LEARNING IS FUN こどもが英語に&英語で夢中になる教室

バイリンガル輩出率100%を誇るサニーバニー式カリキュラムを採用し、2017年秋に静岡市に開校したこども英語教室Blue Planet Academy代表のブログ

タグ:静岡

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyです。
本日はハロウィンイベントでした

ハロウィンは人気イベントなので午前・午後の2部制です。
午前中は小雨の降る微妙な天気となってしまいましたが、元気なおともだちに会えてうれしかったです。
午後は一転、暑いくらいに晴れました。

DSCF4006
DSCF4021

今回は、おなじみの基礎単語とハロウィンにまつわる単語を使ってゲームをしました。
絵合わせゲーム、なかなか盛り上がりましたよ。
DSCF4028

そして教室生にはおなじみのハロウィンソングでもうひと盛り上がりしたあとは、お楽しみのハロウィンスライムづくり。好きな色やラメで着色して作成しました。
DSCF3981
DSCF3992
DSC_0853[1976]
いろんな色でできあがりました。

最後はおなじみのTrick or Treatの合言葉でお菓子のお土産をゲット!

DSCF4001
DSCF3999
みんながとっても大きな声でTrick or Treatと言っているのを聞いてとっても嬉しかったです。
英語は大きい声で言うと上手になるようですよ!

午前の部では、スライムづくりをしながらABCソングを歌いましたが、午後の部では、あらためてみんなで歌いました。なぜかカラオケverのCDをかけてしまい、焦りましたが、逆にみんなが大きな声で歌ってくれているのがよくわかって、これまた嬉しかったです。と言うか、みんなと歌うABCソング、楽しかったです!

今回お手伝いをしてくれたスリランカ出身の学生さん ありがとうございました。
DSCF4003

次回イベントは、12月24日(祝)のクリスマス会@グランシップ練習室です。
それに向けての、クリスマス劇ワークショップに参加してくれるおともだちも現在募集中です!
こちらも盛り上がりたいので、ご興味があるおともだち、一緒に英語劇をつくりましょう!

こんにちは。静岡市 こどもの英語力と国際基準を育てるBlue Planet Academyです。

Blue Planet Academyの英語教室は8月はお休みになります。
せっかく英語に定期的に触れているため、お休みはあまりよくないと思いながらも、日本は長期休みがここしかないため、この長期休みにしかできないことをここでは経験してもらいたいと思っています。
何も「留学に行けーー」っていうわけではないです。
でも、夏休みには魅力的な海外体験プログラムがたくさんありますね。

そしてわがBlue Planet Academyでは、夏休み短期プログラムを企画しました

2.5時間×3日間 なのですが、短期なら通える!とか、ちょっと体験してみよう!とか、普段の教室がお休みだけど英語やらないのはちょっと・・・と理由はなんでもOKですが、ご興味のある方にご案内です

サマー短期プログラム (ホームページにとびます)

2歳~年長さん向け親子コース
A) 8月3日(金)6日(月)7日(火)・・・午前9時~11時半 ゲスト講師:フィリピン人・カナダ人 →残2(7/3現在)
B) 8月14日(火)・15日(水)16日(木)・・・午前9時~11時半 ゲスト講師講師:アメリカ人 →残2(7/3現在)

小学生コース
A) 8月8日(水)9日(木)10日(金)・・・午前9時~11時半 ゲスト講師:カナダ人 → 満席御礼
B) 8月20日(月)21日(火)22日(水)・・・午後3時~5時半 ゲスト講師:フィリピン人 →残1(7/3現在)

今年はこの4つのパターンです。

特徴としては、普段の教室では日本人講師によるレッスンですが、サマープログラムではゲスト講師をお迎えします メイン講師は日本人(私)ですが、日替わりで色々なゲストの方にお越しいただく予定です。

そしてそして!! 普段はなかなかできない大がかりなセットを用意します

今回のごっこ遊びのテーマは『キャンプ』

テント張って、キャンプファイヤーごっこして、キャンプファイヤーソング歌って、釣りして・・・・ベアーハントもする予定です(笑)

このごっこ遊びのヒントを得ているサイトはこちら
本格的でワクワクしませんか?

