LEARNING IS FUN こどもが英語に&英語で夢中になる教室

バイリンガル輩出率100%を誇るサニーバニー式カリキュラムを採用し、2017年秋に静岡市に開校したこども英語教室Blue Planet Academy代表のブログ

タグ:親子

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。
暑いですね 

さて、通常レッスンがお休みの当教室ですが、最終イベントである「絵本を読み&絵本作りワークショップ」を木曜日にひかえております このイベントもとてもお勧めです というのも、こども英語において、絵本からの学習は最適 なのです!!これは、私、こども英語について勉強すればするほど、「本当にそうだ!」と確信していることです!!

絵本はこどもにとっては身近な存在、そしてママやパパから読んでもらうということも取り入れやすいのですが、では、実際は英語絵本を読み聞かせるのにはちょっとしたコツが要ります 英語が上手に読めない~というところでつまづく方もいらっしゃるのですが、そこは少し練習すれば大丈夫です。その練習方法、そして、英語には自信があるという方(自信はないけど、普通には読めるという方)、こども一緒に読む方法を伝授します ・・・あ、今一文字大きくしちゃいました

というわけで、ママ・パパに伝授するワークショップでもあるのですが、お子様が小学生以上の場合、場合によっては、お子様だけのご参加もOKです。その場合、保護者さまには、プリントをお土産にお渡しします お子様たちは、教室で絵本を使ったレッスンを受け、後半は、オリジナルの絵本作りを行います。

このオリジナル絵本ですが、おうちに持って帰って、ぜひ大人の方と一緒に読んでほしい 活用してほしい というわけで、こちらの絵本をベースにしたいと思います

_20190819_092918[5010]

中身はこんな感じ。

DSC_1408[5011]

今回は、レッスンでアクションを学び、絵本作りに活かしたいと思います

こどもたちの力作が楽しみです。

そして、このワークショップ、なんと定員に空きがあります
夏休み最後の?思い出にいかがですか?

はじめまして、のみなさま、よかったら教室のHPもご覧ください。
ご連絡お待ちしております こちらよりお申込みできます。
    mixiチェック

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

さて今日は、明後日8/17(土)開催の「英語で夏祭り」の準備のひとつ、寒天粘土を試作してみました。
とても簡単に作れて、色を付けるときれいです。
DSC_1397[5005]
当日は、これをつぶして触感を楽しんだり、色を混ぜたり、場合によっては足でつぶしてみたり・・・したいと思います

今回の夏祭りでは、ほかにも、わなげ、空気でっぽう射的、おもちゃの金魚すくいをやります
レッスンプランを練りまして・・・ 通常のサニーバニー流オールイングリッシュレッスンも取り入れたいと思います。

実はこのお祭り、まだ若干空席があります
明日(8/16)まで受け付けておりますので、急遽、参加したいよー!と思われた方、参加申し込みフォームからお申込みください。

お待ちしております。
    mixiチェック

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

先日から続けてになりますが、夏のイベントのご案内です

この夏、一番はじめのイベントは、その名も 英語朗読劇ワークショップ3days

7/31(水)から3日間、私と一緒に練習をし、最終日の夕方6:00~ あざれあ小ホールにて練習の成果を発表します。題目は、絵本に基づいたものを予定していて、おなじみのはらぺこあおむしにする予定です
こちら、小学生さん推奨ですが、未就学児さんでも我こそは!という方はぜひ挑戦してみてください。場合によっては親子で舞台に!ということも可能です。

朗読劇って何って思われるかと思います

絵本「はらぺこあおむし」をベースにオリジナル台本を書き下ろし、参加してくれるおともだちに合わせたセリフを作ります。オリジナルで私が作成するので、「より実践で使える」をひとつテーマにしております

実は、英語朗読劇、私はその昔、専門の先生のもと、勉強をしておりました。
短大では先生のゼミをとり、ESSサークルでは英語劇をやり、音声表現によって英語を学ぶという手法が私には身近でした。活字の裏や行間まで読んでセリフを活きた言葉にする・・・とでも言いましょうか。

例えば、はらぺこあおむしなら

On Monday, he ate one apple.という英文は、どういう状況で誰が誰に対してどのように伝えている英文なのか・・・と、ここからはじまり、より深く英文や状況を理解し、自分の頭・体・心をフルに使って英語を習得していくという手法です

難しそうですか?
楽しそうですか?

舞台は簡易舞台になります。たくさんのセットや大道具は使用しません。
でも、簡易的な小道具や音響は使い、それらも含めて表現をしていきます。

私はだんだん楽しくなってきました

やってみよう!と思ったおともだち、ぜひぜひ一緒にやりましょう

このイベントの詳細
このイベントの申込

よろしくお願いします!

ちなみに、上記、「その昔」話の先生とは、南山短期大学名誉教授 近江誠先生です。
さらにご興味がわいた方、先生は現在も英語教育を変えるべく活動されていらっしゃいます。
こちらが、現在先生が活動なさっているアカデミーです。大人の方でご自身の英語力に磨きを!と思われる方、ぜひご参照ください。
    mixiチェック

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

今週は当教室は変則的なスケジュールでして、年度当初、うまくいけば英検ジュニアを実施できるかな、と見込んでいた?ところなのですが、結局、英検の実施はせず、レッスン日にも充てていなかったため、教室としては火~木はお休みです。お休みだと、おともだちと遊びたい!!というみんなの希望があるみたいです 今の子は、授業に習い事に忙しく、お友達と遊ぶのは貴重なのかもしれません。お休みのみんなには、ぜひおともだちと遊んでほしいと思います

