LEARNING IS FUN こどもが英語に&英語で夢中になる教室

バイリンガル輩出率100%を誇るサニーバニー式カリキュラムを採用し、2017年秋に静岡市に開校したこども英語教室Blue Planet Academy代表のブログ

タグ:親子英語

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。
いよいよ近隣の公立小学校も夏休みに突入です!

以前幼児教室で勤務していたとき、「こどもはみんな”できるようになりたい”という向上心を持っている」ということを学んだんですが、先日こういうことがありました。当教室の園児クラス在籍のお子さんが、「英語もうやめる!」と突然言い出したんです このお子さんはすごく優秀で、教室でもいつも活躍していて楽しそうにしているため、お母さんも「え?突然なんで?」と思われたようで、家に帰ってよくお子さんの言い分を聞いてみたそうなんです。そしたら・・・「英語がしゃべれない」って本人は思っていたようです。と教えてくれました。私たち講師には「基準」というものがあって、日本語環境にいる園児のお子さんが英語教室に通うだけですぐに(数か月とかで)ペラペラとしゃべるようになるとは思っていなく、(←これは、講師でなくてもみなさん共通認識かと思いますが)、当教室の生徒さんのように、長くて1年くらい通ってくださっている園児さんについては、教室で習う単語やフレーズを使って簡単な会話をする、というところが基準点です。園児さん初級クラスの場合、つまりは、できない子でもそこ(最低そこは到達!)、できる子でもそこ(最高でもそこの域から超えない)、です しかし、その子の中では、もっもっとペラペラとしゃべりたい!という向上心がどんどん出てきていたんですね そしてそう思った時に、「あれ?ペラペラしゃべれない」って気づいたんですよね。お母さんがお子さんの話をきちんと聞いてくださり、お子さんは、また晴れ晴れとした気持ちで頑張ることができるようになりました 

うちの次男(未就学児)の話をします。
どうやら彼は、長男が所属している少年野球チームに入りたいという気持ちが強いようなんです。
でもいざ練習している場所に連れていくと、自分は小学生のようにはプレイできないと分かっていて、怖気づきます。

小さな子でも、自分がいる道の先が見えて、客観的に「できない」と分かるんですね。

さて、↑英語教室の生徒さんは・・・やる気を取り戻したレッスンでは、I like to play soccer.と突然雑談?が飛び出したかと思えば、I like to play (ともだちの名前)と私に主張しまして、つまりは、そのともだちと遊びたいと、知ってる英語をフル活用で教えてくれました。(補足することではないかもしれませんが、正しくは、おともだちの名前の前にwithが入ります。) ・・・もう、私はびっくりで目が点、感動で鳥肌、ペラペラしゃべりたい気満々なのだなぁと受け止めました!レベル的にはまだまだ知ってる単語をくっつけて2語にする&多少のフレーズを繰り返している段階なのに! 彼に合ったペースでレベルアップできるよう、どんどん引き出してあげたいですね!

IMG_20190724_152114[4481]

話がまとまらなすぎなのですが、子どもをよく観察し、並走することって周りの大人ができる最良の導き方法なのかなと思います。この優秀な園児さん生徒の場合、優秀だからこそ先を見ていて、不安になってしまっていたのかもしれません。それは、導く側=講師である私が、うまく褒めてリードできていなかった、ということにもなります。うまく並走してリードし、ぐいぐい成長するための手助けがしたいですね!

