読んで、わがBlue Planet Academyでは、デジタルな部分の補強が必要だなと感じました。とにかく英語教育をすすめていく上での教科書となる本です。先生のお考えのように、塾の必要性がなくなるほど、公教育で英語が正しく教えられるように早くなってほしい、そうあるべきだと思いました。まずは、教科化される小学校英語の軌道修正ですね。私も小学校英語(公教育)についてももっと知っておきたいですし、知っておくべきですし、Blue Planet Academyの子たちが、うまく力を発揮できるようにとにかく勉強と研究を続けます

2冊目。

こちらは書店で偶然見つけた本ですが、こちらも出たばかりでした。で、これが本当に衝撃でした。
いや、序盤は悪口ばかりに感じ、気分が悪くなってもう読むのをやめようと思ったのですが、口コミをもう一度見て、ちょっと我慢して読み進めたところ、「そうだ、教育ってこうあるべきなんだ!!」と教育オタクとしては夢中になって読んだのでした。そしてこれから未来を生きるこどもたちが受けるべき教育について本当に考えさせられました。(こちらの先生が作られた学校は、英語とプログラミングに重きをおいている学校です。これからの英語の重要性、グローバル精神を持つことの重要性を改めて知りました)

いま感じていることを書くと、ものすごく長くなってしまうので、続きは次回とします。

本年も、こども英語&国際交流Blue Planet Academyをどうぞよろしくお願いいたします。



このページのトップヘ