LEARNING IS FUN こどもが英語に&英語で夢中になる教室

バイリンガル輩出率100%を誇るサニーバニー式カリキュラムを採用し、2017年秋に静岡市に開校したこども英語教室Blue Planet Academy代表のブログ

タグ:静岡市

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

当教室で英語を学ぶとき、学校の教室の授業と圧倒的に違う点は、英語が生きた言葉であるかどうか、です
本当に簡単な単語のやりとりだったとしても、少なくとも先生と生徒は英語という言葉を使ってコミュニケーションをします。言葉が生きているがために、同じレッスンプランを使用していても、このクラスとあのクラスでやったことが少し違う、なんてことがおこります。私がみんなの反応によって使う言葉が微妙に違うからです。子どもたちも、私の言葉にはそれぞれ違う反応をしたりしますし、同じ絵本を見ても、違う言葉を発しますから。

それでです。

例えば、Do you know ◎◎? Yes, I do/No, I don't.という会話について。

私の昭和の授業のイメージで言えば、Do you knowの文法的説明や使い方を一通り聞き、回答として、Yes, I do.または、No, I don't.の練習をするんだと思うんです。

でも私のレッスンの場合、これを生きたコミュニケーションの道具として使うため、生徒さんの回答は、場合によっては、

YEEEESSSS, I DOOOOO!!!! ← 叫び気味に「もちろん知ってるに決まってるぜ!!!!」 というパターンだったり、

yes....I...do. ←自信なさげに、「うん、知ってる・・・・(はず)」というパターンだったり、

Yes, I do. ←すまし気味に、「ええ、知ってますけど?」というパターンだったり、

何というか書き方がよくわかりませんが(笑) その言葉の裏には色々な息遣いがあるわけです

それを実感するので、質問するこちらサイドも楽しいですね
ひとつの質問に、6人の子どもが答えるとしたら、例えみんなが同じYesと言っていたとしても、厳密には6通りのYesという回答なのです。

言葉を学ぶことはおもしろいです

 こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

今日は少し英語とは関係のないかもしれない話をします。
Blue Planet Academyは大きな名前がついている割に、とっても小さな英語教室です。
まだ2年目の新しい教室で、生徒数もまだまだ30人ちょっとです。
今は、幼稚園保育園児~小学生(最高齢で5年生)までのお子さんがレギュラーで通ってくれています
私はこの子達ひとりひとりの成長が本当に楽しみなんです。

ただ、心配というか、小学校→中学校→高校という、人として成長著しい時代、言い換えれば、未熟な時代をどう過ごすのかなぁと考えたりもします。

先日のサニーバニーの中級講座で、「わたしはいじめをなくすことが人生のテーマです」などと大胆なことを言ってしまいました。本当はいじめをなくすこと+(いじめとは遠いところにいたとしても)子どもたちが自分らしく輝ける学校生活を送ってほしい!というのが、わたしの今後のテーマです。
サニーバニーのおかげで、英語教室としてもこの壮大なテーマに取り組む糸口を見つけることができました。
今後、基礎を終えた小学生クラスについては、子どもたちが輝きながら成長できるようなプログラムを作っていきたいと思います ・・・これについては、まだまだ模索状態でして、どう取り組んでいくか等々は、今後、ブログやSNS等を更新しながら発信していきます。要は、わたしは、教室の子どもたちが、私の人生のテーマのような子どもになるように引っ張ったり、見守ったりするぞ!とにかくわたしは頑張るぞ!ということです

それでですね。英語教室としてだけでなく、広く「公教育」の現状だったり、こどもたちの環境や心理などを学んでいこうとしているわけなんですが、どうも「みんな同じ」とか「空気を読んで調和」みたいなのが「自分らしくのびのびと輝く」を邪魔している気がしてならないんですね。やっぱり私の「学校」のイメージは、小さな箱(教室)の中にぎゅうぎゅうと詰め込まれている感じでして。手足をのばせばだれかにぶつかる、みたいな。

そんなこんなを考えていた昨日、久々に思い出した曲 Eテレのにほんごであそぼから「みんなちがってみんないい」



うちの長男が小さかったころ、Eテレの子ども番組にはずいぶんお世話になりました。
しばらくご無沙汰なので今どんな感じなのかわからないですが、当時はよく流れていて、とても暖かい気持ちになりました。鈴と小鳥とっていう比較がまた何とも言えないですね。何で鈴と小鳥と、なんでしょう?? でも考えれば絶妙ですね。

