LEARNING IS FUN こどもが英語に&英語で夢中になる教室

バイリンガル輩出率100%を誇るサニーバニー式カリキュラムを採用し、2017年秋に静岡市に開校したこども英語教室Blue Planet Academy代表のブログ

タグ:英語教室

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

今日のテーマは「宿題」について。
みなさん、宿題ははかどっていますか??
学校の宿題はどうですか?塾の宿題はどうですか?英語教室の宿題は?

どうですか?

私の数年来の課題、「おうちでのとりくみ」についてまた最近考えています。
現状Blue Planet Academyのおうちでの課題ですが、未就園児さんに関しては特にありません。2か月に一度、市販の絵本を購入していただいていますので、その絵本をおうちでも活用していただくように取り組んでもらってはいます。園児以上のクラスについては、絵本セットの中から今月の絵本を読めるようにおうちでも並行して取り組みましょうという程度です。この取り組みでは、園児クラスのおともだちに特に効果があり、どんどん本が読めるようになったり、自信をもって発表できたり、本の良質なインプットをすれば、英語のセンスもあがると思っています 一方、小学生クラスの場合、このおうちでの取り組みができている子とそうでない子がいます。園児同様、おうちでの練習が活きているパターンもあります。グループレッスンなので、発表したり、他の子の発表を聞いているうちにその場で覚えるというパターンもあります。もしくは、フォニックス効果が活き、初見である程度読める子もいます。要するに、おうちでの取り組みについては、園児さんほどしっかりとできてはいないです。

そこです。

私は、単純にそこを「いい」「悪い」というのはどうかと思っています。というのも、話は戻って、「宿題」ですが、宿題って前向きに取り組めますか?

宿題あるいは課題を前向きに取り組めるってのは、よっぽどその課題が好きで面白くて、どんどん突き詰めたい時ではないでしょうか。小学生に学校の宿題をやらせるって、とっても苦労しませんか?挙句、無理やりやらせる「だけ」で、ためになるかどうかは定かではない、、、みたいになりませんか?

英語は教室だけでは身につかないよ、レッスン以外でどれだけ学習するかだよ、とか、
よい教室は、宿題をきちんと出す教室、とか
そんな主張も聞きますが、それも一理あるとは思いますが、無理やりやらせるくらいならやらない方がマシじゃないか?と思います。

特に、宿題をやらせる立場である、世のお母さんたちというのは、とても余裕がなく生きています。
私も教室を始める前は、保育園と学童に預けてのフルタイム勤務で、日々の生活の中で英語学習時間を設けることは容易じゃないと常々思っていました。それでも成功されていらっしゃる方もたくさんいらっしゃるのですが、私は挫折した組です。じゃぁ専業主婦ならいいのか?ですが、そうでもなく、専業主婦というのは、勤務先の都合を考えずに子どもの病院の予定を組めたり、比較的スケジュールとにらめっこすることなく園や学校行事を優先できるという利点はあっても、特に未就園児を育てているお母さんというのは、自分のためにコーヒー一杯を飲む時間もありません。

「自発的に」「面白く」取り組めるものを宿題にするしかないですよね。
あるいは、「自発的に」「面白く」取り組める人だけやるとか。
(みんな画一的にはなりません。)
「自発的に」「面白く」取り組める時だけやる、とか。
(少しずつでもいいから毎日法に反発しますが。)

ここら辺を今年の課題としたいと思います。
まだ構想段階ですが、ちょっと面白そうなことも考えています。

宿題をやらせる苦しみからは、、、、解放されましょう。

Happy New Year!
静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

みなさまよい年末年始をお過ごしでしょうか?
英語教室のレッスンは7日からですが、未就学児さんを中心にママのご実家でゆっくりされるご家族もいらっしゃるようで、ぼちぼち振替のリクエストもいただいています。私もそうなので思うのですが、やっぱり実家帰省はほっとしますね

はい、わたしも3泊ですが、実家帰省してきました。
ここのところ、毎年末に同窓会などの予定が入り、それ目的で帰省していましたが、今回の目的は、以前から気になっていた探求学舎さんのこどもが輝く魔法の授業。ちょうどこのタイミングで小3以上対象の算数図形編という冬期講習が実家近くで開催され、これは長男に参加してもらうしかないでしょ!と、一応長男の了承を得て申込をしました。(今日のブログは、この「こども対象」算数セミナーの話です。)

こどもたちが夢中になるってどういうことなのか? しかもこちらの講座、たいてい小1~中3という幅広すぎる年齢が対象。(今回は小3からでしたが、なるほど、割り算までを習得している必要がありました。)その中身をとっても知りたかったことと、算数嫌いの私が、純粋に楽しい学びの世界を体感できるのか?という興味、、、完全に自分が楽しみで申し込みをしました。学びの本質に触れるからには、それを自分の仕事に、人生に、100パーセント生かしたかったですし!