ママたちもお子様たちをうまく励まして並走できれば素晴らしいと思います!
「大丈夫、できるよ!やってみよう。」
愛してるよ!見守ってるよ!と暖かく見てあげるというのは親としての素敵な役割かと思います。

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

前回のブログで『自分の自己肯定感を高め、他者を認め、チームとしてうまくやっていけるのか』というのが当英語教室としても目指すべきゴールなのだと自分にも言い聞かせ、確実に達成すべきゴール、ということでみなさまとシェアしたわけなのですが。

未熟な状態だと、「自分だけよければいい」とか「自分はできた(やった!) でもみんなはできない(だから自分すごい、けど、みんなはそうじゃない)」 みたいな状態に陥りやすいです。

これを少しずつ改善していきたい・・・少年野球チームじゃないですが、個人の技術向上は大事 しかし、チームとしての技術の底上げ、ブループラネットチームとしてみんなが技術向上することはとても大事なので

というわけで、昨日の小学生チーム(←もう「チーム」と言っちゃっていますが)。

絵を見て3文字の単語を書くプリントをやりました。
cat, bed, dog, mug, netなどなど。。。

このレベルだと、スラスラ書ける子もいれば苦戦する子もいます。
大体の子は、何問か苦戦しますが、フォニックスをおさらいしながら自力で解いていきます

昨日のチームは、スラスラ書ける子、何問か苦戦するけどまぁまぁな子、割と苦戦する子で構成されていました。
スラスラ組、まぁまぁ組が終わると、苦戦組が残るわけです。
フォニックスシートの登場です。
jolly phonics
catなんかはみんなスラスラ書けるんですが、例えば、bedは日本語英語の影響か、betになってしまったりするんですね、、で、b eまで書いて最後の文字が書けていないと、もう書き終えて〇をもらった組は、最初は、d d dとdの音で教えるんですが、なかなか書けなかったりすると、シート(写真右下)を登場させてd, d, dramと言ってみたり。そこまで仲間がヒントをくれると、「わかった!」ってなるんです 答えを教えるでもなく、まさに、仲間の力を底上げしてくれているんだな、と

こういう姿勢を大事に、思いやりを大事に、成長していける教室でありたいと思います

こんにちは。静岡市 子ども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。
ここのところ、HP、ブログ、FB等々での発信がかなりのスローペースとなってしまっておりました。

その一つの理由としては、長男が4月から週4回練習をするスポーツ少年団に入ったことかなぁと思います。
いきなり週4回というのは結構なハードルでして、保護者としてもそのリズムにのることなどに慣れるため、時間が必要でした まぁそんな中、サニーバニーの中級講座があったり、新学期に新しいおともだちを迎えての日々のレッスンがあったり・・・ 日々のレッスンは手を抜くわけにはいかないので、精いっぱい務めるのですが、プラスアルファのイベントやママ講座などは先延ばしにしていた次第です・・・

ちょっと雑談しますが、スポーツ少年団、いいですね
何がいいって、子どもたちがすごくいいです
私は子どもとどこかへでかけると、どうしてもスタッフ目線や指導者目線になってしまうのですが、指導者がいいのか、保護者がいいのか、そういう受け継がれているものなのか、はたまた元々の子どもの素質がいいのか・・・
まぁ、おそらくそういったものが全て調和されてのことかとは思うのですが、「こどもの質が高い」と感じます。

例えば、大きな声であいさつをするとかって、よく指導されると思うんです。
それ自体は、ある程度習慣化させることができれば、割と、しつけられたいい子を量産することができるんだと思うんです。まぁこれも大事かと思います。でも、わたしがここで感じているのは、そういうことではなく、「人間として質が高く教育」できるか。。。自分の自己肯定感を高め、他者を認め、チームとしてうまくやっていけるのか、です。

英語レッスンの話。
どんどん、あるいは少しずつ、英語がうまくなる。よくできるようになる。
でも英語はグループで受けている。
他者も大事にできるのか。他者を認め、ともに高まっていけるのか。
表面化する技術の裏に隠れている部分こそ、今後ますます着目していきたいところです。

と、ここまでが前置きでした。・・・長い

そうです。これからは英語教室としての活動も加速いたします。8月は通常レッスンを行わないのですが、その間に、主に、小学生初中級クラスの構造改革をし、幼稚園生や小学生初級クラスも含めて、秋募集にも力を入れていきたいと思います!新学期、残念ながら都合がつかず、教室をやめてしまったおともだちもいましたが、イベント等には来たいです!と言っていただいておりましたし、イベントも行っていきます