それで、余談ですが、この歌では思い出すことがあります。
うちの長男は、生後3ヶ月、1歳、1歳半と3回手術をしています。その1回目の手術は、当時住んでいた場所から近かった大学病院で行いました。その際は、私も泊まり込んでの入院でした。どのくらいの期間の入院だったのかあまり記憶にないのですが、1週間くらいだったような?? 大学病院の小児科病棟に入院している子どもたちとの出会いは衝撃でした。それこそ見た目も様々、向き合っている病気も様々、入院期間も様々。みんなとても明るくていい子で、みんなとの出会いがとても楽しかったです。一般の子どもたちより、ハンディを背負った子どもたちなので、その後、普通の社会でも、強く・明るく・元気に過ごしていることを切に願います。
そう、「みんなちがってみんないい」は、その入院期間もテレビで流れていました。
わたしは、病棟の子どもたちのことを思いながら、この曲を聞き入っていました。

私の、大好きな曲です
「みんなちがってみんないい」

みんな、それぞれ。チームワークも素敵ですが、きれいにまとまろうとすることで生まれる個々の苦しみがあります。いじめの苦しみ、自分らしくできない苦しみは、取り除ける苦しみです。解決できるように、解明していきたいと思います。

令和元年おめでとうございます!
また新たな時代のスタートですね!!

しばらくブログが滞っていましたが、私が何をしていたかというと・・・

SUNNY BUNNYバイリンガル育成スクールの子ども英語講師養成講座中級を受講しておりました。
動画講座に始まり、GW(←まさか10連休は本当にやってくるのか!?と思っていたこの連休!!)の3日間は大阪にて対面の講座でした

これはですね。。。

本当にただの養成講座ではありません。
この養成講座を受講した全国の先生方がたびたび色々なブログやSNSやらで受講の感想や、いかにSUNNY BUNNYが素晴らしいか等を熱く語っているのを拝見するのですが、もう正直、受けてみない限りは理解できないのではないかと思うんですね。人生が変わります。とてもいい意味で

SUNNY BUNNY初級講座は、「本当に英語が話せる子ども」を育てるための教授法を学びます。

SUNNY BUNNY中級講座では、基礎力をつけた子どもが、ペラペラと自分の言葉を話す方法、子どもたちが英語力をつけながらも英語以外のあらゆることを学び、キラキラとした人生を送るために私たち講師ができること・やるべきこと・その方法などを学びます。(←というのが、受講後の私が考える中級講座です。あくまで私の解釈です。)

この講座は不定期の開催なので、受講したい!という先生方は、開催地がどこであれ、全国から集合しますし、もはやそれが当然な感じで、「えー、泊りなんですか?」なんて会話は全くなく、「どこのホテルですか?」とか「何時の新幹線(飛行機)で来ました?」とかいう会話が飛び交います そして一緒に受講した先生たちは、とても簡単に「仲間」となります 3日間しか一緒じゃないんですけどね、もうずっと一緒だったかのような「仲間」です。

そんな講座を受講できる幸せを感じながら、ドーーーーンとこれからの英語教室Blue Planet Academyの課題が目の前に現れた感じです。

再度言います。

ペラペラと自分の言葉で英語を話す方法、英語以外の色々な学びを英語で提供する方法、子どもたちが幸せになる方法

を学びました。

当教室でこれらすべてを自信をもって提供できるようこれから集中的に枠組みを作っていきます。
みなさまご期待くださいませ
D5VCXVHUcAAwvb8[1]
58379321_10210860308263888_701136076583993344_n


こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

子どもたちは新学期がスタートし、新しい園や学校に入園・入学した子、進級した子、それぞれ新しい生活がはじまっていることと思います。今週は、クラスが始まる前の雑談で、みんなの新しい生活はどうかなー?と聞いてみています 私が聞いた感じだと・・・、さずが!園児さんや新1年生は、純粋に新生活を楽しんでいる感じです 小学生で進級した子(2年生以上)は、徐々にポジティブな感想以外にも色々なことを思っているようで、みんな集団生活で不満や我慢もありながら成長していくのだなぁと感じました。
「楽しいー」だけだと、まぁ何よりですが、やっぱりそうばかりでもないのですが、みんなの成長する姿を見守りながら、話をいっぱい聞いて、くじけそうになった時、間違ってしまっている時、そんな時も、みんなと共に、みんなの成長を支えられる存在でいたいと思っております

当教室も何名かの新しいおともだちが今月からレッスンをスタートし、慣れない環境で頑張ってくれています これからブルプラファミリーみんなで成長していきましょう~。私も