で、この講座を受けて、率直な感想ですが。

満足しました。
これ、90分を3コマ×2日という、わりとみっちり勉強するのですが、長男は楽しく受講できましたし、どうなるかと思った次男(年中児)も2日間、見学できました。もちろん授業だけ見ていては、年中児は飽きてしまいますが、ひらがなドリルをしたり、授業を見たりでまずまず楽しく?過ごせました。

で、何が魔法なのか、、、ですが、これに関しては、やっぱり「魔法」ってないな、が感想です。
学びそのものが「楽しい」。楽しくなるように工夫はしていましたが、試験のためでもなければ、何のためでもない、純粋な学習は楽しいんです。そういう意味では、学校教育でもこれに近いことはできるように思いましたし、実際に私学や公教育でも一部では実践されているのでは?とも感じました。
そういうわけもあって、申し訳ないながらも、提出したアンケートはだいぶ辛口となってしまいました
いや、楽しかったし、充実していましたが。

ずっと考えていましたが、英語も、純粋に英語を楽しむ短期講座、やりたいですね!
とにかく「楽しく」、英語の世界への扉を開く、そんな出会いがBlue Planet Academyでした、というキッズをどんどん輩出したい!それがこれから私が取り組んでいくことかと思います。

みなさま、本年もどうぞよろしくお願いします

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。
メリークリスマス

今日は、ブループラネットアカデミーのクリスマス劇発表会でした

今回は、11人のおともだちがエントリーしてくれて、The Missing Christmas Listという演目を発表しました。
11人のおともだちとそのご家族のみのクリスマス会でしたが、参加されたみなさん、いかがでしたか???

DSCF4040
特に舞台もなく、部屋の一部を舞台に見立てての発表で、一部のお友達からは、舞台でやりたい!の声が・・・。確かに、はじめこそ「みんなの家族だけの小さな会」は安心材料でしたが、どうせならもっと大きな舞台でやりたいという気持ちが出てきても不思議ではありません。次回は少し大きな舞台を探してみるのもいいかもしれませんね。

でもいざ「本番」となると、みんなのお父さんやお母さんがビデオカメラを構えていらっしゃり、私もはじめにみんなの横に立ちましたが、一気に緊張感が!! でもこの緊張感があって、集中ができるんですね
今日は、ちいさなミスやハプニングもありましたが、みんなの頑張りは今までで一番でした。
大きな声も出ていましたね

1週間に1回を1ヶ月だけ、とは言え、お友達同士で仲良くなる姿も素敵でした。
DSCF4046
小さなサンタクロースたち。英語が上手でびっくりです。今回は、年中さんくらいから小学生までという年齢での募集でしたが、大体のおともだちが未就学児さんでした!なので、おうちの方のご協力もたくさんいただき、本当にありがとうございました。

DSCF4051
時間がない中、1時間ちょっとで背景の絵を描いてくれたおともだちもいて、また、少ない小道具も使いこなすことができました。

DSCF4068
この演目で私が気に入ってる点は、みんなにおなじみのクリスマスソングが歌える点です。せっかくなので歌のシーンは全員で歌って踊ります!ここのパートはみんなが一番好きなパートだったように思います。上手ですね!

自分で思っても反省点も多くあり、至らない点をお感じの参加者の方もいらっしゃったかと思います。
でも今回、良かった点もたくさんありました。そのひとつとして、会が終わったときに、参加してくれたおともだちの一人が「また劇をやるときには教えてください!」と言いに来てくれたことです!
ちなみに、わたしも「静岡こども英語劇」やりたいなぁ、劇のワークショップや発表は定期的にやりたいなぁと、昨日あたりから思ってはいたのですが、、、、

英語(この場合は「英語劇」ですが)の楽しさを知るきっかけを提供する!ことが常々目標であり、やるべきことだと思っている私にとって、まさに感動です!

劇はこれを第一歩に、定期的に創り上げていきたいと思います。

まずは、今回参加してくださったみなさま、本当にありがとうございました。
参加された方もそうでない方も、ご意見等ございましたらぜひお寄せください。

長くなりましたが、みなさん!よいクリスマスを!!
良い子のみんなのところにはサンタさんがみんなの「好きな」プレゼントを届けてくれますように

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。
あわただしい年末、いかがお過ごしですか?

