LEARNING IS FUN こどもが英語に&英語で夢中になる教室

バイリンガル輩出率100%を誇るサニーバニー式カリキュラムを採用し、2017年秋に静岡市に開校したこども英語教室Blue Planet Academy代表のブログ

タグ:英語教室

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。
この時期は雨も多いですね。そして春も感じます

こども英語教室Blue Planet Academyは、英語力とともに「国際基準を育てる」教室として1年半前に誕生しました。2年目に入り、少しずつではありますが、かわいいかわいい生徒さんに来ていただけるようになり、その子たちがキラキラと夢中で英語に取り組んでいる姿に感動し、この4月からのスローガンとしては、「こどもが英語に&英語で夢中になる」教室としました 純粋に英語を楽しめる姿がここにあるんだよ!ということを地域のみなさまに知ってほしいのです。私はまだまだ力不足のところがあり、生徒さんが少ないのですが、この生徒さんたちとともに、どんどん英語を楽しく身につけ、未来の出会いにもとてもワクワクしています。


さて。

教室のこだわりが色々あるにはあるので、少しずつお伝えしていきたいと思います。
今日お伝えしたいことは、「当教室は、両立型の教室である」という点です。

???ですか?

学業との両立(今の小学生は忙しいのです。)
他の習い事や趣味との両立(時間の面・家計の面)

 今の時代、学校のことをこなすだけでも結構大変だったりします。宿題が多い学校や先生だと本当に大変です。学年が上がれば求められるものも多くなります。家庭の事情も様々で、なかなかゆっくりと英語に向き合う時間が持てないのが大半だったりします。「学校のこと」は、当然最優先ですので、うちは、親がチェックしないと進まないような宿題はありません。何か課題があった方が取り組みやすいのもまた事実です。こちらは今後の課題として、なるべく個人が探求できるような課題をオプションで提供していきたいと考えています。乞うご期待!

 英語以外の趣味特技は持っている方がいいと個人的には思います。音楽、スポーツ、芸術系の習い事は人気ですし、私自身もいいなぁと思います。海外に出たとき、趣味特技はそのまま武器にもなりますし、それらを通じて「自分自身」が形成される点も本当にいいと思います。当教室は、週1回50分のレッスンですので、他の習い事と両立できる時間的余裕もあり、また、月謝も大手スクールより格安の設定にしていますので、費用面でも両立がしやすくなっています!

なんか宣伝文句が並んでいる感じなのですが、わたしが言いたいのは、「学校のこと」をやりながら、何か没頭するものがあるなら結構!そんな毎日の中、英語「も」やろうね!ということです

なんとなく楽しいから続けてて、いつの間にかできてる、とか
没頭するほどでもないけど、分かると楽しいな、とか

まぁそんな程度でいいかと思います。「両立型」ですから。

逆に、ガッツリ英語!何をさしおいても英語!の方は、放課後の習い事程度では事足りないでしょうね。
(でもサニーバニーの生徒さんは、50分×週2回でバイリンガルになっていて、一番効率がいいと思います!ブルプラも週2回通ってくれても大丈夫です。)

(中には、英語そのものにハマる子も出てきます そして、上を目指すには、ある程度の時間を確保するべき時もあります。ですので、当教室も将来的には、今より長時間学習できるようなシステムも作りたいとは思っています。)

IMG_20181121_160017[2852]


こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

ついに、小学生クラスのこどもたちと、メキシコの提携校のこどもたちの交流がはじまりました
私たちの自己紹介ビデオメッセージを送ったのが、昨年の夏、メキシコの子たちがビデオメッセージを撮ってくれたのが、おそらくクリスマスシーズン(バックの装飾から)、メッセージが私の元に届いたのが、年明けて少しした頃、で、いま、ブルプラ小学生クラスの子どもたちが、レッスンにてメッセージを確認中・・・という、だいぶゆるりゆるりとしたペースですが 気長に、そしてながーーーく交流していければと思います