告知が遅れてしまっているのですが、今週中には、8月開催のイベント・短期講座等のご案内を出しますね。

今、ざっとご案内するとこんな感じです↓

幼児・小学生対象! 3日間朗読劇ワークショップ
   7/31~8/2(水・木・金) オールイングリッシュレッスン付き、
   オリジナル台本による、より「自己表現」を重視した構成
   題目:The Very Hungry CaterpillarまたはGo Away Big Green Monsterをベースにオリジナル劇&朗読
   
親子イベント! 英語で夏祭り
   8/17(土)10:00-11:30 オールイングリッシュレッスン+ミニゲーム・ダンス・寒天粘土作成など

英語で陶芸&竹を切って流しそうめん! Blue Planet Academy初、合宿型体験ツアー
   8/19~20(月・火) オールイングリッシュレッスン&外国人陶芸家によるワークショップ付き 
   自然体験ツアー 

絵本読み・絵本作りワークショップ
   8/22(木) 絵本読みレッスンおよび、おうち英語のための絵本講座、そしてオリジナル絵本作り
   
いま決まっているのが以上です。
それぞれ詳しくご案内できるように準備していますので、いましばらくお待ちください。
フライイング問い合わせも歓迎します(笑)

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。
あわただしい年末、いかがお過ごしですか?

私は・・・、体験レッスンやサークルなど、レッスンのコマ数自体が増えたこと、週末のクリスマス劇ワークショップの追い込みなどなどもあり、疲労がたまったのか、何だか体が動かない・・・状態だったのが昨日の昼 夕方のレッスンまでの間に、クリスマス劇のことやら来月の準備、来るべき我が家の一大イベント(=クリスマス)←これは完全プライベートですがの準備などができれば!と思っているものの、動けない・・・ま、仕方ないと自分に甘くなってしまいました。

そして夕方は、園児クラスに続いて小学生初級クラス
完全に凝り固まっていたからだが突如、めっちゃ動きました(笑)
この不思議現象 
理由はもう一つしかありません!
みんなレッスンが楽しそう!で、みんなの成長をひしひしと感じます。
私、本当はこういうみんなの姿をカメラにおさめて、みなさんにお見せし、教室の宣伝に使いたいんです(笑)・・・が、ひとりでやっているとなかなか難しく、イキイキとしたみんなの姿は私が独り占めしています
私、みんなの正面の特等席にいますから!

いま一番お勧めの園児クラスは、今月入会の子が、張り切って絵本読みを披露してくれるのですが、「ぼく英語分かるから聞いてて!」と言う、私たち大人からしたら「勘違い」ともとれる自信 できることが楽しくて仕方がないんだと思います 

思えば去年のオープンからしばらくの園児クラスは集客に大苦戦しました
マンツーマンでポツンとひとクラス、、、みたいな状態が続きました。
それが、本当に少しずつですが、お友達が来てくれるようになり、そうすると、見学に来た方も「え、まだこの子たちは、英語始めたばっかりなんですか?」と驚かれるほど、活気がでてきたりして

と言っても本当に、やっとスタートできた!という感じなので、まだまだこれからなのですが、、、、やっぱり園児クラスはお勧めです!

小学生初級クラスの方は、おかげさまで長い子は英語歴1年くらいになりました。
絵本が何冊も読めるようになり、自信が持ててきたように感じます

昨日のレッスンをしていて、少しずつ「文章」の英語(単語ではなく)が出てきている姿を見ることができ、さらに!レッスンが終わっても英語モードが抜けず、(オールイングリッシュはGood-bye songまでと区切っていますが)英語でじゃれあって?いる姿を見ることもできました

というわけで、小学生初級クラスは、「文章」や「かたまり」が自分の言葉で出てくるよう、来年度のレッスンプランを練りたいと思います!! そしてゼロレベルの初級クラスも、来年度は作ります! 新1年生、2年生、3年生、4年生、5年生、6年生のみなさん!ぜひ一度遊びに来てください~。

