LEARNING IS FUN こどもが英語に&英語で夢中になる教室

バイリンガル輩出率100%を誇るサニーバニー式カリキュラムを採用し、2017年秋に静岡市に開校したこども英語教室Blue Planet Academy代表のブログ

タグ:静岡市

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

英語教室も2週間程度の冬休みが終わり、今週からレッスンがスタートしました
みんないいお正月が過ごせたようで嬉しいです。
個人的には、「雪だるまつくった」というのが羨ましかったです
静岡は雪が降らないので、、、、なのですが、やっぱり降らない方が生活は楽なので、雪かきが必要な地域の皆様の労力を考えると、心苦しいです。

さて今週のこども英語のレッスンはすべて終えました。2週間のブランクの後のレッスンは、どうかな?と心配していましたが、一言で言うと、みんな素晴らしかったです ホント、昨日は感動して泣きそうになりました
というのも、今だから言えることですが、教室をオープンした当初、2週間の空きがあれば、「今までやってきたことは何だったの??」というくらいスタートに戻った感がありました そして他のお教室の先生のブログを拝読して、「休み明けでも素晴らしかったです!」みたいなご様子を知って落ち込んだり・・・
そういえば、1か月ブランクの夏休み明けも心配していたほどではなかったのですが、この冬休み明け、スタートに戻るどころかさらなるパワーアップさえ感じ、確かな手ごたえを得ることができましたーーーーー

昨日の園児クラス、そして小学生初級クラスの感動ポイントをシェアさせてください。

園児クラス
出席者3名、一番長い子でも通学歴8ヶ月。

お天気の場面で、私のHow's the weather today?を合図に、

It's cloudy.
No, it's sunny.
It's not sunny, it's windy.
It's sunny.
No, it's cloudy.
It's not rainy, it's not sunny, it's cloudy.

・・・・つづく

こどもたち3人で、こんなディスカッションがはじまりました

レッスンは夕方だし、教室からはいまいち外の天気が分かりづらく、はっきり言って天気は晴れでも曇りでもなんでもいいので、「今日の天気」はひとつには決まりませんでした。(こういうことはよくありますが、ここまできれいにこどもたちだけでディスカッションの形になったのは初めてでした

小学生クラス
出席者4名 長い子は通学歴1年3ヶ月

今月の新出単語の中にbookshelf(=本棚)というのがあり、レッスンを通じて何度かこの単語を登場させていましたが、みんなそう簡単に覚えられず、bookの後に何かつくんだったな、、、、のところでとどまってしまっていました。3度目くらいに登場した時、「あーーーなんだっけーーー?」と思ったのか、一人の子が私の横のフラッシュカードを取って (ここらあたりの椅子に座ってじっとしていない感じは少し目をつぶってほしいのですが) 講師用に裏に書いてある文字を発見しました。残念ながら初見では自信を持って読めなかったようで、Hint, pleaseと言われましたので、フォニックス読みをしようと、sh e l fに分け、それぞれの音を確認。SHELF!! の声でました 

実はこのクラス、フォニックスの理解がいまひとつだなぁと感じていただけに、キターーーーーー、読めたーーーと思いました 

(ちなみに、小学生なので、音だけでなく文字も並行して覚えるやり方でもいいのかもしれませんが、なるべく、「これ(絵または実物)」=「これ(耳で聞く英語)」というやり方をして英語脳に近づけています。)

「読めた!」もそうなのですが、みんなの英語に向かう気持ちだったり、楽しく学ぶ姿勢が嬉しかったです

こんな感じで、英語に夢中になれる教室にしよう!と心に誓いつつ、いいレッスンはじめとなったことのご報告でした。

仲間はまだまだ募集します!こちらで体験会のスケジュールをご確認ください。







こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

今日のテーマは「宿題」について。
みなさん、宿題ははかどっていますか??
学校の宿題はどうですか?塾の宿題はどうですか?英語教室の宿題は?

どうですか?