こちらのレッスンでもなかなかタイミングがなく、みんなでビデオを確認できていませんでしたが、来週の小学生クラスは、「国際理解スナックパーティー」 というわけで、これを機に、スナックパーティーをしながら、海の向こうのおともだちに、イースターカードを作成し、送ろうと思います

メキシコでのイースターと言えば!
さかのぼること18年・・・ まだ学生だった私、経験しました!
それはそれは陽気な教会でのイースターでした。
とっても楽しかったです。
ちょうど私、誕生日を迎えたこともあり、おともだちやそのおともだち、親戚も含めたビッグファミリーみんなが祝ってくれたりして、いい思い出です
IMG_20170416_214951DSC_0687






話がそれました

そんなメキシコは、パチューカより、届いたビデオメッセージを子どもたちは真剣に見ていました。
_20190226_062900[2562]

3年生の30人くらいのおともだちが送ってくれたのですが、みんな「好きなこと・もの」とか「嫌いなこと・もの」を教えてくれていて、ビデオの前なのでモジモジしている子がいたり、ちょっと聞き取れない箇所があったりするのが、とってもリアルです。

お互い、第2言語というのが、思いのほか、いいなぁと感じました

ブルプラの子たちも、相手のおともだちのメッセージを割と聞き取れていました
向こうのおともだち、サッカー好きな子が多いですね!
好きなチームとか言ってる子が何人かいるんですが、サッカーに疎い私は聞き取れたり、聞き取れなかったり。
しかし、さすが、メキシコはパチューカです。(←本田選手、在籍していましたよね。。。。かなり余談ですが、うちの友達、本田選手とカフェで会って一緒に写真撮っていました)

日本は静岡もサッカー熱、あついです!
教室のおともだちも、割と高確率でサッカーやっています。
レッスンがはじまって、What's your name?と聞くと、I'm (外国人の名前)というジョークが返ってくることが割とあるのですが(笑)、あれはきっとサッカー選手だろうな

というわけで、今後が楽しみです。

こんにちは。静岡市こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

いきなりですが、英語って楽しいですか?お子さんは英語楽しんでいますか?

「楽しくなければ習わなくていい」「続けていて楽しくできているなら成功といってもいい」

と、そんな風に思っています

が!!!

「ちょっと待てよ」とも思います(笑)

「楽しくなければ習わなくていい」については、その通りかと思います。楽しくないことを無理にやらされているのは苦痛ですし、害にしかなりませんから。。。けど、まぁ、そうは言っても、最初は気乗りしないとか、きっかけは親の(あるいは誰かの)勧め、なんてことはよくあるパターンですので、スタートから諦めなくても大丈夫です 楽しくなるようにすればいいのですから

さて、「楽しいよ」「続けているよ」ってパターンです。

英語の楽しさって色々あると思うのですが、みなさんは英語を学習するうえで何が楽しいですか?

知らないことをどんどん知っていく楽しさ。まさに learning is fun!!
まだまだ「お勉強」が苦痛だと思わない年齢のこどもたち、好奇心を持ってチャレンジできて素晴らしいと思います!「楽しい」側面の一つですね。

音、それから音を表現する楽しさ! 割とこれ、こども独特のものかもしれません。
レッスンをやっていて感心するのですが、割と赤ちゃんでも、「ただ音を聞いているだけ・・・そして自分で真似てみる」取り組みって大好きです

フォニックスとか発音の練習だったらこれでいいと思います
でも、歌とか劇とか朗読とか、ただただ聞いたまま、楽し気にリピートしている・・・けれども実は全く何のことやら分かっていない状態は悲惨ですね・・・ これ、ただの音の再現