特別体験会のスケジュール
、更新しました。

img002 (2)



こんにちは。静岡市 こどもの英語力と国際基準を育てるBlue Planet Academyです。

さて突然ですが、Eテレで毎週土曜日の夕方に放送しているアニメ「メジャーセカンド」をご存知ですか?
原作を読んでるわけではないのですが、うちの子どもたち(5歳・9歳男児)と私とで毎週の放送を楽しみに見ています。これ、タイトルのとおり、野球漫画で、セカンドの前には先代の「メジャー」が放送されていました。先代のメジャーも少し見ていましたが(こどもたちが生まれるずっと前なのでずいぶん前の話です。)、先代メジャーの主人公の息子が主人公となっているのがこの「メジャーセカンド」です。

セカンドの主人公はそんなにバリバリ野球が上手じゃないってところから物語ははじまります。
チームメイトにも「七光り」とか「センスないベンチ下がれ」とか色々言われます

そんなとき、相手チームのきわどい打球を追う場面で、『はなからセンスなんかねーんだよ!センスがねーならただボールにくらいついていくだけだ~~~!!!』っていう主人公のセリフがあるのですが、これがめちゃくちゃ心に響きました

私、これを言うのもなんですが、こどもに英語を教えるセンスがあるのかと問われると微妙です。いや、微妙というより、ないと思います こどもが好きかとか英語を教えるのが好きか、といった問いについては、好きでもなければ嫌いでもない、という回答になるかと思います。こども、、、、好きですが、大好きかと言われるとそうでもないし、正直こどもの相手も全く上手でもありません。すみません、ちょっと正直に言いすぎました。

いま私は個人事業主としてこども英語教室を開き、実際にレッスンをしています。
好きなこと、やりたいことを叶えたね、と言われると何とも違和感があります。
好きなことやっています!やってます、、し、英語レッスンは今は大好きですが、それは、実際やってみた結果、『思っていたよりずっと楽しかった』であって、「大好きなことだからやりたい」と思っていたわけではないんですね。

でも私はこの仕事を選んで、もうずっと前から(それこそ結婚したころか、あるいわその前から)英語教室をやりたいと言っていたわけです。そんなに好きなことでなかったとしても。

と言うのも、私がここで言う「英語教室」というのは、英語を教える場所という解釈ではなかったのです。
もちろんそういう場所ではあるのですが、私が焦点を当てているのはそこではなく、「英語を楽しみ、英語に親しみ、英語力がついて、国際的な視野を持つこどもを育てること」・・・それから、学校の授業とは違ったアプローチをし、”学ぶことは楽しいこと”と気づく場所を提供する」・・・これなんです!英語教室という箱を使って、その箱を開けた中身の部分にこれを入れたいんです!!

こういう背景があって日々あれこれ考えたり、勉強したり、まぁ色々やっているわけです。
いうまでもなく、この中身を作り上げるにはまだまだ発展途上なので。

私もはなからセンスがあるわけではないので、実践で磨きをかけたり、情熱を持って取り組んで、ただただくらいついているわけです

ちなみにアニメの中では、きわどい打球はしっかりキャッチし、ホームをさすファインプレーとなりました。
ミスもあればファインプレーもあり、情熱を持って取り組んでいる、、、とっても素敵な主人公です。

DSC_0334[1236]

真ん中7冊は先月私が購入した本たちです。
ちょっと一気に買いすぎました。
読むスピードも遅ければ、読書は、朝ごはんを作りはじめる前と子どもたちが夜寝た後と週末のみと決めているためまだ全部読めてはいないですが、どれもとても面白く、わたしの仕事=やりたいことに活きるエネルギーとなっています。

私はこんな感じなのですが、とにかく情熱を持って食らいついてはいるので、大手の教室より面白そうだぞ!と思われた方、ほかの教室ではちょっと合わなかったという方、そうでなくてもお近くの方はお会いできれば嬉しいです





このページのトップヘ