こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyです。

Blue Planet Academyでは、メキシコのパチューカ(サッカーの本田選手でこの町を知った方もいるのでは!?)にあるインターナショナルスクールと提携を結んでおり、小学生クラスでは交流がスタートしました!
スタートしました、と言っても、いまはまだパチューカの学校は夏休みで、こちらは自己紹介動画を撮ったよ、というくらいのスロースタートです。ほかに撮りたい動画や写真、作りたいもの(折り紙など)などあれば言ってね!とみんなには伝えました。わがブルプラも8月は通常レッスンがお休みのため、9月に手紙を書いたり、写真などを撮ったりしていきたいと思います
 
ところで自己紹介動画を撮るにあたって、気づいたことがありました。
失敗したり、うまく言えないことをとても気にしている子がいました。

失敗・・・・万歳じゃないですか
なんなら動画なんていくらでも撮り直しできるし。

わたしはここではじめて、この子が毎回の簡単なやりとりであるhow are youやhow old are you?やその時々の質問にあまり答えられないでいたのかが分かりました。

レッスンの中で、今回は7月も4週目となり(同じ月は同じ単語を繰り返しやるのですが)、もう分かっていてほしいのになかなかリピートもしてくれません・・・ ところが、繰り返してうながしていると、ごにょっごにょっとそれらしいことを言ってくれるようになりました! やった!!・・・とエールを送りながら続けていると、声がだんだん大きくなってきました 周りの子ができていると、余計に100パーセントの自信がないと言えないのかもしれません。でも、大丈夫です!一緒に100パーセントの自信にしていけばいいのです!

さて、少し前にブログでも紹介した、小学生『キラキラマグネット方式』(その際のブログはこちら。)ですが、みんなとっても意識して頑張っています。以前にブログでも書きましたが、私のレッスンでは、すでに☆制度があり、頑張っている子の頑張っている姿には☆をどんどん足してあげています。そのうえで、「お!これはすごい!」という発言をした子にキラキラマグネットをあげています。(←これがわたしのさじ加減で決まるところが微妙だな、と前も書きましたが) じゃあどうすれば!?というヒントはみんなにあげています。

知っている英語で長く発言する

実は今週キラキラマグネットを勝ち取った子たちの発言は、英語のテストだと間違いとされてしまうようなちょっとヘンテコ英語が多かったです。ただ、知ってる英語をつなげて「伝える」ことができたために、わたしが「お!」っと思ったのです。

失敗して、失敗して、失敗して、成功して! 

こうしてレベルアップしていくのです!

・・・いや、まるで自分に言うべき言葉のようですが

要は、レッスンを一生懸命やっているだけでは、キラキラマグネットにはありつけず、、、積極的に失敗するくらいでないともらえないのです。

こういうことを言うと、与えられた型をただこなすしか能がなかった自分には耳が痛いですが。

ブルプラでは、与えられたことをただ頑張っている子も、どんどん力を発揮できるように一緒に頑張っていきますが

小学生クラスは高確率で英語だけでレッスンができるようになってきました。

幼児クラスもいい方向にはいっていて、こちらは単語や習った言い回しを使って冗談を言ってはみんなで笑ったり・・・、先日体験のために見学をされたお母さんも、はじめたばかりの子が多いという事実にびっくりされていました。

テストでは×になってしまい点数はもらえないけど、本当は評価したい!
そんなこと、ありますよね