LEARNING IS FUN こどもが英語に&英語で夢中になる教室

バイリンガル輩出率100%を誇るサニーバニー式カリキュラムを採用し、2017年秋に静岡市に開校したこども英語教室Blue Planet Academy代表のブログ

タグ:静岡市

こんにちは。静岡市こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。
近隣の園や私立学校ではいよいよ夏休み突入!公立学校もあと少しで!というところです
当教室は、8月の通常レッスンがありません。
変わりに各種イベントをご用意しております ぜひこれだ!と思ったイベント、チェックしてみてください。
教室生以外の方も歓迎しております

というわけで、休み前レッスンの総仕上げ時期となりました
最近、各クラスの子どもたちがかわいくて 園での話とか、学校の宿題やクラブの話とか、スポーツの大会の話とか、レッスン前からいい雰囲気です みんなの園生活・学校生活・スポーツなどなど、色々応援したいです 小生意気な子たちもいます・・・ ママと離れるのに時間がかかる小さなおともだちも、ギャングエイジいやいや期も・・・、「みんなが楽しく英語レッスン」という私の課題に試練を与えてくれたりしていますが、一呼吸置くとやっぱりかわいくて、こうしてみんなの英語力+人間力を上げていこう!とか色々考えたりしています

園児クラスについては、「英語を英語で」さえ徹底してしまえば、本当に「知ってる英語」で「英語だけでコミュニケーション」を「楽しむ」ことができます 「話す」&「聞く」の部分に重点を置き、英語を使う「楽しさ」を知ってもらっています 園児クラス後半は「読む」「書く」にも触れていきます。園児クラスのゴールは、「英語を英語だけで・・・基礎的な単語や言い回しを定着させ、話せる英語の基礎を!+英語の音を理解し、基本フォニックス読み」。←ゴールはここです!就学の時に、ここの状態になっているところがゴールであり、始める時期にもよりますが、1年以上通ってくれるおともだちについては、このゴールは100%達成したいと思います!

小学生クラスのゴールは、「英語の本当の楽しさを知る」ことです
みなさん、英語の本当の楽しさってご存知ですか??
これは、もしかすると多くの大人の方が体感できていないかもしれないな、と思います。
サニーバニー式では、総合的に英語力がつくのですが、特筆すべきは「しゃべれる」です。
なぜなら、「しゃべれる」英語スクールが日本には他にないからです。
なので、当教室でもとりわけ「会話力」に着目しつつ、サニーバニーのやり方でレッスンを行いますが、私が思っているブループラネットアカデミーの小学生クラスでのゴールは、

英語を英語で理解し (←未就学児クラスからの引き続き)
英語での一次情報(本・ネット等)を拾い、吸収することができる+英語で発信・表現できる

ここかな、と思っています!

そのため夏休み明けの小学生クラスについては、一部をレベルアップさせ、「知的情報」を英語で取り入れるレッスンにしていきます 一部の小学生は、楽しみにしていてくれているようです
私はあまりクラフト系をやらないので・・・「工作やりたーい!」という声も上げてくれています。
工作も、やりましょう!!

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

当教室Blue Planet Academyは、サニーバニー方式を採り入れているという話はよくブログ等でもしています。この方式の核のひとつは、「ALLイングリッシュ」です。これはすごいこと&とても大事なことなのですが、実は、「ALLイングリッシュ」というのは、世間でも割と浸透しているかのような方式ではあるので、いまいちみなさんに伝わり切れていないだろう、ということで、今日はそのことについて書きます

まず、この「オールイングリッシュ」ですが、私たちの「オールイングリッシュ」というのは、ネイティブが英語をペラペラとシャワーのように生徒さんたちに浴びせる、というのとはまったく違います。世間で言うところの「オールイングリッシュ」は、どちらかというと、これに近く、分からなくてもなんでもいいから、とにかく英語に触れる!英語圏で生活すれば、英語はだれでもできるようになるんだから!というところから来ているのだと思われます。でもですよ? 例えば、私たち日本人にはあまり馴染みがない言語を具体的に何かひとつ思い浮かべてみてください。では適当に・・・ウルドゥー語とかどうですか?ウルドゥー語の単語を何か一つでもご存知ですかね? (もちろん知ってる方もいらっしゃるかとは思いますが、そういう方は別の知らない言語を思い浮かべてみてください。)さて、ウルドゥー語をネイティブにオールウルドゥー語で習うとしましょう。どうでしょう?ウルドゥー語のシャワーを浴びて何か得るものがありますかね? オールウルドゥー語のレッスンを日本人複数人で受けたとして、受講生同士は当然、ペラペラと日本語でしゃべりながらその時間が過ぎていくわけです。
はい、これが、一般的な方の「オールイングリッシュ」かと思います。