英語教材でも英語レッスンでも、工夫しないとみんな利用しませんから、あの手この手で「楽し気」に演出しますから、楽しく思えるのかもしれません。

何が言いたいか。

演出に騙されないでほしいんです。
ただ、「飾り」が楽しいってだけにならないでほしいんです。

いや、「飾りが楽しい」もありですが、英語が分かる楽しさ は必ずあってほしいと思います。

分かりやすく言うと、「英語習いました」→「こういうことか!と知りました」→「使ってみました(発語or書いて表現)」→「できた!通じた!面白い!の感覚」

ここまでがセットの楽しさは、マストかなと思います。

(※補足 はじめはだれでもなんでもリピートなので、音の再現はある意味正しいやり方ですが、「わかる!」を意識してくださいね。×何が何だかわからない 〇一部よくわかる箇所があり、全体が何となくつかめる です。)

英語の先生が好きです、とか 英語の歌が好きです(でも意味は分かりません)、とか そういう表面的な楽しさもいいのですが、(むしろその状態であれば、学ぶ力は絶対的にあるかと思いますが。)その先に飛躍するために、「わかる」からの「使う」を意識しましょう!!!

私もそこはとても意識しますし、レッスンだからこそ ひとつひとつをコツコツ着実に「わかる」「定着させる」ことはやりやすいなぁとも感じます。自宅でももちろんできるかと思いますが、コツが必要かと思います。
よかったらお近くの方、Blue Planet Academyのレッスン、お試しくださいね。

レッスンでなくても、これを意識したイベント、企画しました

その名も、「英語でアイスクリーム屋さん
「わかる」からの「発語」を意識してイベント組み立てましたよ。
なので、雰囲気だけ楽しい!の先を行きます!!
(0歳さんから参加OKになっていますが、赤ちゃんのうちは、雰囲気から楽しんでもらい、保護者さまにレッスンを体感していただければと思います

アイスクリーム屋さん_01
LINE@ はじめました!!上記イベントの受付やご質問なんかにもご活用いただけます。別イベントのご案内なんかもさせていただきますよ ぜひおともだちになってください。

こちらです。
LINE登録




こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

今日のテーマは「宿題」について。
みなさん、宿題ははかどっていますか??
学校の宿題はどうですか?塾の宿題はどうですか?英語教室の宿題は?

どうですか?

私の数年来の課題、「おうちでのとりくみ」についてまた最近考えています。
現状Blue Planet Academyのおうちでの課題ですが、未就園児さんに関しては特にありません。2か月に一度、市販の絵本を購入していただいていますので、その絵本をおうちでも活用していただくように取り組んでもらってはいます。園児以上のクラスについては、絵本セットの中から今月の絵本を読めるようにおうちでも並行して取り組みましょうという程度です。この取り組みでは、園児クラスのおともだちに特に効果があり、どんどん本が読めるようになったり、自信をもって発表できたり、本の良質なインプットをすれば、英語のセンスもあがると思っています 一方、小学生クラスの場合、このおうちでの取り組みができている子とそうでない子がいます。園児同様、おうちでの練習が活きているパターンもあります。グループレッスンなので、発表したり、他の子の発表を聞いているうちにその場で覚えるというパターンもあります。もしくは、フォニックス効果が活き、初見である程度読める子もいます。要するに、おうちでの取り組みについては、園児さんほどしっかりとできてはいないです。

そこです。

私は、単純にそこを「いい」「悪い」というのはどうかと思っています。というのも、話は戻って、「宿題」ですが、宿題って前向きに取り組めますか?

宿題あるいは課題を前向きに取り組めるってのは、よっぽどその課題が好きで面白くて、どんどん突き詰めたい時ではないでしょうか。小学生に学校の宿題をやらせるって、とっても苦労しませんか?挙句、無理やりやらせる「だけ」で、ためになるかどうかは定かではない、、、みたいになりませんか?