私の数年来の課題、「おうちでのとりくみ」についてまた最近考えています。
現状Blue Planet Academyのおうちでの課題ですが、未就園児さんに関しては特にありません。2か月に一度、市販の絵本を購入していただいていますので、その絵本をおうちでも活用していただくように取り組んでもらってはいます。園児以上のクラスについては、絵本セットの中から今月の絵本を読めるようにおうちでも並行して取り組みましょうという程度です。この取り組みでは、園児クラスのおともだちに特に効果があり、どんどん本が読めるようになったり、自信をもって発表できたり、本の良質なインプットをすれば、英語のセンスもあがると思っています 一方、小学生クラスの場合、このおうちでの取り組みができている子とそうでない子がいます。園児同様、おうちでの練習が活きているパターンもあります。グループレッスンなので、発表したり、他の子の発表を聞いているうちにその場で覚えるというパターンもあります。もしくは、フォニックス効果が活き、初見である程度読める子もいます。要するに、おうちでの取り組みについては、園児さんほどしっかりとできてはいないです。

そこです。

私は、単純にそこを「いい」「悪い」というのはどうかと思っています。というのも、話は戻って、「宿題」ですが、宿題って前向きに取り組めますか?

宿題あるいは課題を前向きに取り組めるってのは、よっぽどその課題が好きで面白くて、どんどん突き詰めたい時ではないでしょうか。小学生に学校の宿題をやらせるって、とっても苦労しませんか?挙句、無理やりやらせる「だけ」で、ためになるかどうかは定かではない、、、みたいになりませんか?

英語は教室だけでは身につかないよ、レッスン以外でどれだけ学習するかだよ、とか、
よい教室は、宿題をきちんと出す教室、とか
そんな主張も聞きますが、それも一理あるとは思いますが、無理やりやらせるくらいならやらない方がマシじゃないか?と思います。

特に、宿題をやらせる立場である、世のお母さんたちというのは、とても余裕がなく生きています。
私も教室を始める前は、保育園と学童に預けてのフルタイム勤務で、日々の生活の中で英語学習時間を設けることは容易じゃないと常々思っていました。それでも成功されていらっしゃる方もたくさんいらっしゃるのですが、私は挫折した組です。じゃぁ専業主婦ならいいのか?ですが、そうでもなく、専業主婦というのは、勤務先の都合を考えずに子どもの病院の予定を組めたり、比較的スケジュールとにらめっこすることなく園や学校行事を優先できるという利点はあっても、特に未就園児を育てているお母さんというのは、自分のためにコーヒー一杯を飲む時間もありません。

「自発的に」「面白く」取り組めるものを宿題にするしかないですよね。
あるいは、「自発的に」「面白く」取り組める人だけやるとか。
(みんな画一的にはなりません。)
「自発的に」「面白く」取り組める時だけやる、とか。
(少しずつでもいいから毎日法に反発しますが。)

ここら辺を今年の課題としたいと思います。
まだ構想段階ですが、ちょっと面白そうなことも考えています。

宿題をやらせる苦しみからは、、、、解放されましょう。

こんにちは。 静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyです。

はじめに。

わがBlue Planet Academyは静岡市の小さな小さな英語教室です。
そんな小さな若い教室の、とても小さな統計の話ではあります。

園児クラスのおともだち、英語が少しでもわかると、「知ってる!知ってる!」と楽しそうに英語を発話します。
この子達のスタートは、「英語知ってる!」です。

ところが、小学生になると、「知らない」「わからない」「むずかしい」が先行します。マイナスからのスタートです。

小学生は知恵がついたのか、、、卒園して、入学して、数か月、で変化するのか
小1の教室では、何が起こっているのか、、、、

最近まで私は、これは年齢による変化だと思っていたのですが、どうも環境による変化なのではないか?と感じるようになりました。まぁ研究しているわけではないので真実はさておき、ですが。

そして思うのは、園児の特徴的にも、就学前に学習をスタートするのはなかなか最適なのではということです。
そして、小学生からスタートする時には、この「マイナス」からのスタートになるかもしれないことを踏まえて、小さなステップを大きな自信に変えていく積み重ねが大事なのでは ということです

はい、Blue Planet Academyの小学生クラスは、少しずつ、着実にステップアップしていけるように工夫していきます

しかし・・・このマイナススタート仮説(?)は、実際どうなんでしょう
みなさんの周りでも当てはまりますか
当てはまる場合でも、当てはまらない場合でも、↑のような工夫というか意識はできると思います。
お子様がいらっしゃる方は、ご自身のお子様に合った方法でお試しください。


こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

お正月のうちに今年のブルプラこども英語教室部門の抱負を書きたいと思います。

 会員を増やす
 具体的なイメージもあるのですが、今年は英語教室も2年目。未就園児、園児、小学生クラスのおともだちを増やして活気ある教室を目指します!