サニーバニー方式が違うのは、片言でもいいから、(というより、はじめはゼロ知識なので、当然ながら一単語が精いっぱいです。)英語だけで完結する環境を最初から作ってしまう、という点です。
最初は少し苦しいです。園児さんと言えど、日本語はペラペラとしゃべるため、(場合によっては、日本語とか英語とかの区別がいまいちついていない年齢でもあるかもしれません。)なかなか「英語だけ」という場には慣れません。でも、後々に日本語を介さずに英会話をすることを考えると、ここでの取り組みは、ものすごく大事です 

教室に通い始めて数か月すると、少しずつ、ボキャブラリーが増えていきます。ボキャブラリーの増やし方にも秘密があるのですが、そちらはまた今度にします。(もしくは、教室に来て聞いてください。)そのボキャブラリーを駆使すると、意外と「英語使える!」という体験がレッスン内でできます 

前置きが長かったのですが、園児さん初級クラスの英語レッスンをゲラゲラ笑いながら、少ないボキャブラリーを駆使して色々な単語を使いながら行っています 昨日のクラスは、本当に調子が上がってきていて、みんなの反応に「そうくるか」と、私もゲラゲラ笑っておりました。こちらは教える側なので、フラッシュカード等でリピートさせる一方通行なこともやるのですが、そこで言わされているだけだと、やっぱりつまらなくなっていきます。一方通行ではなく、子どもたちが反応して、私がさらに反応するので、英語だけでも楽しい むしろ、英語、楽しい になっていきます。すごいですね 英語だけのレッスンが楽しいって、私、以前は知らなかったです

昨日の園児さんは、今月のテーマであるボディーパーツを学習している時に、先月読んだ絵本の中から、″There's a hole″を思い出して言っていました。鼻の穴とか、耳の穴、とか、、、(笑)。動物カードで単数・複数、を同時に練習しているので、"They are two holes."くらいまで頑張れば言えちゃうこともあります 楽しくなってくると、英語を話してみよう!という気に益々なることもあり、いい循環が生まれます

Blue Planet Academy、さらにパワーアップしていけるよう、私も頑張ります!

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

先日から続けてになりますが、夏のイベントのご案内です

この夏、一番はじめのイベントは、その名も 英語朗読劇ワークショップ3days

7/31(水)から3日間、私と一緒に練習をし、最終日の夕方6:00~ あざれあ小ホールにて練習の成果を発表します。題目は、絵本に基づいたものを予定していて、おなじみのはらぺこあおむしにする予定です
こちら、小学生さん推奨ですが、未就学児さんでも我こそは!という方はぜひ挑戦してみてください。場合によっては親子で舞台に!ということも可能です。

朗読劇って何って思われるかと思います

絵本「はらぺこあおむし」をベースにオリジナル台本を書き下ろし、参加してくれるおともだちに合わせたセリフを作ります。オリジナルで私が作成するので、「より実践で使える」をひとつテーマにしております

実は、英語朗読劇、私はその昔、専門の先生のもと、勉強をしておりました。
短大では先生のゼミをとり、ESSサークルでは英語劇をやり、音声表現によって英語を学ぶという手法が私には身近でした。活字の裏や行間まで読んでセリフを活きた言葉にする・・・とでも言いましょうか。

例えば、はらぺこあおむしなら

On Monday, he ate one apple.という英文は、どういう状況で誰が誰に対してどのように伝えている英文なのか・・・と、ここからはじまり、より深く英文や状況を理解し、自分の頭・体・心をフルに使って英語を習得していくという手法です

難しそうですか?
楽しそうですか?

舞台は簡易舞台になります。たくさんのセットや大道具は使用しません。
でも、簡易的な小道具や音響は使い、それらも含めて表現をしていきます。

私はだんだん楽しくなってきました

やってみよう!と思ったおともだち、ぜひぜひ一緒にやりましょう

このイベントの詳細
このイベントの申込

よろしくお願いします!

ちなみに、上記、「その昔」話の先生とは、南山短期大学名誉教授 近江誠先生です。
さらにご興味がわいた方、先生は現在も英語教育を変えるべく活動されていらっしゃいます。
こちらが、現在先生が活動なさっているアカデミーです。大人の方でご自身の英語力に磨きを!と思われる方、ぜひご参照ください。

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

気付けばもう7月!このところ雨続きではありますが、夏です!
この夏のブループラネットアカデミーの企画は色々と熱いです

中でもとびっきりの企画が、静岡市観光協会、(公財)するが企画観光局さんとのコラボにより実現の「英語で陶芸+自然体験 1泊2日 in島田市笹間」

ブルプラ初の1泊!!です。

こちらですが、8/19(月)9:00静岡駅発 → 20(火)15:00頃静岡駅着 予定で、バスで移動します するが企画観光局さんが作成してくださったチラシがこちら!

