LEARNING IS FUN こどもが英語に&英語で夢中になる教室

バイリンガル輩出率100%を誇るサニーバニー式カリキュラムを採用し、2017年秋に静岡市に開校したこども英語教室Blue Planet Academy代表のブログ

タグ:小学生

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

英語教室も2週間程度の冬休みが終わり、今週からレッスンがスタートしました
みんないいお正月が過ごせたようで嬉しいです。
個人的には、「雪だるまつくった」というのが羨ましかったです
静岡は雪が降らないので、、、、なのですが、やっぱり降らない方が生活は楽なので、雪かきが必要な地域の皆様の労力を考えると、心苦しいです。

さて今週のこども英語のレッスンはすべて終えました。2週間のブランクの後のレッスンは、どうかな?と心配していましたが、一言で言うと、みんな素晴らしかったです ホント、昨日は感動して泣きそうになりました
というのも、今だから言えることですが、教室をオープンした当初、2週間の空きがあれば、「今までやってきたことは何だったの??」というくらいスタートに戻った感がありました そして他のお教室の先生のブログを拝読して、「休み明けでも素晴らしかったです!」みたいなご様子を知って落ち込んだり・・・
そういえば、1か月ブランクの夏休み明けも心配していたほどではなかったのですが、この冬休み明け、スタートに戻るどころかさらなるパワーアップさえ感じ、確かな手ごたえを得ることができましたーーーーー

昨日の園児クラス、そして小学生初級クラスの感動ポイントをシェアさせてください。

園児クラス
出席者3名、一番長い子でも通学歴8ヶ月。

お天気の場面で、私のHow's the weather today?を合図に、

It's cloudy.
No, it's sunny.
It's not sunny, it's windy.
It's sunny.
No, it's cloudy.
It's not rainy, it's not sunny, it's cloudy.

・・・・つづく

こどもたち3人で、こんなディスカッションがはじまりました

レッスンは夕方だし、教室からはいまいち外の天気が分かりづらく、はっきり言って天気は晴れでも曇りでもなんでもいいので、「今日の天気」はひとつには決まりませんでした。(こういうことはよくありますが、ここまできれいにこどもたちだけでディスカッションの形になったのは初めてでした

小学生クラス
出席者4名 長い子は通学歴1年3ヶ月

今月の新出単語の中にbookshelf(=本棚)というのがあり、レッスンを通じて何度かこの単語を登場させていましたが、みんなそう簡単に覚えられず、bookの後に何かつくんだったな、、、、のところでとどまってしまっていました。3度目くらいに登場した時、「あーーーなんだっけーーー?」と思ったのか、一人の子が私の横のフラッシュカードを取って (ここらあたりの椅子に座ってじっとしていない感じは少し目をつぶってほしいのですが) 講師用に裏に書いてある文字を発見しました。残念ながら初見では自信を持って読めなかったようで、Hint, pleaseと言われましたので、フォニックス読みをしようと、sh e l fに分け、それぞれの音を確認。SHELF!! の声でました 

実はこのクラス、フォニックスの理解がいまひとつだなぁと感じていただけに、キターーーーーー、読めたーーーと思いました 

(ちなみに、小学生なので、音だけでなく文字も並行して覚えるやり方でもいいのかもしれませんが、なるべく、「これ(絵または実物)」=「これ(耳で聞く英語)」というやり方をして英語脳に近づけています。)

「読めた!」もそうなのですが、みんなの英語に向かう気持ちだったり、楽しく学ぶ姿勢が嬉しかったです

こんな感じで、英語に夢中になれる教室にしよう!と心に誓いつつ、いいレッスンはじめとなったことのご報告でした。

仲間はまだまだ募集します!こちらで体験会のスケジュールをご確認ください。







こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyです。

当教室では、フォニックスに力を入れていると言いながら、ここしばらくは地味に、ジョリーフォニックスの基礎の前半をカードで確認するとりくみを行ってきました。

※フォニックス ・・・英語において、綴り字と発音との間に規則性を明示し、正しい読み方の学習を容易にさせる方法の一つ。英語圏の子供や外国人に英語の読み方を教える方法として用いられている。  (ウィキペディアより)

