LEARNING IS FUN こどもが英語に&英語で夢中になる教室

バイリンガル輩出率100%を誇るサニーバニー式カリキュラムを採用し、2017年秋に静岡市に開校したこども英語教室Blue Planet Academy代表のブログ

タグ:英語レッスン

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

今日のタイトルは少し長いですね

要は、レッスンはインプットの時間なのか、アウトプットの時間なのか、、、

以前、「レッスンはアウトプットの時間」と主張していた方の元で講師をしていたことがありました。おうちで学習していることの発表の場が週一回の時間であると。

このやり方、考え方は理解できるのですが、これですと家庭の負担が大きくなります。
こどもの「習い事」を親も趣味のように一緒に楽しめるのであれば、とてもいいのですが、そうはいってもなかなか難しいことが多いのではないでしょうか? 

当教室の場合、レッスンはインプットの場であり、アウトプットの場でもあります。
ブルプラのやり方は、その月のレッスンで「新しいこと」を習います→覚えます→実際に使います。
年度の後半になってくると、「習ったこと」「覚えたこと」が積み重なっており、「実際に使える」ことが増えます それを実感する日々です こどもたちは生きた言葉である「習ったこと」を自分たちのタイミングで自分たちが使えるように発語していきます この自分たち流アレンジを目の当たりにすることがレッスンをやっていて感激する瞬間です!! さらっと書きましたが、実際このレベルまでできる教室はごく少ないのではないかと思います。あるレッスンでは以前習った歌がフラッシュバックされたり、あるレッスンでは以前盛り上がったジョークが応用されたり、あるレッスンでは、単語を覚えるのに新たな振り付けが流行ったり(笑)、、、、みんなイキイキと自ら発語しています ・・・みんなと書きましたが、当教室の現在の場合は「園児クラス」の話です。園児さんから英語を習うことは最適であり最強だなぁと実感する今年度です。

ちなみに、小学生クラスとなるともうすこし反応はバラツキます。ですが、集中力で踏ん張った先は、また違った景色を見ることができそうな予感はあります!

もう一度おさらい!ブルプラのレッスンでは、
「新しいことを習う」→覚える→「実践する」・・・インプットからアウトプットまでやります!やれます。やれちゃいます。

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。
ブログはしばらくぶりです

当教室では、園児クラスの参観会を終え、保護者の方と面談を実施中です。
この面談が、さらにレッスンをいい方向に向けてくれているなぁと感じています!やっぱりコミュニケーションって大事ですね。こちらが思っている以上に敏感にストレスを感じていたり、はたまた、こちらが思っている以上に英語が大好きだったり・・・そしてここでも思うのが、保護者の方のお子様への愛!! 本当、これは素晴らしいです そして、わたしも、もっともっと子どもたちが愛しくなります

というわけで、各クラス、年度後半は更に力をつけています!

今週は、園児6名クラスでまずミラクルが
・・・ここは、同じ園からの仲良し組ということもあり、なかなか英語オンリーでレッスンをすすめることができなかったクラスなのですが、気づけば最近は英語オンリーで進めることができるようになり、レッスンの序盤で数を数える取り組みの際に、How many apples do you see? I see five applesみたいなやり取りをしてみたところ・・・、レッスン半ばから、絵本を開けば、I see (a) yellow star.だの、I see two presents.だの出てくる出てくる・・・・知ってる英語の発話 
DSC_1611[5856]
こういうのをチラッと見せて・・あれ、いまの何だった??みたいに聞き、2段階目の質問として、How many?を聞きたかったのですが、チラッと見せただけで、I see four Santa Claus.と答えてくれたり! 本当に感動でした。

続いて女の子園児さん4人クラスもミラクルです こちらは、比較的新しいお友達が、まだレッスン自体を好きになりきれていなかったのですが、ここ2回くらいですっかり慣れ、とても積極的になってくれるという、これだけでも感動していました。こちらは、レッスンの序盤で、先月の復習も兼ね、I like(野菜)because it's yummyのような発表をしていたところ、I like(おともだちの名前)を順番に言うということがあり、私もそれにのっかり、I like(おともだちの名前)because she is cute.などなど、好きなもの合戦がはじまりました。こんな感じで「脱線」することが、わたしのレッスンでは割とありますが、みんなの語彙が増えてこないと、脱線もできないので、誰かが出してくれたパスを私は生かしています 

参観や面談でもちょくちょく「日本語をしゃべらなくなっている」「英語をたくさんしゃべっている」という保護者の方の声を聞きました。これからも英語を積極的にしゃべっていけるレッスンを続けていきます!