新年度ですが、小学生入門・初級クラスができます
こちら、金曜日の16:30~17:20となっており、すでに何名か確定しています。
小学生、1から英語ができるお勧めなクラスです!

英語を習ったことのある小学生のおともだちは、月曜または木曜の16:30~17:20に若干空きがあります。

園児クラスは、月曜の親子クラス、水曜&木曜のこどもだけクラスともに空きあり!です。こちらは基礎からやっていきますので、はじめましてのおともだちでも随時入会できます

未就園児さんクラスは、現在は月曜日しか開講していませんが、親子英語環境を作るチャンスです 新クラスも作りますよ

 「とにかく楽しく」「learning is fun」をパワーアップさせる!
2018年分かったことは、「とにかく楽しく」でないと英語教室じゃない!ということ。
「楽しく」そしてさらに「楽しく」を突き詰めていきます

「基礎固め」→「初中級」 乱暴に言えば、単語の羅列⇒文
1年目のおともだちも2年目のおともだちも、「知ってる英語がどんどん使える」を目標にしますが、2年目のおともだちと小学生クラスのおともだちについては、「文章」や「かたまり」を使えるようにしていきます!

いよいよシンガポール算数、そして引き続きJolly Phonics
2年目小学生クラスは、いよいよシンガポールドリル使います。

会員のみなさま、今年もパワー全開で頑張りますので、どうぞお楽しみに

そして当教室にご興味を持っていただけている方、ぜひ体験会にお越しください。
イベントも行っていきますが、2019年はより「英語力アップ」が叶うもの、または、国際理解が得られるものに絞って企画していきたいと思っています。

どうぞよろしくお願いします。

Happy New Year!
静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

みなさまよい年末年始をお過ごしでしょうか?
英語教室のレッスンは7日からですが、未就学児さんを中心にママのご実家でゆっくりされるご家族もいらっしゃるようで、ぼちぼち振替のリクエストもいただいています。私もそうなので思うのですが、やっぱり実家帰省はほっとしますね

はい、わたしも3泊ですが、実家帰省してきました。
ここのところ、毎年末に同窓会などの予定が入り、それ目的で帰省していましたが、今回の目的は、以前から気になっていた探求学舎さんのこどもが輝く魔法の授業。ちょうどこのタイミングで小3以上対象の算数図形編という冬期講習が実家近くで開催され、これは長男に参加してもらうしかないでしょ!と、一応長男の了承を得て申込をしました。(今日のブログは、この「こども対象」算数セミナーの話です。)

こどもたちが夢中になるってどういうことなのか? しかもこちらの講座、たいてい小1~中3という幅広すぎる年齢が対象。(今回は小3からでしたが、なるほど、割り算までを習得している必要がありました。)その中身をとっても知りたかったことと、算数嫌いの私が、純粋に楽しい学びの世界を体感できるのか?という興味、、、完全に自分が楽しみで申し込みをしました。学びの本質に触れるからには、それを自分の仕事に、人生に、100パーセント生かしたかったですし!

で、この講座を受けて、率直な感想ですが。

満足しました。
これ、90分を3コマ×2日という、わりとみっちり勉強するのですが、長男は楽しく受講できましたし、どうなるかと思った次男(年中児)も2日間、見学できました。もちろん授業だけ見ていては、年中児は飽きてしまいますが、ひらがなドリルをしたり、授業を見たりでまずまず楽しく?過ごせました。

で、何が魔法なのか、、、ですが、これに関しては、やっぱり「魔法」ってないな、が感想です。
学びそのものが「楽しい」。楽しくなるように工夫はしていましたが、試験のためでもなければ、何のためでもない、純粋な学習は楽しいんです。そういう意味では、学校教育でもこれに近いことはできるように思いましたし、実際に私学や公教育でも一部では実践されているのでは?とも感じました。
そういうわけもあって、申し訳ないながらも、提出したアンケートはだいぶ辛口となってしまいました
いや、楽しかったし、充実していましたが。

ずっと考えていましたが、英語も、純粋に英語を楽しむ短期講座、やりたいですね!
とにかく「楽しく」、英語の世界への扉を開く、そんな出会いがBlue Planet Academyでした、というキッズをどんどん輩出したい!それがこれから私が取り組んでいくことかと思います。

みなさま、本年もどうぞよろしくお願いします

このページのトップヘ