というわけでこどもたちは、基本42音のうちの半分を大体マスターしてきました。
私がしつこく&派手に nとmの 発音の仕方の違い (nは歯が見えるように mは口を閉じる)を強調するため、このふたつの発声は、だいたいみんな完璧です

しかし、アルファベットを見て、その音を言えるだけでは、本当にフォニックスの第一歩を少しやりました、というレベルにすぎません。フォニックスを使って、英語が「書ける」、英語が「読める」までできてはじめてフォニックスをやりました!というレベルになります。

今月のテーマは、乗り物

というわけで、今月の単語の中から、フォニックスの初歩でも綴れるものをピックアップして、クイズをやりました。
DSC_0776[1781]
DSC_0778[1782]
こういうクイズにすると、単にワークシートの問題を解くより、楽しい雰囲気になります。
アルファベットマグネットを使うと、まだアルファベットが書けない年齢のおともだちでもできます
ブルプラの園児クラスのおともだちは、まだ英語をはじめて間もない子が多い関係で、まずは、フォニックスカードのアルファベットと同じアルファベットマグネットを探す遊びからしています。

しかしこういうのをやると、、、、tとかnは簡単、でもrはちょっと難しい と感じている、といったようなこともよくわかります。そしてこういう遊びを踏まえて、小学生クラスは今後、ワークシートもやります。

「英語が書ける」の第一歩ですね。

※補足 trainは4つの音で構成されています。3番目は、ai。文字は2つですが、この2つの文字で「エイ」(表記がカタカナですみません。)というひとつの音です。これは、基本42音の後半に出てくる音のため、まだみんなには定着していないため、私がホワイトボードに書き、その他の3つの音をあてるクイズでした。

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyです。
更新が遅くなりましたが、先日、サマー短期プログラム小学生Bコースも無事に終了し、今年のサマープログラムはすべて終了となりました。ありがとうございました。

色々な思い等は別で書くとして、、、Bコースのレポートです!

小学生コースの方は、プログラムの半分ほどは、「おおきなかぶ」の劇をやりました。
_20180824_120405[1574]
絵本やCDの効果音などでイメージをふくらませます。

小道具やちょっとした演出などはこどもたちが考えるため、AコースとBコースでは違った劇ができあがりました。
_20180824_120547[1573]
幼稚園・保育園・小学校等でおなじみの「おおきなかぶ」
お話を知っていることで、全部英語でも動きの想像ができ、セリフが生きます。

この劇、come and help usという文言が繰り返し出てきます。
登場人物も、dog, cat, mouseとわかりやすいのもいいです。

turnip(かぶ)、seed(たね)は、おそらくこどもたちははじめて聞く単語だったかと思います。ただ単語を覚えるより物語の中で覚える方が頭と体に入っていきます。

pull, pull(ひっぱる)なんかは、ジェスチャーごとからだで覚えます。

劇のほかにも、他のレポートにも登場しているシャボン玉やクラフト、キャンプごっこもやりました。
DSC_0675[1576]
_20180824_120241[1575]
ありがとうございました。

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyです。
サマーは、盛沢山なため準備にとても時間をかけており、私としてしては目が回る日々です
というわけで、更新を怠っていましたが、小学生Aコースも無事に終了しました。


小学生コースのメインは、「おおきなかぶ」の劇です。
でも劇だけではなく、やはり、キャンプごっこをしたり、シャボン玉もやりました!
キャンプごっこに関連をし、クラフトもやりましたが、みんなすごく集中して作っていましたし、ゲストネイティブ講師の話しかけにも英語で答えられていました

「おおきなかぶ」は3日目はビデオ撮り兼発表をし、お時間のある保護者さまにも来ていただけました。
ご案内が直前になってしまったにも関わらず多くの方にお越しいただき、ありがとうございました。
今回、ブルプラ初の劇指導となりましたが、いかがだったでしょうか?
こどもたちはよく頑張ってくれたと思います

・・・こちらはすみません、写真を撮り忘れました
動画はなんとか撮れたのですが、どうにか参加の保護者様限定でシェアできればと思っております。
少しお時間いただきます。

クラフトの時の様子です。男の子たち。
DSC_0587[1563]
そして女の子たち。
DSC_0586[1562]
このプログラムがお昼に終わり、解散をしましたが、すぐにまたこどもたちに会いたくなりました
「また来たい」との声もいただきましたが、ぜひまたお会いしたいなぁと思います!
本当に素晴らしいこどもたちでした!