こんにちは。静岡市こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。
近隣の園や私立学校ではいよいよ夏休み突入!公立学校もあと少しで!というところです
当教室は、8月の通常レッスンがありません。
変わりに各種イベントをご用意しております ぜひこれだ!と思ったイベント、チェックしてみてください。
教室生以外の方も歓迎しております

というわけで、休み前レッスンの総仕上げ時期となりました
最近、各クラスの子どもたちがかわいくて 園での話とか、学校の宿題やクラブの話とか、スポーツの大会の話とか、レッスン前からいい雰囲気です みんなの園生活・学校生活・スポーツなどなど、色々応援したいです 小生意気な子たちもいます・・・ ママと離れるのに時間がかかる小さなおともだちも、ギャングエイジいやいや期も・・・、「みんなが楽しく英語レッスン」という私の課題に試練を与えてくれたりしていますが、一呼吸置くとやっぱりかわいくて、こうしてみんなの英語力+人間力を上げていこう!とか色々考えたりしています

園児クラスについては、「英語を英語で」さえ徹底してしまえば、本当に「知ってる英語」で「英語だけでコミュニケーション」を「楽しむ」ことができます 「話す」&「聞く」の部分に重点を置き、英語を使う「楽しさ」を知ってもらっています 園児クラス後半は「読む」「書く」にも触れていきます。園児クラスのゴールは、「英語を英語だけで・・・基礎的な単語や言い回しを定着させ、話せる英語の基礎を!+英語の音を理解し、基本フォニックス読み」。←ゴールはここです!就学の時に、ここの状態になっているところがゴールであり、始める時期にもよりますが、1年以上通ってくれるおともだちについては、このゴールは100%達成したいと思います!

小学生クラスのゴールは、「英語の本当の楽しさを知る」ことです
みなさん、英語の本当の楽しさってご存知ですか??
これは、もしかすると多くの大人の方が体感できていないかもしれないな、と思います。
サニーバニー式では、総合的に英語力がつくのですが、特筆すべきは「しゃべれる」です。
なぜなら、「しゃべれる」英語スクールが日本には他にないからです。
なので、当教室でもとりわけ「会話力」に着目しつつ、サニーバニーのやり方でレッスンを行いますが、私が思っているブループラネットアカデミーの小学生クラスでのゴールは、

英語を英語で理解し (←未就学児クラスからの引き続き)
英語での一次情報(本・ネット等)を拾い、吸収することができる+英語で発信・表現できる

ここかな、と思っています!

そのため夏休み明けの小学生クラスについては、一部をレベルアップさせ、「知的情報」を英語で取り入れるレッスンにしていきます 一部の小学生は、楽しみにしていてくれているようです
私はあまりクラフト系をやらないので・・・「工作やりたーい!」という声も上げてくれています。
工作も、やりましょう!!

こんにちは! 静岡市 こども英語&国際交流Blue Planet Academyです。
静岡では少しずつ暖かくなってきて、そろそろ春かな、と思えるこのごろです

さて今日は、How are you?について。
How are you? ・・・今は教科書の何ページ目あたりに出てくるのでしょうか?
日本語だと、「元気ですか?」「具合はどうですか?」と訳されていますが、なかなか日本語にはない言い方なので難しいですよね。

そう、日本語にはちょっとないんですよね。
私はもうHow are you?は「やぁ、こんにちは。」くらいに自分の中では位置づけています
英語圏の場合、How are you?を文字通り本当に聞いているパターンももちろんあります。
それはその場面場面で分かります。

はい、How are you?は、あいさつくらい頻出します。
この習慣がない日本人にはちょっと鬱陶しくなるくらいです(←これ、共感してもらえる人、結構いるんじゃないでしょうか?)

で、How are youに対する、日本の公教育の模範解答?一辺倒な回答は、未だにI'm fine, thank you, and you?のようです。(学校や先生にもよると思います。教科書を見るチャンスがないのでちょっと分からないですが、違っていたらすみません。少なくとも私の知ってる範囲の小学生はこう習っているようでした。)

割と一般にも広まっていると思いますが、英語圏の実生活でこの模範解答が聞けることはまずないと思います。少なくとも私は聞いたことがないです。How are you?の回答としては、肌感覚では、9割がGood.です。例えば、スーパーのレジの人が「Hi, how are you?」と言う時、これはもうあいさつなので、こちらも定型のGoodでいいかと思います。でもHow are you?なので、別に自分で自分のことを答えればいいわけですよね。hungryとかtiredとかsuper excitedとか(笑)

前ふりが長くなりましたが、How are you?は英語コミュニケーションに必須ではあるものの、ちょっと難しいのでBlue Planet Academyでは最初の数か月間、How are youはレッスンに取り入れていませんでした。ですが、これはあいさつですし、どちらかというとHelloの次に覚えるべきものなので、4か月目にしてレッスンに取り入れ始めました。

how are you

Super Simpleのフラッシュカードを使っています。回答は全部で6通り。
Good, Great, Wonderful, Tired, Hungry, Not so good.
これを例に出して、一人ずつ聞いていくのですが、園児クラスでも小学生クラスでもみんなまちまちに回答していて素晴らしいんです ここから選ぶ人もいれば、I'm happyとかI'm fullとか、これまでに習った表現を使う人もいて、ここから選ぶ人も、I'm wonderfulの人もいれば、I'm hungryの人もいるんです。How are you?って聞いてよかったと思いますよ、こちらは。
そして、今How are you?を取り入れたのは正解のタイミングだったなぁと感じます!
I'm fine, thank you, and you?とみんなに言われるのは、調子が狂いますが、、、まぁそういう回答をする人がいてもいいですよね。

以上、ブルプラの今月のHow are you?の状況でした。



このページのトップヘ