LEARNING IS FUN こどもが英語に&英語で夢中になる教室

バイリンガル輩出率100%を誇るサニーバニー式カリキュラムを採用し、2017年秋に静岡市に開校したこども英語教室Blue Planet Academy代表のブログ

タグ:小学生クラス

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

前回のブログで『自分の自己肯定感を高め、他者を認め、チームとしてうまくやっていけるのか』というのが当英語教室としても目指すべきゴールなのだと自分にも言い聞かせ、確実に達成すべきゴール、ということでみなさまとシェアしたわけなのですが。

未熟な状態だと、「自分だけよければいい」とか「自分はできた(やった!) でもみんなはできない(だから自分すごい、けど、みんなはそうじゃない)」 みたいな状態に陥りやすいです。

これを少しずつ改善していきたい・・・少年野球チームじゃないですが、個人の技術向上は大事 しかし、チームとしての技術の底上げ、ブループラネットチームとしてみんなが技術向上することはとても大事なので

というわけで、昨日の小学生チーム(←もう「チーム」と言っちゃっていますが)。

絵を見て3文字の単語を書くプリントをやりました。
cat, bed, dog, mug, netなどなど。。。

このレベルだと、スラスラ書ける子もいれば苦戦する子もいます。
大体の子は、何問か苦戦しますが、フォニックスをおさらいしながら自力で解いていきます

昨日のチームは、スラスラ書ける子、何問か苦戦するけどまぁまぁな子、割と苦戦する子で構成されていました。
スラスラ組、まぁまぁ組が終わると、苦戦組が残るわけです。
フォニックスシートの登場です。
jolly phonics
catなんかはみんなスラスラ書けるんですが、例えば、bedは日本語英語の影響か、betになってしまったりするんですね、、で、b eまで書いて最後の文字が書けていないと、もう書き終えて〇をもらった組は、最初は、d d dとdの音で教えるんですが、なかなか書けなかったりすると、シート(写真右下)を登場させてd, d, dramと言ってみたり。そこまで仲間がヒントをくれると、「わかった!」ってなるんです 答えを教えるでもなく、まさに、仲間の力を底上げしてくれているんだな、と

こういう姿勢を大事に、思いやりを大事に、成長していける教室でありたいと思います

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

先日、小学生クラスで本年度2回目の国際理解スナックパーティーをしました。
国際理解スナックパーティーは、本年度は3回の予定で、日本語でお菓子を食べながら世界に目を向けるレッスンをします。現在、月、水、木とある小学生初級クラスですが、月曜日のみ祝日の関係でできていなかった第2回目のスナックパーティー、ようやくできました。

今回は、特定非営利活動法人開発教育協会さんより購入した「写真で学ぼう!地球の食卓」を使用しました。
実際の教材は様々な使い方ができるのですが、今回はほんの序章で、教材の中の12枚の写真(=1週間分の食材)を使いました。
_20181129_111858[2267]
アメリカ、オーストラリアとヨーロッパ・アジア・中南米・中東・アフリカの中から数か国、まずは、写真を見て(観察して)どうかを言ってもらいます。

色々意見が出ますし、意見というかつぶやきみたいなのも多いですね。コーラ!とかマック!とか金持ち!とか(笑) 野菜多い、とかパンがでかい、飲み物たくさん飲んでるとかは観察している感じがします。

で、今回の国を挙げます。
アメリカ、オーストラリア、イタリア、インド、エクアドル、グアテマラ、クウェート、チャド、中国、ドイツ、マリ、メキシコの12か国ですが、みなさんこれらの国について知っていますか?

今回は世界地図で場所を確認するくらいしかできませんでしたが、また別の機会にもっと学べたらと思います。

みんな大体のイメージもあるので、どの写真がどの国なのかを考えていきます。
中国は、写真の中に漢字が使われていて簡単だったようです。他は苦戦していましたが、まだ答えは言いません。
DSC_0900[2266]

答えを言う前に、どこの食卓に行ってみたいか、逆にどこは行きたくないかを考えてもらいました。
人気だったのは、アメリカとドイツ、、、、でもこの段階ではアメリカとドイツだとは思っていないようでした。

さて終盤は答え合わせもしましたが、正解だったのは、中国とオーストラリアのみ!他は意外と難しかったようです。今回のクラスはあっと言う間に時間が過ぎたと感じたようでした。

こんにちは。静岡市 こどもの英語力と国際基準を育てるBlue Planet Academyです。
暑いです・・・


さて・・・前回のブログで紹介したキラキラマグネットを試験的に導入し、1週間が経過しました。
各曜日なかなかいいですね。
DSC_0269[1228]
まぁ結果は、2個、1個、0個ですが、チームで頑張ろう!という意識も見られ、これを続けていこうかなと思います。ちなみに月曜日チームの2個のうちの1個は、50分間All Englishでできた1個なので、素晴らしいと思います

この制度、☆制度と同様、私のさじ加減でやっている部分が微妙ではありますが、、、だからこそうまくモチベーションアップにつなげたいとも思います

今月に入って、すべてのクラスで上達を感じています
園児クラスはペーパーワークになると特に日本語が出てしまうことが多いですが、ゲーム中などは、「知ってる単語でコミュニケーション」できる場面が増えました
講師としては、こどもたちと英語で通じ合える瞬間が快感です
園児のみんなも、キラキラマグネットを見ては、これは何??と興味津々。
園児クラスでもうまく活用できるか模索中です。

このページのトップヘ