さて、英検実施をなぜしなかったのか?もしくは、できなかったのか?ですが、

実は両方です。

当教室はまだまだ規模が小さくて、今年度途中から入会しているお子様が多数おられること、受験したいという希望も一部あったのですが、レベルや曜日の調整し、皆のご希望に沿った形で実施することは現実難しいです。なので、「できなかった」です。

ただ、できたとしても、やはりしばらくは見送ろうと思います。

なぜか・・・

英検は、英語力をはかる指標にはならないから です。

中学受験や高校受験などの受験もそうなのですが、要は、紙の試験ではかれるのは、能力の極々一部であって、逆に考えれば、テクニックをもってすれば、その一部の能力はカバーができ得る・・・

ブループラネットアカデミーは、英語に&英語で夢中になり、英語力をつける教室であって、英検を取得するための教室ではないです。

とはいえ、では英検は受験しない方がいいのか??英検合格を目指したり、そのための勉強はどうなのか??については、私としては、はまりすぎない程度にざくっと取り入れるのはむしろ賛成です

英語が好きになっているお子さんたち、英検も楽しいと思います。英検ジュニアはいまは集団受験よりも、自宅でインターネットで受験することをメインにしています。パソコンを使って、親子で挑戦(問題は子どもが解きますが、パソコン環境は親が整えてあげ、実際の問題を解く前に、クイズやら学習やらをし、その後、実際の問題を解きますが、この時も、まだ子どもひとりでは何かあってはいけないので、親がそばで見守る必要があります。)、問題ができれば、うれしくなり、もっとやりたい気持ちにもなるかと思います。

これ、すごくいいことだと思います!前回のブログに書いた「親の前向きな姿勢」、親子二人三脚で英語力をつけるのにうってつけかと思います。我が家もやりました。うちの長男も、パソコンを使ってクイズをしたり、問題を解くことが楽しそうでした。全部わからなくても、知っている単語をひろいながら、結構解けたりします。受験して少し経つと、証書も送られてきます 1回できると、次はレベルアップしたくなったり。。。

でも、忘れないでください。

英検で英語力をはかることはできません。

英語力が欲しいですか?英検の証書が欲しいですか?

英検を英語教室で受けてしまうと、「英語」の中で「英検」の存在感が大きくなりすぎ、試験結果がダイレクトに出ると、子どもも親も、英検の結果が英語力だ、と勘違いしてしまいます。

英検・・・ジュニアの場合は、ぜひご自宅で受験しましょう!
くどいですが、英検の結果=英語力 ではありません。これが分からない方は、むしろ受験は控えられた方がいいかと思います。

当教室の英検については、生徒さんが増え、体制が整い、かつ、このブログでくどくど繰り返していることを保護者の方が理解される日までは延期です。おうち英語実践中の方は、ぜひ親子でパソコン受験、挑戦してみてください。



    mixiチェック

Happy New Year!
静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

みなさまよい年末年始をお過ごしでしょうか?
英語教室のレッスンは7日からですが、未就学児さんを中心にママのご実家でゆっくりされるご家族もいらっしゃるようで、ぼちぼち振替のリクエストもいただいています。私もそうなので思うのですが、やっぱり実家帰省はほっとしますね

はい、わたしも3泊ですが、実家帰省してきました。
ここのところ、毎年末に同窓会などの予定が入り、それ目的で帰省していましたが、今回の目的は、以前から気になっていた探求学舎さんのこどもが輝く魔法の授業。ちょうどこのタイミングで小3以上対象の算数図形編という冬期講習が実家近くで開催され、これは長男に参加してもらうしかないでしょ!と、一応長男の了承を得て申込をしました。(今日のブログは、この「こども対象」算数セミナーの話です。)

こどもたちが夢中になるってどういうことなのか? しかもこちらの講座、たいてい小1~中3という幅広すぎる年齢が対象。(今回は小3からでしたが、なるほど、割り算までを習得している必要がありました。)その中身をとっても知りたかったことと、算数嫌いの私が、純粋に楽しい学びの世界を体感できるのか?という興味、、、完全に自分が楽しみで申し込みをしました。学びの本質に触れるからには、それを自分の仕事に、人生に、100パーセント生かしたかったですし!

で、この講座を受けて、率直な感想ですが。

満足しました。
これ、90分を3コマ×2日という、わりとみっちり勉強するのですが、長男は楽しく受講できましたし、どうなるかと思った次男(年中児)も2日間、見学できました。もちろん授業だけ見ていては、年中児は飽きてしまいますが、ひらがなドリルをしたり、授業を見たりでまずまず楽しく?過ごせました。

で、何が魔法なのか、、、ですが、これに関しては、やっぱり「魔法」ってないな、が感想です。
学びそのものが「楽しい」。楽しくなるように工夫はしていましたが、試験のためでもなければ、何のためでもない、純粋な学習は楽しいんです。そういう意味では、学校教育でもこれに近いことはできるように思いましたし、実際に私学や公教育でも一部では実践されているのでは?とも感じました。
そういうわけもあって、申し訳ないながらも、提出したアンケートはだいぶ辛口となってしまいました
いや、楽しかったし、充実していましたが。

ずっと考えていましたが、英語も、純粋に英語を楽しむ短期講座、やりたいですね!
とにかく「楽しく」、英語の世界への扉を開く、そんな出会いがBlue Planet Academyでした、というキッズをどんどん輩出したい!それがこれから私が取り組んでいくことかと思います。

みなさま、本年もどうぞよろしくお願いします

    mixiチェック

このページのトップヘ