こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyです。

当教室のママ・プレママクラス(ママ・プレママのためのこれからの英語教育講座)では、語彙を増やすための絵辞典活用についてをテーマにお話しをさせていただき、ご家庭での上手な英語の取り組み方のひとつとしてとりいれていただくための学習機会があります。みなさん、英語の絵辞典は持っていらっしゃいますか?
持っていないよ、これから買うよ、という方のために、絵辞典を選ぶ際のポイントについてお伝えします。

ずばり

「日本語が書かれていないこと」

です。

たとえば、bookという単語が何のことか、絵を見て理解するのが絵辞典です。
ここでは、book=本だとか、本はbookっていうんだな、といったように日本語を介しません。
ここが注意したいポイントです。

教室では絵辞典ではなく、フラッシュカード(=絵カード)を活用しています。
未就園児クラスおよび園児クラスのおともだちには、毎月のフラッシュカードの縮小版をプリントしてプレゼントしています。この縮小版フラッシュカードでカルタカードのようなものを作っておうちで遊んでくれている方やファイリングして活用してくださっている方や、活用方法は様々です。

せっかく絵を見て英語が浮かぶようにトレーニングしていますので、くれぐれも「本だね。本は英語でなんて言うのかな?」という声かけはやめてくださいね。

昭和のやり方(とあえて言いますが)では、英語を習うのに日本語を使っていました。
これだと。。。。。なかなか習得できません。
少なくとも英語での会話はできません。会話は瞬時に行うものですので、えーっと・・・と頭の中で考えて文を組み立てているひまはありません。日本語を介する、という作業は会話では邪魔なだけです。

なので、絵辞典はシンプルに指差しをし、その絵の英語を発語します。
CDが附属しているものであれば、CDに合わせてリピートできますね。
CDがついていなくても、パソコンやスマホから調べればネット上の辞書で発音チェックができますので、真似てみます。「英語を聞いたら絵が浮かぶ」「絵を見たら英語が浮かぶ」を目指してみてください。

英語脳のまま語彙を増やす絵辞典、ぜひ活用しましょう。