英語は教室だけでは身につかないよ、レッスン以外でどれだけ学習するかだよ、とか、
よい教室は、宿題をきちんと出す教室、とか
そんな主張も聞きますが、それも一理あるとは思いますが、無理やりやらせるくらいならやらない方がマシじゃないか?と思います。

特に、宿題をやらせる立場である、世のお母さんたちというのは、とても余裕がなく生きています。
私も教室を始める前は、保育園と学童に預けてのフルタイム勤務で、日々の生活の中で英語学習時間を設けることは容易じゃないと常々思っていました。それでも成功されていらっしゃる方もたくさんいらっしゃるのですが、私は挫折した組です。じゃぁ専業主婦ならいいのか?ですが、そうでもなく、専業主婦というのは、勤務先の都合を考えずに子どもの病院の予定を組めたり、比較的スケジュールとにらめっこすることなく園や学校行事を優先できるという利点はあっても、特に未就園児を育てているお母さんというのは、自分のためにコーヒー一杯を飲む時間もありません。

「自発的に」「面白く」取り組めるものを宿題にするしかないですよね。
あるいは、「自発的に」「面白く」取り組める人だけやるとか。
(みんな画一的にはなりません。)
「自発的に」「面白く」取り組める時だけやる、とか。
(少しずつでもいいから毎日法に反発しますが。)

ここら辺を今年の課題としたいと思います。
まだ構想段階ですが、ちょっと面白そうなことも考えています。

宿題をやらせる苦しみからは、、、、解放されましょう。

Happy New Year!
静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

みなさまよい年末年始をお過ごしでしょうか?
英語教室のレッスンは7日からですが、未就学児さんを中心にママのご実家でゆっくりされるご家族もいらっしゃるようで、ぼちぼち振替のリクエストもいただいています。私もそうなので思うのですが、やっぱり実家帰省はほっとしますね

はい、わたしも3泊ですが、実家帰省してきました。
ここのところ、毎年末に同窓会などの予定が入り、それ目的で帰省していましたが、今回の目的は、以前から気になっていた探求学舎さんのこどもが輝く魔法の授業。ちょうどこのタイミングで小3以上対象の算数図形編という冬期講習が実家近くで開催され、これは長男に参加してもらうしかないでしょ!と、一応長男の了承を得て申込をしました。(今日のブログは、この「こども対象」算数セミナーの話です。)

こどもたちが夢中になるってどういうことなのか? しかもこちらの講座、たいてい小1~中3という幅広すぎる年齢が対象。(今回は小3からでしたが、なるほど、割り算までを習得している必要がありました。)その中身をとっても知りたかったことと、算数嫌いの私が、純粋に楽しい学びの世界を体感できるのか?という興味、、、完全に自分が楽しみで申し込みをしました。学びの本質に触れるからには、それを自分の仕事に、人生に、100パーセント生かしたかったですし!

で、この講座を受けて、率直な感想ですが。

満足しました。
これ、90分を3コマ×2日という、わりとみっちり勉強するのですが、長男は楽しく受講できましたし、どうなるかと思った次男(年中児)も2日間、見学できました。もちろん授業だけ見ていては、年中児は飽きてしまいますが、ひらがなドリルをしたり、授業を見たりでまずまず楽しく?過ごせました。

で、何が魔法なのか、、、ですが、これに関しては、やっぱり「魔法」ってないな、が感想です。
学びそのものが「楽しい」。楽しくなるように工夫はしていましたが、試験のためでもなければ、何のためでもない、純粋な学習は楽しいんです。そういう意味では、学校教育でもこれに近いことはできるように思いましたし、実際に私学や公教育でも一部では実践されているのでは?とも感じました。
そういうわけもあって、申し訳ないながらも、提出したアンケートはだいぶ辛口となってしまいました
いや、楽しかったし、充実していましたが。

ずっと考えていましたが、英語も、純粋に英語を楽しむ短期講座、やりたいですね!
とにかく「楽しく」、英語の世界への扉を開く、そんな出会いがBlue Planet Academyでした、というキッズをどんどん輩出したい!それがこれから私が取り組んでいくことかと思います。

みなさま、本年もどうぞよろしくお願いします

このページのトップヘ