お伝えしたいのは、レッスンは順調にスタートできています、ということ。
クラスによって色々特徴はありますが、、、

DSC_1210[3417]
例えば、昨日の園児さんクラスは、新学期の疲れやら何やらで気分がのらず、5人中4人が泣き顔でスタートしました・・・が、いざレッスンがはじまると、すぐに泣き顔が1人減り、2人減り・・・、はじめは3人くらいがしかも交代で声を出していた感じだったのが、割と早い段階で笑顔が増え、声が増え、結局は活気あるレッスンとなりました。写真だと分かりづらいですが、レッスン終盤の塗り絵のアクティビティーをやる頃には、みんな私と英語で会話ができていました

園児さんクラスは、今年度から親子クラスを廃止し、全クラスお預かりとなりました。
お預かりとなったことで、英語力アップが狙えるなぁと感じています。
月曜日クラス、水曜日クラス、木曜日クラスはまだ空きがございます。
火曜日クラスはいったん募集停止させてください。
体験レッスンは随時受付をしております。

小学生クラスは、ゼロからのスタートは、金曜日クラスに空きがございます。早速体験や入会もいただいているクラスですが、まだまだお仲間募集中です

HPも合わせてご覧ください。

新年度でこちらもバタバタしました・・・ママ講座やイベントは徐々に企画していきますね~

こんにちは。静岡市 こども英語教室Blue Planet Academyの鍋田です。

年度末・はじめでバタバタしていますが、そんな中でも今日はちょっと脱線です

昨日近所のスーパーで「チーズ&ステーキパイ」なる冷凍食品を見つけたので試しに自分の分と息子の分を購入、さっそく昼食にしました。比較的珍しめのものを見つけると試す方なのですが、チーズ&ステーキパイについては、なつかしのニュージーランドを思い出して買ってみました もしかして私が知らないだけで珍しくもないのかもしれませんが、食事パイについては、私は、ニュージーランド以外ではあまり見たことがないです。

そのニュージーランドも、私が滞在していたのは、いまや何年前かもわからないくらい昔です
なので私の情報はかなり怪しいですが、少なくとも私の記憶では、ニュージーランドでは、ミートパイやチキンパイ、マトンパイなんかがどこにでも売っていて、サンドイッチの生野菜が苦手な私は、このパイが好物でよく買っていました あまりになつかしくチェーン店だった「ジョージパイ」を検索したところ、、、、なんと!98年に潰れてしまったらしい え・・・そうだったんだ で、時を経てマクドナルドで復活したのだとか。

近所のスーパーでゲットした冷凍ミートパイは・・・ん・・・まぁ特に美味しくもなかったですが

今日は「ミートパイ・アイスクリーム・サマータイム等」というタイトルにしてみました。
ニュージーランドは、高校3年生で1年間滞在したので、色々と思い出すことがあるのですが、食べ物でいうと、アイスクリームにもハマり、毎日のようにたくさん食べていました 当時から日本にもあったのか、記憶にないですが、冷凍庫を占領するようなドデカイ入れ物に入ったアイスクリーム とーーーーってもおいしかったですね。名前を忘れちゃいましたが、棒のアイスで帰国直前に気に入ったものがあり、とにかく最後はそれを食べよう!と友達と最後の思い出を作った記憶もあります

あとは、サマータイム。
これはアメリカにいたころも経験しましたが、アメリカ時代は寮に住む大学生だったので、特にサマータイムで変わったことをした記憶はないのですが、ニュージーランドではのんびりしていたので、サマータイムは満喫しました 最初は、ホストファミリーとビーチに行って「なんて優雅なんだ!」と思ってみたり。別のファミリーのお宅にお世話になっていたときは、そこのファミリーがスポーツ一家だったので、食事を早々に済ませ、「ソフトボール行くぞー」とかありました 遅くまで明るいことで、夕方~夜が楽しめるを体感したのでした。

日本でサマータイムを導入して、果たして夕方~夜が楽しめるのかは・・・疑問ではありますが、もうここ20年以上もずっと私が思っていること・・・ ゆるく・楽に・楽しく そんな生活がいいな、と。

あれからずいぶん時が流れ、時代も変わったと思います。
いまのニュージーランド、見てみたいですね。
先日のテロ事件の報道、首相のメッセージ、私の場合は、思いっきり偏見なのですが、やっぱり大好きな国として見ていました。

今年は留学部も少しずつ準備を進めますが、情報をアップデートし、子どもたちが有意義な時間を過ごせるようなエージェントとなることを誓います!
以上、年度初めの雑談・脱線で失礼しました

このページのトップヘ