こんにちは。静岡市 こどもの英語力と国際基準を育てる英語教室Blue Planet Academyです。静岡市は梅雨入りしたようですね。恵みの雨ですが、みなさんが教室に来られるときには大雨でないことを祈ります

さて、英語教室では 少しでも たくさん英語を話すこと + 日本語は話さず英語脳にすること を2大テーマに日々レッスンをしております。

午後のクラスでは、まずレッスンのはじめに 教室のルール(=みんなの英語が上手になるための秘密)6つの確認からレッスンはスタートします。ルールは、すばり

1)No Japanese ・・日本語は話しません
2)Let's try・・なんでもやってみます。がんばります。
3)Big Voice・・大きな声で発言します。
4)Be nice to friends・・おたがい仲良くします。
5)Be careful・・ケガしないように気を付けます。
6)Have fun・・最初から最後まで楽しくレッスンします。

です。

教室内に一歩入ったら日本語禁止というお教室もあるかと思いますが、うちの教室の場合は、レッスンのはじまりのHello Songから最後のGood bye songまでの間と定めています。

幼児クラスくらいまでのおともだちの場合、日本語はダメだよ!というNoの形より、英語をいっぱい話そうね!の形から頑張っていくほうがいいように思います。まだあまり「日本語」とか「英語」といった区別をしているわけではないので、「英語を話すことが楽しいんだよ!」と分かってもらえるように、そこに意識をしていきたいと思います

小学生クラスの場合、「日本語はやめて英語で、頑張る」ことを意識してもらおうと思っています。
色々段階的に導入しているのですが、教室開設時は「ルールの設定と確認」のみの状態でした。それからすぐに星制度(個人の名前の下に☆5つ書かれている状態からスタートし、ルールが守れないときは☆が消され、たくさん英語を話していたり、良い行動をしたら☆が増える仕組み)が導入されました。

いっぱい日本語をしゃべってしまっているときは☆を消していくのですが、、、、こうだからダメだよ、これもダメだからマイナスだよ、、、みたいなのはこどもにあまり良くないということと、うっかり少し日本語が出てしまって星が次々と消えていくというのもやる気がなくなるだけだろうな、と思って実際に☆はあまり消えません。危ないことやおともだちに嫌な思いをさせているときには即消えますが。

というわけで、しばらくNO JAPANESEのルールについては、少し緩く見守っていた状態が続いたため、少し前から、小学生クラスについては少しでも日本語が聞こえたらカウントするようにしました。5カウントで☆がひとつ消えます。ゲームみたいにワイワイやっていて、うっかり日本語が出てしまって私がカウントすると、みんなリアクションしていて面白いです。それまで諦めたように日本語が出ていたおともだちがグッと意識をするようにもなりました。

ですが、やっぱりこのマイナス方式、、、どこか引っ掛かります
というわけで登場したのが、キラキラマグネットです

DSC_0255[1218]

まぁ100円ショップのリボンをマグネットに貼っただけ、写真にしてみても特に”お!”という感じもしませんが
でも こどもたちは ”お!!!”と反応し、このキラキラはなんだ?どうしたらもらえるんだ?という反応です。

どうしたらもらえるか。

こちらが”お!”と思うような、高度な発言をしたらもらえます。これは個人の名前のところにもらえるのですが、クラス対抗にしようと思っています。少しクラスによるばらつきも出てきたため、同じクラスはチームとなってほかのクラスを意識してもらおうかなと思います。

とりあえず昨日試験的に導入しまして、昨日は1つという結果でした。
(いいね!という英語発言については、個人の☆を増やしていますが、それを超える高度なときのみキラキラがもらえます。)

そしてこれはチーム対抗にしたので、Hello SongからGood bye songまでを英語のみで完結できたときにもチームにキラキラマグネットを進呈したいと思います

さぁー、どうなるでしょうか



このページのトップヘ