私は・・・、体験レッスンやサークルなど、レッスンのコマ数自体が増えたこと、週末のクリスマス劇ワークショップの追い込みなどなどもあり、疲労がたまったのか、何だか体が動かない・・・状態だったのが昨日の昼 夕方のレッスンまでの間に、クリスマス劇のことやら来月の準備、来るべき我が家の一大イベント(=クリスマス)←これは完全プライベートですがの準備などができれば!と思っているものの、動けない・・・ま、仕方ないと自分に甘くなってしまいました。

そして夕方は、園児クラスに続いて小学生初級クラス
完全に凝り固まっていたからだが突如、めっちゃ動きました(笑)
この不思議現象 
理由はもう一つしかありません!
みんなレッスンが楽しそう!で、みんなの成長をひしひしと感じます。
私、本当はこういうみんなの姿をカメラにおさめて、みなさんにお見せし、教室の宣伝に使いたいんです(笑)・・・が、ひとりでやっているとなかなか難しく、イキイキとしたみんなの姿は私が独り占めしています
私、みんなの正面の特等席にいますから!

いま一番お勧めの園児クラスは、今月入会の子が、張り切って絵本読みを披露してくれるのですが、「ぼく英語分かるから聞いてて!」と言う、私たち大人からしたら「勘違い」ともとれる自信 できることが楽しくて仕方がないんだと思います 

思えば去年のオープンからしばらくの園児クラスは集客に大苦戦しました
マンツーマンでポツンとひとクラス、、、みたいな状態が続きました。
それが、本当に少しずつですが、お友達が来てくれるようになり、そうすると、見学に来た方も「え、まだこの子たちは、英語始めたばっかりなんですか?」と驚かれるほど、活気がでてきたりして

と言っても本当に、やっとスタートできた!という感じなので、まだまだこれからなのですが、、、、やっぱり園児クラスはお勧めです!

小学生初級クラスの方は、おかげさまで長い子は英語歴1年くらいになりました。
絵本が何冊も読めるようになり、自信が持ててきたように感じます

昨日のレッスンをしていて、少しずつ「文章」の英語(単語ではなく)が出てきている姿を見ることができ、さらに!レッスンが終わっても英語モードが抜けず、(オールイングリッシュはGood-bye songまでと区切っていますが)英語でじゃれあって?いる姿を見ることもできました

というわけで、小学生初級クラスは、「文章」や「かたまり」が自分の言葉で出てくるよう、来年度のレッスンプランを練りたいと思います!! そしてゼロレベルの初級クラスも、来年度は作ります! 新1年生、2年生、3年生、4年生、5年生、6年生のみなさん!ぜひ一度遊びに来てください~。

特別体験会のスケジュール
、更新しました。

img002 (2)



こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyです。

今月はクリスマスモード全開です。
前回のブログで、今月はRing the Bellという歌を、ベルを鳴らしながら歌っているということをお伝えしました。

ベルを鳴らしたかったので、100円ショップでクリスマス飾りとして売っているベルに、どうにか鈴をつけてリンリンなるベルを作りました。

_20181214_141523[2273]
ちょっと写真では隠れてしまって分かりづらいですが、ベルについていた、ツリーに飾るためのモールをそのまま持ち手として使い、かわいらしい音ですが、一応リンリンなります。

かわいらしいベルを実際に「鳴らす」という「楽しい」作業をしながら英語を覚えます

ここでちょっとしたアクティビティーをご紹介します。
ベルの後ろにカップが写っているかと思いますが、こどもたちにはベルとカップをひとつずつ渡し、

Ring the bell

・above the cup
・under the cup
・behind the cup
・on the cup
・in the cup

を理解し、分かった次のステップとして、それぞれ言えるように練習します。
はじめはリピートですが、段々と覚えていきますし、覚えた次には、使えるようになっていきます。

「理解する」
「一緒にやってみる」
「言ってみる」
→「(理解したうえで)言う」

という感じですかね。
今月はこんなレッスンをしています。
レッスンの中では、時間にすれば数分のアクティビティーですが、こども英語レッスンとしては、未就園児さんから小学生まで、割と楽しく取り組めるものかと思います。おうちでも、いろんな場面で応用できるかと思いますし、特別なものを用意しなくても取り組めるかと思います。

今月の絵本である Where is Baby's Christmasにもたくさんの前置詞が出てきます。



年内のレッスンはあと1週間です!最後はクリスマス会をイメージしたゲームもやる予定です

このページのトップヘ