JPEGチラシ

こちらのチラシ、ご希望の方は説明会に来ていただくか、私までご連絡ください。

そうなんです!山村都市交流センターささまは、廃校になった小学校の校舎を利用して宿泊施設にしているという、、、それだけでも私はワクワクです

今回目玉としては、笹間地区の豊な自然はもちろんなのですが、英語教室としては、「しっかりとした英語」です。たびたびブログ等でも言っておりますが、このたびサニーバニーの中級認定講師になったからには、静岡でも!普通の英語教室でも!ペラペラしゃべれる子どもたちを育成しようと活動します! 英語初心者からOK!というツアーではありますので、すべてをオールイングリッシュにすることはありません。「英語の時間はしっかり英語」からの「フランス人陶芸家さんとの陶芸体験は実践の場」というプログラムを練っています これは、下手な「ネイティブと一緒に英語ツアー」より確実だと胸を張って言えます だまされたと思って一度参加をご検討ください(笑)

まずは、説明会を開催します!
お茶を飲みながらの座談会的な気楽なものなので、ぜひお気軽に足をお運びください
お子様の夏休み中かと思いますので、お子様の同席もOKです!

説明会は、

7月19日(金)11:00
7月21日(日)16:30
7月25日(木)10:00
7月27日(土)10:00

いずれも、1時間程度、当教室にて行います。
おそれいりますが、教室は狭いため、、、、事前にご予約をお願いします。
こちらのフォームより、「●月●日の説明会希望」および参加人数を明記していただき、送信してください。こちらより折り返しご連絡いたします。

みなさまとお会いできることを楽しみにしております

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

みなさん、YouTuberのバイリンガールChikaさんご存知でしょうか?
YouTuberとしてはかなり早くから有名人で、特にYouTubeに興味のない私でも存じ上げているので、ご存知の方も多いかもしれません。私、Chikaさん、大好きです (と言っても、以前から存じていたわりに、動画を拝見するようになったのは割と最近ですが

で、ひとつみなさんにご紹介したい動画があるんです!


こちら、メルボルンのとある企業の紹介動画なのですが、もしお時間が許し、興味を持たれるようであれば、ぜひ見てみてください! 

今日はこれを見たうえで、私が留学を薦めたい理由のお話です。

私は日本で生まれ育ち、日本で義務教育を受け、日本の高校に進みました・・・普通に。
その私の経験(たしかに私は40代なので、学生だった頃と今では時代は違いますが)、それと、いま、日本で義務教育を受ける子どもの保護者として、感じること・・・

一言でいうと、「分厚い枠」。
ネガティブに言うと、「自由度の少なさ」。

動画に出てくる「やることさえやっていればあとは・・・」という文化
細かい決まりはない、事はとってもシンプル
成果を出す!仕事をして貢献する!
何が大事って人生思いっきり楽しむこと
休暇大事!家族大事!プライベート大事!自分いちばん大事!

「自分がどれだけ幸せに生きるか」って、おそらく一番大事なことなのでは?って改めて思いますね。

でも、人は、はじめは自分の家族しか知らなくて、自分の家族の常識が全てで、当たり前の世界の状態からスタートします。色々な出会いや社会を知って、「あれ?自分の家族とほかの家族ちょっと違うぞ」っていう気づきがあったりもします。次に、日本という社会に慣れすぎて、これが当たり前だと思っています。ところが、一歩外に出ると、全然違う社会の仕組みだったり、文化だったりが存在するんです。いまは、情報化社会なので、自宅のインターネットでもある程度のことは知ることができます。学校の勉強によっても学ぶこともあるかと思います。
それでも、肌で感じること、実際に「知る」「気づく」ことは、確実に「体験」することによって得られるのだと思います。オーストラリアという社会で、オーストラリア人の意見をたくさん聞きながら、実際に自分もそこに身を置いて体験してみる。

その体験による 「気づき」!! です。もしくは、そこで「何を感じるのか」

そして、さらに言うと、そこからの「行動」です。何に気づいたから、何を感じたから、どういう行動をするのか。日本社会に対してどういうアクションをとるのか。

留学の真の価値は、ここにあると思います。
自分の子どもに何をしたいか、と言ったら、この「気づく」「感じる」チャンスを与えたいって思います。
そこが、先の人生を豊かにし、自分を幸せにする出発点になり得ると思うんです。

ブループラネットの留学センターはこの夏から徐々に準備をすすめていきたいと考えています。
(ズルズル先延ばしにしてきましたが

声を大にして言いたいのは、私のベースはここなんです!ということですね。
英語を学ぶとか、視野を広げるとかいうこと、はよく言われることなのですが、その言葉だけだとなんだか薄っぺらく感じてしまいます。その根底にあるものを大事に、みなさんに真の価値を提供していきたいと思います

このページのトップヘ