また、小学生コースでは、「おおきなかぶ」の動画を見て深読みしながら、劇発表までしたいと思います

ご都合がつく保護者の方はぜひその時間は見学にいらしてください。

おかげさまで小学生コースは残席僅かです!
この夏、わたしたちと一緒に楽しい思い出を作りましょう~
18サマーポスター_01



毎日暑いですが、今日も暑いです
昨日は、主人が休みをとっており、子どもたちも学童と保育園をお休みし、一家で教室候補の物件を見に行きました いま、契約の準備中です 無事に契約ができたら、一気に加速しますよ~

さて、私の尊敬する、羽織愛先生が本を出されました

この本のうしろの著者紹介をみると、羽織先生は、

SUNNY BUNNY Language Education株式会社代表取締役社長
早期バイリンガル教育に力を入れている、今最も注目を浴びている英語教育者の一人
運営する英語教室では、「どんな子どもでも英語で話せるようになる」と評判のカリキュラムと卓越した指導力が話題となり、入会を希望する親が後を絶たない・・・・(略)。

とあります

色々と忙しく(⇐言い訳)ずっと書きそびれていましたが、私、SUNNY BUNNYさんの講座を受け、一生懸命勉強し、デモレッスンをやり、試験を受け、初級認定講師となりました
羽織先生にもお会いし、直接ご指導もいただきました 
Blue Planet Academyのこども英語は、SUNNY BUNNYメソッドのオールイングリッシュカリキュラムです 乞うご期待。

前置きが長くなりました。
羽織先生の本はこれです。


お会いしたことはないのですが、ブログ等でいつも拝見している山移玲先生と共同で書かれています。

これ、正直、私は、羽織先生やSUNNY BUNNYを知らなければ、たぶん買わない本です。
そんな本を、羽織先生やSUNNY BUNNYを知っている今、何の迷いもなくAmazonで予約しました。
で、届きました。で、読みました。

私の、おうち英語に対する考え方が、ガラッと変わりました
これまでいろいろな方の英語育児の成功体験談やhow to本を読みましたが、結局私はおうち英語を実行するという選択はしませんでした。おうち英語に興味があったから、色々な情報を得ていたんだと思いますが、私のやりたいことの中では、おうち英語 は優先順位が1番ではありませんでした。そして、おうち英語にはリスクがあるなと感じていました。この本を読んで、私のおうち英語の順位はドンドンあがり、(こどもは大きくなってしまったけれど)リスク回避の方法もわかりました。

これからの教育の分野で熱いのは、コミュニケーション力、思考力、英語力、プログラミング、、、あたりじゃないかと思うんですが、じゃあ親は何ができるのか?と考えた時に、おうち英語、いいですね 特に未就学児親子におすすめです。教室でもおすすめしていきたいと思います。

工夫は必要だと思いますが、就学児とのコミュニケーションにもおすすめです







連日暑いです 蒸し暑い夏になると脱アジアしたくなります
暑くて気分が乗らないのに、世間は夏休みなのに、遊びたいのに、・・・なのに、
「なんで英語なんてやるの~?」ってことがあると思います。

先日モニターレッスンで来てくれたお友だちも言っていました。
Blue Planetはまだ教室が整っていなくて、いまは講師の自宅にて、講師の勉強のため、または、ご希望に応じてモニターレッスンを行っています。(ご希望がある方はぜひお問い合わせください!2名以上で日程調整いたします!)講師の自宅に来たことがあるお友だちは、ここが「遊ぶ場所」だと思って当然だし、おもちゃなどがある場所も知っていたり、うちのこどもと遊ぼうとします ・・・当然ですね。
でも、みんなしっかりモニターレッスンしていただきました

そして私は、気づきました!!
そうやって遊び感覚で来てくれているおともだちも、みんな例外なく、伸びる力を持っているなぁと。
1レッスンの中にぐっと集中する時間があり、力を発揮してくれる瞬間が結構あります
レッスンでは、そういうチャンスをたくさん与えてあげられるように頑張ります 

話を戻します。
なんで英語!?!?
って思いますよね。
こどもが英語を勉強するときのモチベーションは、どこにあるのでしょうか?
正直、こどもが英語を学ぶのは、
「映画を字幕なしで分かりたい」とか
「海外のお友だちと仲良くなりたい」とか
「英語のアニメや絵本が分かりたい」とかではないですよね。
(英語圏で生活をし始めたというお子さんには当てはまる部分もあるのかもしれませんが。)
こどもが英語を学ぶのは、英語そのものが楽しい!と思えるからです。楽しいと思えない英語はやらないほうがいいです。

Blue Planetのこども英語レッスンは、楽しいと思える要素満載にしたいと土台づくりをただいまおこなっています。歌や絵本での楽しい雰囲気づくりもそうなのですが、少しずつ英語が「わかる」「できる」その力を発揮することでどんどん楽しくなると思います。

ところで、こどもはシンプルですが、大人はどうでしょうか?
なぜ英語を勉強しますか? または、なぜこどもに英語をやらせたいですか?
まだまだ議論できそうですね。
次回に続きます。

このページのトップヘ